1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「思い」忘れるべからず

今日の希望が、未来を創る
今日への幸福感と感謝が、過去を変える

過去が変われば、今日と未来が輝く

輝きが、過去を、望む今日と未来へ導く

時の絆がつながるまで、「誓い」忘れべからず。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
盲導犬クイールの一生 盲導犬クイールの一生
石黒 謙吾 (2005/07/08)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


今日は書評ではありません。ちょくら、センチな思い出です。

犬の愛情を思い起こさせた本です。
最近、TVや他のブログで犬の話を見たり読んだりして、色々思い出しました。
この本を読んだ事を思い出しました。

この本は、2001年に出版です。映画も見ました。
本、映画とも感動しましたが、なにより、昔、家で飼っていた犬の事を思い起こさせます。
名前をタローといいます。

頭がいい犬とは言えませんでしたが、歳をとればとるほど、
本当にいい犬だった事が解りました。年々、思い出す事があるんです。

小学生時代は、弟と近所の兄弟と学校に行ってました。
田舎でしたので、野犬が結構いて低学年の時は、一人で帰る時など、
遠くから2~3匹の野犬が見える時は、結構怖かったです。

たまに、朝4人で学校に行く時についてくる事がありました。
犬を引き連れて学校に行く事は、普段と違うので皆で浮かれて、
楽しい通学になります。

ある時、野犬が近づいてきたのですが、タローが吠えまくり、
追っ払ってくれました。皆で、タローに"よしよし"です。

学校の門までついて来てくれたのですが、学校には入れません。
帰れと皆で言って、シィ!シィ!と追い払うのですが、ついてきたくて離れません。
他の同学年の友達や先生も見てるので、ガンガン、石を投げて追い払いました。

「はよ、帰えれ!バカチンが~!タローのばかち~ん!」

って、ひどかったですね~、あんなに守ってくれたのに、ねぇ。
それ程、悪気はなかったのですが・・・ ← アホか俺
クゥ~ン!クゥ~ン!と言いながら
帰っていきましたね。

小学校高学年ぐらいの時に天国にいきましたて、その時は悲しかったですが、
一時期は思い出す事もなくなりました。
30歳をすぎたあたりから、妙に色々思い出す事も出てきましたね。

上の事など、思い出すと涙が出そうになります。
顔まで覚えていないはずなのですが、うらめしそうな顔して帰っていく風景が見えるんですね。

「タロー、ごめんな。判らんやったっちゃん。
 いっつも、"ほんとタローはバカチンやけん"って言いよったばってん、
 "バカチンは俺やったちゃな~"って今頃、判ったとばい。

 クイールはすごい犬やけど、俺にはタローが一番やけん。
 今頃、ゆうてすまん。ばってん、いつかまた遊ぶばい。」


今日もこのブログを、ここまで読んでいただいて、
本当に本当に有難うございました。ちょっくらセンチな今日でした。

単行本の表紙です。 これも、かわいいっすね!
盲導犬クイールの一生 盲導犬クイールの一生
石黒 謙吾、秋元 良平 他 (2001/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
今日はめでたい日だ!
姪っ子が結婚が決まったとの知らせが有った。
早くに決まっていたが、ちょっと連絡してなかったから、今日知った。
嬉しい話ついでに、子供もできたらしい。
んん?とも思ったが構わん。メデタイの二重奏じゃ!

なんせ、家は代々、女系家族だ!
ついでに早婚だ。

俺は母が二十歳で生まれた。
姪っ子の女の子も妹が二十歳の時に産んだ。
その子が、二十一歳で新しい命の絆を持った。
その子の妹も、早熟だから早婚だろう。
(なんせ、皆、美人だ)

妹が早くして天国に行ったので、姪っ子(女の子二人 姉妹)と、
母と俺と4人で一時期いっしょに生活していた。
待ちに待っていた日の一つが来た。
後は妹の方が結婚して、幸福になれば、俺の人生目標の一つが達成できる。
母も今は妹といしょに、この事を喜んでいるだろう。
(俺は泣いたが)

幸いな事に、俺と弟はまだ独身だ。(んん?)

力の限り、命の限り、二人の姪っ子と、その子供を守ってやれる。
心は静かに青く燃えています。
ネブラスカ(紙ジャケット仕様) ネブラスカ(紙ジャケット仕様)
ブルース・スプリングスティーン (2005/06/22)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る


「MAKEUP LIFE!」今日はこのブログの題名についてです。

上のアルバムにある、「アトランティク・シティ」の言葉から考えだしました。

ちょっと長いですが、歌詞は以下のとおりです。
(ちょっと暗い内容ですが、読んで見て下さい)

やつらは昨夜フィラデルフィアで”チキン・マン”を殺し
家まで爆破した
ボードウォークではケンカの準備
あのギャングたちがどうでるか見ものだ

州の外からバスに乗って騒ぎを持ち込むやつがいる
地方検事は落ち着く暇がない
プロムナードではゴタゴタが起きそうで
市の賭博委員会は風前の灯

 すべてのものは死ぬ
 それは避けることのできない事実
 しかし多分死んだものはすべていつか甦る
 
 だから化粧をし 髪をアップにして 
 今夜アトランティック・シティで待っててほしい

俺は職につき 金を貯めようとした
でも借金がかさみ払うことができなかった
だからセントラル・トラスト銀行の預金を
全部引き出し
コースト・シティのバスのキップを二枚買ったんだ

俺たちの運も尽き 愛も冷えてしまった
だけどおまえといつまでも一緒にいるよ
砂が黄金に変わる所へ行こうストッキングをはいたほうがいい
夜が冷たくなっているから

 すべてのものは死ぬ
 それは避けることのできない事実
 しかし多分死んだものはすべていつか甦る
  
 だから化粧をし 髪をアップにして
 今夜アトランティック・シティで待っててほしい

職探しに行ったがなかなか見つからない
ここでは勝者か敗者のどちらかで
悪い方の側にはまり込んだらもう御陀仏
だが俺はいつも敗者のほうばかり
昨夜ある男に会った
やばい仕事かも知れないが
彼のためにひと働きしようと思う

 すべてのものは死ぬ
 それは避けることのできない事実
 しかし多分死んだものはすべていつか甦る

 だから化粧をし 髪をアップにして
 今夜アトランティック・シティで待っててほしい


この歌は喩えです。(自分の解釈では)
スプリングスティーンが出てきた時代は、アメリカン・ドリームなどは嘘だと
誰もが判ってきた時代でした。
 (皆が金持ちになったり、夢が叶ったり、幸せにはなれるとは限らない。
 人種差別はなくならない。などなど。)

その現実の中で、彼は現実を見ながらも、歌を作ってきたと思います。
初期の直情・楽天的な歌詞からより深くなってきました。

この歌の主人公は、アメリカン・ドリームの敗残者です。
「砂が黄金に変わる」事を夢みながら、アメリカで実際にありそうな転落の人生です。

「すべてのものは死ぬ。それは避けることのできない事実」

しかし、ブルースは闇を描いてはいないのです。

「しかし多分死んだものはすべていつか甦る
 だから化粧をし 髪をアップにして
 今夜アトランティック・シティで待っててほしい」


独断的ですが、以下のように読みました。(私は)
夢や希望は消える。しかし、再び違う形にしろ、ふたたび甦る。
だから、Sprit(心)を形作り、巡り会うために、
いつもの場所で待っていて欲しい。
(忘れないで欲しい)


英語では
Put your makeup on fix your hair up pretty
And meet me tonight in Atlantic City

そして、このブログの題名。
あえて、題名に主語はつけませんでした。
 (文法的にも、正しい英語ではないので、そこはあしからず)
そこは、自分の人生で出てくるものでいいからとの思いからです。

○○○ Makeup Life!

○○○は、「Ⅰ」でも、「He・She」でも誰でもいいんです。
 (「Book」、「Music」、「信仰」、「子供」などでも。)

まずは、本やブログをとおして、「Life」に込めた意味を掴んでいきたいと・・・
見えない未来のカードを、一枚づつめくる日々ですが、
見えなくて結構!見えても結構!すべてヨシ!

それでも、Makeup Lifeです。

長々としたブログでしたが、
今日は、ここまで、あなたの貴重な時間で、
読んでいただいてアリガトウございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。