1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete setDEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set
(2007/03/14)
藤原竜也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


TVで放映されて再度見たが、やはりTVの決着は秀悦だといえる。
個人的に、マンガでの「Lの敗北」以降の第2幕は不要だと思えていたので、すっきりした。

過去の記事と重複するが、総括してみる。

「デス・ノート」とは、月と竜崎(L)の二人が「己の信念を貫き通す物語」だと言える。

二人は、コインの表裏の関係のようなシチュエーションである。
幸福な家庭に育ち、正義心溢れる夜神月。
親の顔も知らず、引きこもりのニートであるような竜崎(L)は、目的達成の為には手段を選ばない部分もあるが、
正しい心の持ち主である。

ただ、私にとってデスノートの主人公は竜崎(L)であり、月は語り部であった。

竜崎(エル)が最後にとった方法は、自分の命を賭けた「覚悟の行動」で、キラを突き止め逮捕する為だけのもの。
そこには、見返りはなく、昔ながらの日本的なピュアな価値観を感じた。



そして、死の直前、夜神月の父親との会話で、
それまでの竜崎のうすっぺらで、無感動な表情に隠された、深みと強さを感じた。
仮面の下に、隠していた何かを…


キラとの対決が終わり、全ての決着がついた後、
キラに勝った竜崎(L)に、デス・ノートによる死の時間が迫ってきたシーン。
ぶきっちょな竜崎(L)の精一杯の感情表現は、静かながら圧巻でしたね。

竜崎 「そろそろ時間です、一人にしてもらえますか…
    私は親というものを知りません。
    でも、夜神さんあなたは立派な父親だと感じました。」 
夜神 「竜崎…」
竜崎 「さよなら、夜神さん。ありがとうございます。」 
夜神  背後から敬礼


非常に感銘した結末カットでした。


しかし、できればアナザー・エンディングも欲しかったですね。
展開無視ですが、

①サード(第三の死神)を出現させる。(女性質の)
②竜崎の死は、自分でデス・ノートの記載した為、本来寿命でなかった。
③展開を見ていた死神が、人間社会に興味を持ち、竜崎の未来を復元する。
④竜崎とサードの物語として、一本の映画を作成する。
 (竜崎の復活の為でシリーズ不可)
⑤その後、L「再起動」とする。
 (シリーズでも1本でもどっちでもいい)


死による美学は、作品的にもインパクトが強く、
結末として完成された物語となるでしょうが、竜崎のような稀有なキャラを消滅させちゃいかんです。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
DEATH NOTE デスノートDEATH NOTE デスノート
(2007/03/14)
藤原竜也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


「デス・ノート」より、スピンオフ映画の情報ですね。

「L change the World」
 "まんたんウェブ"より

公式サイト 「L change the World」


公開は、2008年2月9日ですか … 
まだまだ先ですが、特異なキャラクターだけに楽しみではありますね。

「デス・ノート」も映画の結末は、Lが消えた事以外は非常に良かったですから…

 関連記事 「武士の1分」と「デスノート」

DEATH NOTE デスノート the Last nameDEATH NOTE デスノート the Last name
(2007/03/14)
藤原竜也、松山ケンイチ 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。