1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境バブルで日本が変わる! オバマ大統領「グリーン・ニューディール」の激震 (別冊宝島1617) (別冊宝島 1617 ノンフィクション)環境バブルで日本が変わる! オバマ大統領「グリーン・ニューディール」の激震 (別冊宝島1617) (別冊宝島 1617 ノンフィクション)
(2009/04/18)
不明

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 序論 環境エコノミーの世紀へ 山本伸
 巻頭VIPインタビュー
  小池百合子元環境相に聞く
    「日本は環境エコノミーで変われますか?」
    経済再興、エネルギー安保、食糧問題の突破口!

 第1章 オバマが仕掛ける環境ビッグバン
  特別ロング座談会 第1部 大恐慌か?環境エコノミーか?
                   オバマが仕掛ける「環境バブル」のシナリオ!
                   浜田和幸×藤井厳喜×山本伸
                   「2050年までに温暖化ガス80%削減」の真の意味
  オバマが掲げる「ニュー・エナジー・フォー・アメリカ」の本当の狙いとは?
  環境とカネを結びつける政商なのか?
   - ようやく見えたゴア元副大統領『不都合な真実』の仕掛け
  すでに仕込みを終えたベンチャーキャピタル
   - オバマ大統領「環境バブル」人脈の正体!
  大富豪投資家バフェットの動きから目が離せない!
   - オバマ大統領の知られざる「原発人脈」

 第2章 環境革命と国際金融資本
  環境の世紀に向けた「IMFレポート」の衝撃!
   - 基軸通貨はドルから炭素=カーボン通貨へ!!
  すでに始まっている割安な排出権の買い漁り
   - 排出権取引で復活を狙うウォール街
  排出権事業の近未来を占う
   - CDM=クリーン開発メカニズムは有望ビジネスに成長するか?

 第3章 エネルギー革命と世界覇権の大転換
  特別ロング座談会 第2部
              環境とオバマとイスラエル 原発資本主義は世界をChangeするか?
              浜田和幸×藤井厳喜×山本伸

  2030年までに世界の原発が倍増する!
   - 温暖化ガス削減で「原発バブル」がやって来る!
  プーチン帝国と地球環境
   - 天然ガス大国ロシアが排出権相場を暴騰させる!
  ・・・ほか

 第4章 環境で変わる世界と日本の産業地図
  環境で世界を制する「自動車メーカー」はどこだ!
   - エコカーの開発競争と自動車産業の近未来
  鉄・半導体に続く第三の産業のコメ
   - 「次世代二次電池」を制する者が産業覇権を握る!
  稀少金属を使う必要がないから大量生産向き!
   - 次世代自動車のダークホース=水素自動車は究極のエコカーか?
  ・・・ほか


100年に一度の不況と言われてますが、本書を読むと100年に一度の転換期だと感じました。
アメリカを中心にして各国が苦境の先を見据えて、自国の強みを持っていかに主導権を握るかを、国・政治・企業・その他も考えていると …

アメリカ : 次世代エネルギー
ロシア  : 天然ガス
メキシコ : バイオメタノール
中国   : レアメタル

環境というより、資源・エネルギーが目に付きました。

日本は森林によってのCO2排出権か、原子力発電の技術が優れているようですし、
発展途上国は参入障壁が低い電気自動車がチャンスのようです。

その他、グリーンIT、炭素=カーボン通貨、CO2排出権、次世代電池などかなりてんこ盛りで、入門編というより概要編といった内容で、本格書を読まなければ朧げで終わりそうです。(笑)

経済だけでなく環境も関連しているので単なるバズ・ワードで終わるとは思えないんで、大きな潮流としては本書の流れなんでしょうが、ここからどう考え、立ち回るかで予測と変わるとも思います。
しかし、やっぱりバブルじゃなければ主導権を奪えないというのがですねぇ…
全体最適性で経済活動を考えると国という概念が無い方がいいと思うんですが、イデオロギー・宗教・民族・歴史の問題で難しいんでしょう。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3113502
スポンサーサイト
オレが日本を元気にしてやる!オレが日本を元気にしてやる!
(2009/01/27)
江口 克彦

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  第一章 元気のない国 
  第二章 日本の縮図・地方の未来 
  第三章 富士山とアルプス 
  第四章 改革前夜 
  第五章 初代州知事川口龍彦 
  第六章 オレが日本を元気にしてやる!


地方に住んでいるせいか、身近で道州制といった言葉を聞く機会が最近多いので、読んでみた。
(私の回りでは道州制に移行する状況も睨んでのビジョンを語る人もいるので)
内容は、ストーリー仕立てで入門編・普及編といった内容でしたが、地方に権限委譲された時に、
教育改革を掲げていたのが興味深かったですね。
(勝間さんが、NHKの討論で”解”として「教育、教育、また教育」と言っていたのを思い出しましたね。)

その他にも文化と経済を結びつける構想とかありましたが、大きな動きがある所には、利権に群がってくる勢力をどうするかとも思いますね。でないと、結局、どこかで誰かが儲かっている状況だけで、上手く行かなくなると税金で尻拭いといういつものパターンも浮かびますから。

私が住んでいるのが、地方の支店経済地域であるので、全国規模企業の引き上げの影響が、ベラボーに大きいのですが、逆に、ここで踏ん張れた地方企業がシェアを増大できると考えいます。

数年後、地域再開発等が始まる街があれば、尚更、「夜明け前が一番暗い」と言えます。
悪い状況でも、チャンスを見つける事が出来るように、色々と学んでおかなくちゃと感じましたね。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店 : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3075922
ジャパンクールと情報革命 (アスキー新書 81)ジャパンクールと情報革命 (アスキー新書 81)
(2008/10/09)
奥野卓司

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  ■第1章 日本は「モノづくり」大国か?
  ■第2章 「涼宮ハルヒ」の教えたこと
  ■第3章 工業社会の後に「情報社会」が来るという嘘――江戸時代は「情報社会」だった
  ■第4章 「モノづくり社会」から「モノ語りづくり社会」へ
  ■第5章 東アジアの「モノ語りづくり」産業――台湾・韓国・中国へと伝播するジャパンクール
  ■第6章 農耕社会・日本が情報社会に生きる道――アニメ・アニマル・アニミズム
  ■第7章 情報社会のユーザーの姿を探る法――今振り返る江戸時代型「モノ語りづくり」


読んでいる最中、『3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす』を思い出しました。

 カースト・モデル
 ①精神・宗教の時代1  
 ②戦士の時代       - スペイン・ポルトガル
 ③商人の時代       - アメリカ
 ④労働者の時代      - 儒教圏ブロック
 ⑤精神・宗教の時代2

このカースト、モデルの説明で、現在は④の労働者の時代だと書かれています。
その後の予測が正しいかどうかとしても、現在の状況を見ると「モノづくり」で成長してきた日本の先行きが明るいとは思えないですね。有限である石油に関連した製品や、電子機器も精密さや小型化がお家芸であったのですが、ipodの成功などで注目されるのは製品の優良ではなくソフトコンテンツでのシェアを拡大する仕組みづくりですから。

本書では”日本に残る「モノづくり神話」”でなく、”「モノ語りづくり」”への展開が書かれていました。
同じ情報社会の中にいながらでも、ライフスタイルの違いから日米でも違いあるのは納得できました。
日米だけでなく、もっと広い視野でみれば、その他の国とも日常生活様式の違いはがあるでしょうから、その国々での情報化社会の形があるだろうと考えさせられましたね。

ただ、”日本の「モノ語り」づくり”に関しては、アニメが海外でも高い評価がある事は分かりますが、最近のアニメなどは余り知らないので何とも考えようがないのが辛いです。
”涼宮ハルヒの憂鬱”も知らないんで、とりあえずは見ておきましょうかね。(笑)

安直ですが、「モノ語りづくり」といった概念が現実化すれば、「モノづくり」社会で不遇な人にもチャンスが出てくるじゃないかと思いましたし、景気の活性化にも好影響をだすんじゃないかと …
まぁ、皆分かっちゃいるんでしょうが、どういったビジネスモデルを作るかが問題ですから。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3027865

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >
ものぐさ精神分析 (中公文庫)ものぐさ精神分析 (中公文庫)
(1996/01)
岸田 秀

商品詳細を見る


続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)
(1996/01)
岸田 秀

商品詳細を見る


 【 目 次 】
  歴史について
  性について
  人間について
  心理学について
  自己について


アマゾントップセラー100をみていましたら、実に懐かしい書名の本が目につきました。
これ、1977年ぐらいに出版されたはずですから30年前ぐらいになりますね。

当時は、この「ものぐさ」シリーズを面白がって読んでましたが、決して理解したとは言い難かったんじゃなかなぁ。(実際、内容は忘れました。なにせ30年前ぐらいですから)
ちゅうか、今読んでも理解できました ・・・ なんて言えないような気がします。
しかし、1977年出版ですか。
実際に読んだのは、まだ数年後だと思いますが ・・・ (そうでなければ、相当ませたガキだったと言えます。)

時代が一回りした感がありますね。
一回りがどの期間か不明だし、2回りぐらいしたのかも(笑)
なぜ、急にランクインしたのかわかりませんが、
あまりの、懐かしさと驚きで書いた記事でした。

"Meet the past time" Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02240081

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

「0円」で億を稼ぐ! 「タダ」よりすごいビジネスはない「0円」で億を稼ぐ! 「タダ」よりすごいビジネスはない
(2008/07/24)
西川 りゅうじん

商品詳細を見る


 【 目 次 】
  第1章 0円ビジネスの衝撃
       0円ショックどうして、0円を選ぶビジネスが増えているのか?
       0円のからくり ほか

  第2章 0円ビジネスの儲け方
       0円ビジネスは儲かる!
       チップのない国は0円で成功する
       0円で見えない客をつかまえる ほか

  第3章 0円ビジネスモデル
       「タダ」で億を稼ぐ、ステキな0円商品
       商品をすべて「0円」で利用できるギフト方式
       支払いを気づかせないグロス方式 ほか


本書は、現在の”0円ビジネス”の方法、ビジネスモデルを多数紹介している。
”0円ビジネス”について、単体それぞれを受容している時は自分なりに考えるが、まとめて比較などはしていなかったので、素直に学びました。

代表的な”0円ビジネス”としては …
 ①Googleで検索タダ
 ②スカイプで国際電話タダ
 ③R25などのフリーペーパー
 ④マクドナルドのフリーオフィス(無料招待券等)

誰もが、どれかを経験している事が多いと思いますが、本書では以下の3方式に分けられています。

 ①ギフト方式 - 商品やサービスを0円として提供する
  ・日本マクドナルドの特別ご招待券
  ・再春館製薬所の化粧品サンプル 「ドモホルンリンクル」の無料配布
 ②グロス方式 - 支払を気づかせない
   商品、サービスにかかる費用が全体の費用の一部になっている。
  ・マンガ喫茶のドリンク無料飲み放題
  ・任天堂のゲームで無料ダウンロードできる
  ・映画配給会社などで、最新作の無料試写会
 ③三点方式 - ユーザー、中間位置の事業会社、コスト支払のスポンサー企業で構成される
  ・グーグル、スカイプ、Youtube、ニワンゴ等
  ・リクルートのr25
  ・青空文庫
  ・NEC ネットスパート(無料FAX)


例としては有名なネタばかりを書きましたが、その他にもいくつか書かれていました。
整理として役立ったといえます。

ただ、最も興味深かったのは、価格が0円というメリットは消費者だけでなく、提供側にも大きな恩得がある事でした。

 ・価格を0円にすると見えない客が見えてくる。
 ・機会損失を減らせる。
 ・回転率重視によるサービス品質低下から抜け出せ、リピート率重視へ
 ・値付け、原価管理から解放される


いや~、相当な作業負荷がなくなり、顧客重視に向かえますね。

個別事例はこの他も書かれており、0円ビジネスに興味ある方には一読してみるのも良いかと。

Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方
(2008/05)
平尾 勇司

商品詳細を見る

フリーペーパーの衝撃 (集英社新書 424B)フリーペーパーの衝撃 (集英社新書 424B)
(2008/01/17)
稲垣 太郎

商品詳細を見る

Wiiのすごい発想―任天堂 技術競争を捨てて-新しい市場開拓に成功Wiiのすごい発想―任天堂 技術競争を捨てて-新しい市場開拓に成功
(2008/06)
溝上 幸伸

商品詳細を見る

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
(2006/04)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る

ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)ネット未来地図 ポスト・グーグル時代 20の論点 (文春新書 595)
(2007/10/19)
佐々木俊尚

商品詳細を見る

YouTubeはなぜ成功したのかYouTubeはなぜ成功したのか
(2007/05/11)
室田 泰弘

商品詳細を見る

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14)2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14)
(2007/06/29)
西村 博之

商品詳細を見る

グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書 349)グーグルに勝つ広告モデル (光文社新書 349)
(2008/05/16)
岡本一郎

商品詳細を見る



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3023861

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)「婚活」時代 (ディスカヴァー携書 21)
(2008/02/29)
山田 昌弘白河 桃子

商品詳細を見る


昨日から、アマゾントップセラーを見ていて、やっときたかと思う2冊があります。

まずは、「婚活時代」

発売時、一度トップセラー入りはしましたが。
対象となる世代・マーケットが限られるから少し辛い部分もありましたし、
著作名は見事なネーミングだと思っていましたが、いきなりは馴染まないので。
ただし、時間をかけてロングセラーか、流行語となる可能性大だと思っていました。

ディスカバー21さんの地道な活動の賜物でしょうが、メディアにも取り上げられてきており、昨日は「プレミア21」でも特集されましたから。
「たかじんのそこまで委員会」でも取り扱われてましたし、見てました。
番組のチョイスもグッドだと思います。


内容に関しても、今の状況を見事にとらえ、分析した良書だというだけでないですね。
著者の山田氏は言うまでもなく、共著者で白川桃子さんを起用して、男女両視点からの著作としたことも、構成的に上手いというだけでなく、コンテンツを充実させた主たる要因だと思います。

で、満を持したように再浮上で、今度はマーケットを地道に掘り起こし知らしめてからですから、
長く滞在するんじゃないかなと思います。
かつ、本書が売れるだけでなく、関連する産業も刺激を受けて活発になっていくような気が ・・・(笑)



それと、もう1冊でんがな、ダ・ン・ナ!
ブログ左上にもつけてまんがな、私も。

なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想
(2008/05/15)
フィル・ローゼンツワイグ

商品詳細を見る


そう、「なぜ、ビジネス書は間違うのか?ハロー効果という妄想」で・す・よ!
トップセラーへ初見参に1ヶ月もかかってしまいましたが、ジワジワきましたから本の実力は間違いないでしょう。

是非、ビジネス本好調な状況である今でこそ、これを避けては通らないでと。
(ジュンコお願い ・・・ って古すぎ)
この視点を持てば、より深くビジネス書を理解できると思いますが ・・・ 
どうでしょう? オジョウ! って、センゴク ・・・じゃない、ごくせんでした。
お後がよろしいようで ・・・

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まぁ、後は『5つの願い』ぐらいですかね、個人的にトップセラーに来てもいいんじゃないかと思う著作は。(最近、出版されていてトップセラーに上がってきていない著作でです。)

5つの願い5つの願い
(2008/05/01)
ゲイ・ヘンドリックス

商品詳細を見る


『楽をしないと成果はでない』も25位以内には入ってますし。
『5つの願い』に関して言えば、ファースト・インプレッションは中々、だと思います。
(ビジネス書ではありませんが、面白いと思いますよぉ~、大将!ブログ右上につけてる本でしでし。)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想なぜビジネス書は間違うのか ハロー効果という妄想
(2008/05/15)
フィル・ローゼンツワイグ

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  第一章 わかるのはほんの少し
  第二章 シスコ・ストーリー
  第三章 ABBの栄光と転落
  第四章 ハロー効果のまばゆい光
  第五章 企業調査は答えを教えてくれるのか?
  第六章 星を探し、ハローを見つける
  第七章 積み重ねられる妄想
  第八章 ストーリー、科学、多重人格的超大作
  第九章 ふたたびビジネスの最大の疑問
  第十章 エセ科学に惑わされないマネジメント


私にとって、禁断の書でした。(笑)

かつて青春時代に熱く読んだ『エクセレント・カンパニー (Eijipress business classics)』、
同じく名著の誉れ高き『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』、
そして上記2冊以上に評価高き『ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則』を、
「衝撃の事実」と「歴史を振り返ったデータ」で、全てぶった切っています。
原書を知らないので、表現が適切かどうかはわかりませんが、キーワードは … 『妄想』

 妄想1 - ハロー効果
 妄想2 - 相関関係と因果関係
 妄想3 - 理由は一つ
 妄想4 - 成功例だけをとり上げる
 妄想5 - 徹底的な調査
 妄想6 - 永続する成功
 妄想7 - 絶対的な業績
 妄想8 - 解釈の間違い
 妄想9 - 組織の物理法則



秘訣や公式を教える本がこれだけでまわり~ 魔法の杖が欲しくなるのだ。
ビジネス書の)需要は供給を促し、供給は待ちうけている需要に応える。その繰り返しだ。


上記に掲げた妄想が、企業の成功と失敗を見極めようとすると、著者は主張し、
ビジネス書に関しても …

読んで励ましになる話にはほっとするが、地に足がついていない。
妄想の上に成り立ったストーリーである。


ここで出た「ストーリー」も、本書ではキーワードとなっている。
さもデータに基ずいたかのようなビジネス書や、有名ビジネス雑誌の評論もレポートとは言い難い表現で、ストーリー化されていると。


著者は批判しているが、様々な分析・評価は必要だと思ってはいる。

 マネジメントに関する本の大は、ビジネス最大の疑問を投げかける。

 企業パフォーマンスを向上させるにはどうすればいいのか。

 本書は違う問いから始めよう ---
   
   企業パフォーマンスの要因を理解するのはなぜ難しいのか。 


私もこの本は完全に読みきってはいません。
「第10章 エセ科学に惑わされないマネジメント」が未読ですが、面白すぎて凄すぎて書きたくなって書きました。(笑)

もうねぇ~、『第二章 シスコ・ストーリー』には笑ごとではないですが、笑いっちゃいました。
マスメディアであろが、ゴシップ週刊誌と変わらないと。
まぁ、本書にも記載されていますが、ビジネスで完全調査や、完全な比較実験は不可能ですからしょうがないんでしょうが、
ただでは起きない為にも、一読必要の1冊です。

しかし、『エクセレント・カンパニー (Eijipress business classics)』の話には、泣けました。
俺の青春の感動を返せって。 この不条理感が、これもまた人生っすねぇって思わされました。


自分の人生に仮説(夢・目標)を立てて、仮説が正しくなるように日々実行していると考えてますし、
真のエッセンスを掴むには、「学びの選択」の為の嗅覚・感性と実践・経験を信じるしかないでしょうから、
ビジネス書は今後も読みます。 って、それが結論かって突っ込みは無しね!

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3001368

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びとマイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
(2008/04)
マーク J.ペンE.キニー・ザレスン

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  第1部 男と女―Love,Sex,and Relationship
  第2部 親と子―Family Life
  第3部 仕事―Work Life
  第4部 階層―Class
  第5部 美と健康―Beauty and Health
  第6部 飲食―Food,Drink,and Diet
  第7部 情報と娯楽―Information and Leisure


アマゾントップセラーにランキングされているだけでなく、極東ブログでも取り上げられています。(極東ブログでは原本との比較に言及していて、非常に面白かった。)

まず、書名にもなっているマイクロトレンドとは?

 小さな動きが新しい大きなトレンドになっていくのではない。
 全人口のわずか1%しか含まれない、目立たない小さなグループが、
 わたしたちの社会を形作るのに大きな影響を及ぼす力だ。


ネット化のような明確なメガトレンドは、多くの社会予測で記されているので把握しやすが、
メガトレンドの中での枝葉に当たる潮流(マイクロトレンド)が重要である事を、個人的には始めて認識できました。

ざっと読んだ個人的な感想は、極東ブログでの一文と同じ。(笑)

 個々のマイクロトレンドについては、読めばわかるというか、普通に面白いので、
 なんだかんだ言っても日本語で週刊誌のように読める点でお勧めはしたい。


前回の記事で紹介した『マインドセット ものを考える力』ではトレンドに対する考え方が記されていた。
本書でも豊富な例があるが、例のみを知るだけでなく、マイクロトレンドを発見する視点が判る事が最も重要だろうと。


仕事・階層・情報と娯楽については、詳細の見出しも記しますから、週刊誌的に想像下さい(笑)

  第3部 仕事―Work Life
  ・働く定年退職者
  ・超距離通勤者
  ・自宅で働く人々
  ・言葉で稼ぐキャリア・ウーマン
  ・ガテン系の女性
  ・大学を中退する若者
  ・高校生の実業家

  第4部 階層―Class
  ・エリートは見た目が9割
  ・質素な富裕層
  ・破産する中流
  ・片付けられない上流階級
  ・子どもの障害を探す富裕層
  ・学校には行かない優等生
  ・高齢化する幼稚園児

  第7部 情報と娯楽―Information and Leisure
  ・社交的なギーク
  ・ネット嫌いの若者
  ・ハイテク好きの女性
  ・編み物好きの若者
  ・職場でポルノを見る人々
  ・数字に魅せられる人々


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2999423

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

マインドセット ものを考える力マインドセット ものを考える力
(2008/05/16)
ジョン・ネスビッツ

商品詳細を見る


 【 マインドセット 目 次 】

 第一部 マインドセット ものの考え方
  マインドセット1 変わらないもののほうが多い
  マインドセット2 未来は現在に組み込まれている
  マインドセット3 ゲームのスコアに注目せよ
  マインドセット4 正しくある必要はないことを理解せよ
  マインドセット5 未来はジグソーパズルだ
  マインドセット6 パレードの先を行きすぎるな
  マインドセット7 変わるか否かは利益次第である
  マインドセット8 物事は、常に予想より遅く起きる
  マインドセット9 結果を得るには、問題解決よりもチャンスを生かすべし
  マインドセット10 足し算は引き算の後で
  マインドセット11 テクノロジーの生態を考える

 第二部 未来図
  第1章 文化―視覚文化による世界の掌握
  第2章 経済―国民国家から経済圏へ
  第3章 中国―外縁部が中心である
  第4章 ヨーロッパ―互いに保証しあった衰退への道
  第5章 現代―漸進的変化の時代 イノベーションの宝庫


懐かしいジョン・ネスビッツ氏の名を、新刊で再び目にする日がくるとは思わなかった。
(英語を読めれば可能なんでしょうが(笑))

本書が生まれた理由は、アマゾンにも引用されていた。

 「あなたはどうやってそれを知るのか?」「どうすればあなたと同じようにできるのか?」
 ある午後、友人のトーニ・オフナーと過ごしているときのこと。
 彼はどうすれば私がやっているようなことができるのかと執拗に尋ね、
 なかなか返答に納得してくれなかった。

 収集した情報、多くの新聞、世界のさまざまな国や文化圏の多くの人々と
 取り交わしたアイデアや考えから、世界がどこに向かっているかわかるのだと私は言ったのだが。

 「それなら」彼は言った。「未来は現在に根ざしているのなら、そして世界で起きていることを
 注意深く見つめれば、きみと同じ結論を得られるはずだ。だが、そうはならない。何が違うんだ?」
 そのように思ったことはなかったが、違いは私が学んだことにあるのではなく、
 それをどう考えるかにあった。
「たぶん、トーニ、違いはマインドセット、つまりものの考え方だろう」


この考え方をもとに記された書だと。
豊富な例で、11の法則をネスビッツ流に紐解いていくのだが、凄いのは”監訳者まえがき”で本田氏が面白いと思った部分でした。
ここの印象が強烈で、本書の外郭が見えてしまう感さえありました。(笑)

読んで分るより、読んだ後に”11の法則”にて、目の前の現実に如何に自己流に解釈を行っていくかがキモの書ですね。


で、手元に『メガトレンド』があります。
ちょっと目次を見ると …

 第1の潮流 情報化社会が「地球村」を築く
 第2の潮流 ハイテックとハイタッチの共存
 第3の潮流 地球的に考え、地方的に行動する時代
 第4の潮流 長期的発想に立った「転進」が明暗を分ける
 第5の潮流 分散化の波が社会を変質させる
 第6の潮流 よみがえる自助独立の精神
 第7の潮流 全員参加の草の根民主主義
 第8の潮流 ネットワーク型ヨコ社会が根をおろす
 第9の潮流 経済エネルギーの地域的大移動
 第10の潮流 二者択一から多種選択に時代へ


さらさらと目を通してみても、詳細全てとは言えませんが、メガトレンドとして合致しているといえます。
特に、情報化・ネット化をフィルターとして読むと、怖いぐらいに予測が合っていると思います。

個人的には、マインドセットの予測は、メガトレンド時の予測よりも難しいと思います。
(情報化・ネット化の波のような明確なパラダイム変換の予兆が、現在は見えずらいと)
しかし、ここでの予測と、それよりもキモといえる「Re-set your mind」は、ネスビッツの実績から言っても学ぶべきフレームワークだと思います。


 私たちが未来をうまく予測できないのは、リサーチや経験の違いよりも「物の考え方」に問題があったのだ。未来を予測するためのマインドセット11の法則。

 - アマゾンよりの引用



--------------------------------------------------------------------------------

私にとって予測と言えば、最近ではこの2冊です。

予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)予測する力 養成講座〔セオリー〕vol.11 (講談社MOOK セオリー vol. 11)
(2007/08/03)
第一編集局セオリープロジェクト

商品詳細を見る


ライフハックのつくりかたライフハックのつくりかた
(2007/03/27)
小山 龍介

商品詳細を見る


未読の2冊ですが、今回調べていて気になりました。

未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方未来学―リスクを回避し、未来を変えるための考え方
(2008/01/31)
根本昌彦

商品詳細を見る


未来を予測する技術 (ソフトバンク新書 46) (ソフトバンク新書 46)未来を予測する技術 (ソフトバンク新書 46) (ソフトバンク新書 46)
(2007/08/16)
佐藤 哲也

商品詳細を見る


メガトレンド・シリーズです。
メガトレンド2010は、精神に関連した潮流が、トレンドとして明記されている事に驚きました。
(「人口減少社会のメガトレンド」 は未読です。)

メガトレンドメガトレンド
(1983/04)
竹村 健一、ジョン・ネイスビッツ 他

商品詳細を見る


人口減少社会のメガトレンド―8つの大潮流!これからのビジネス・ヒント人口減少社会のメガトレンド―8つの大潮流!これからのビジネス・ヒント
(2006/02)
五十棲 剛史

商品詳細を見る


メガトレンド2010メガトレンド2010
(2006/07/10)
経沢 香保子

商品詳細を見る


これは、劇烈に面白かったです。ぜひ読んでみてほしいです。
3つの原理もですが、アジアが今どういった位置で、今後どうなるかには唸りました。

3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
(2007/12/14)
ローレンス・トーブ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2995851

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

今回は、裏の視点から読める本を拾ってみました。

悪の啓蒙書といえば、この本ですね。
しかし、この著者であるマキアヴェリは著作とは違った人物だったらしいです。

 From Wiki
  マキャヴェッリ自身は、あまり「マキャベリスト」ではなく公的なキャリアはあまり振るわなかった。
  その一因にはやはり自分の主張をはっきり公言してしまう彼の性格があったのは間違いない。


このあたり、思想と実践は違う部分が、何とも言い難い部分ですが…

君主論 (講談社学術文庫)君主論 (講談社学術文庫)
(2004/12/11)
マキアヴェリ

商品詳細を見る


これも、皮肉いっぱいながら、侮れない内容もあります。 結構、楽に読めるのかも。

ビジネス版悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫 (や3-2))ビジネス版悪魔の辞典 (日経ビジネス人文庫 (や3-2))
(2007/07)
山田 英夫

商品詳細を見る


東洋思想的にいえば、この韓非子でしょう。
法による統治で、性悪説を説く儒家の荀子に学んだとの事です。

右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書 25)右手に「論語」左手に「韓非子」―現代をバランスよく生き抜くための方法 (角川SSC新書 25)
(2008/01)
守屋 洋

商品詳細を見る


性悪説の見地から管理して顕著な成果を出した例で、分り易いのは、古いですがこの著作でしょう。

悪の管理学―かわいい部下を最大限に鍛える (1981年)悪の管理学―かわいい部下を最大限に鍛える (1981年)
(1981/11)
川上 哲治

商品詳細を見る


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

心理戦としての対抗であれば、この著作でしょう。
理論編・実戦編・勝者編とあります。

「心理戦」で絶対に負けない本―敵を見抜く・引き込む・操るテクニック「心理戦」で絶対に負けない本―敵を見抜く・引き込む・操るテクニック
(2003/08)
伊東 明、内藤 誼人 他

商品詳細を見る

「心理戦」で絶対に負けない本 実践編―説得する・支配する・心を掴む「心理戦」で絶対に負けない本 実践編―説得する・支配する・心を掴む
(2003/08)
伊東 明、内藤 誼人 他

商品詳細を見る

「心理戦」で絶対に負けない本 勝者の法則編「心理戦」で絶対に負けない本 勝者の法則編
(2006/01)
内藤 諠人、伊東 明 他

商品詳細を見る


負けないといった見地で言えば、宮本武蔵で豪放なイメージとは裏腹に、繊細でしたたかであると言えます。

「五輪の書」がよ~くわかる本―剣法の奥義に学ぶ人生と仕事の極意! (ポケット図解)「五輪の書」がよ~くわかる本―剣法の奥義に学ぶ人生と仕事の極意! (ポケット図解)
(2007/04)
廣川 州伸

商品詳細を見る


もう一人、現代の"負けない"と言えばこの方。 (無敗の方です。)
アウトローながらも、一道に徹した見地からの言葉は抜きんでたものがあります。

「勝負強い人間」になる52ヶ条―20年間勝ち続けた雀鬼がつかんだ、勝つための哲学 (知的生きかた文庫)「勝負強い人間」になる52ヶ条―20年間勝ち続けた雀鬼がつかんだ、勝つための哲学 (知的生きかた文庫)
(2006/12)
桜井 章一

商品詳細を見る


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

逆発想とも言える斬新な視点で、有名本ですね。

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
(2002/06)
神田 昌典

商品詳細を見る


"賢い"と"したたか"というのはある種、同義語であると言えます。
"したたかな方面"から読んで見ると、違う味わいがあるバルタザールではないでしょうか?

バルタザール・グラシアンの“すごい”頭のいい生き方―人は“したたかに考える”葦である! (知的生きかた文庫 さ 9-4)バルタザール・グラシアンの“すごい”頭のいい生き方―人は“したたかに考える”葦である! (知的生きかた文庫 さ 9-4)
(2008/01)
バルタザール・グラシアン

商品詳細を見る


これかなり、"したたか"な見地で、非常に面白かったです。
「地に足がついた」負けない生き方の視点が有りました。
個人的にお勧めです。

英国ワーキングクラス直伝「逆成功」のルール英国ワーキングクラス直伝「逆成功」のルール
(2004/12)
石原 由美子

商品詳細を見る


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

読んで・信じて、実践する場合、本によっては内容の受け取り方で、いかようにもとれますので、あくまで自己責任で(笑)

他にも同類で面白い本があれば、是非、ご教授下さい。
個人的に読みます。(笑)


悪循環を避ける為、または悪状況に強くなる為に生きる知恵、賢い知恵と …

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす
(2007/12/14)
ローレンス・トーブ

商品詳細を見る


約400頁に及ぶ、厚手な本で、1頁の字数もぎっしりとあります。
大雑把に読んだ程度で、完全に理解したとは言えませんが、面白い。

歴史を動かす要因を、3つの原理と規定し、未来を予測しています。

 第1原理 カースト(階層)・モデル
  1.宗教・精神的カースト
  2.戦士
  3.商人
  4.労働者(ホワイトカラーも含む全ての労働者)


過去から現在への時代の変遷も、上記のカーストが中心になってきており、
現代は、「労働者の時代」であり、次の「第2の宗教・精神の時代」と重なっていると。

「メガトレンド2010年」でもスピリチュアルが取り上げられたように、「精神性」は未来へのキーワードでしょう。

 第2原理 性モデル
  1.陰  - 女性 - ヒンドゥー教・仏教
  2.陽  - 男性 - ユダヤ・キリスト・イスラム教
  3.両性 - 陰陽 (統合)


今日もTVであっていたが、人間は遺伝子的には女性が原型らしい。
(乳首が男性にある理由からであったが)

時代も女性的時代からはじまり、男性の時代が長らく継続してきた。
そして、現代は陰陽統合の時代となっていると。

女性が強くなったと言われ出して久しいが、元来、女性の方が生命力は強いに決まっていると思う。
新たな生命を産むなんて、男性に真面目に想像できますか?
もう一つの生命が、体内に宿る事自体が奇跡です。


次の時代は、「第2の宗教・精神の時代」へ突入しており、その中心はインド・イスラム圏である。
しかし、「宗教・精神の世界」進むと言われても、経済・政治システムがそぐわないと考えられるのだが、その解答として、4つの動きを呈示している。

 経済・政治システムを「精神化」させる4つの動き
  1.自発的簡素
  2.適正技術
  3.経済的平等
  4.仕事の削減


経済・政治システムを「精神化」させる事が、新時代へのキモであり、その方法次第では、
世界は大きく変える、「運命の分岐点」と思える。

興味深ったのは、経済的平等の手法として「企業に所属する全員が共同オーナーとなる」で、
NHKドラマ「ハゲタカ」であった方式で、既にTVでも実例が放映されていた。

-----------------------------------------------------------------------

時代の趨勢は、マクロ的には「精神性」に向かっている。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02951003
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。