1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!
(2008/02/28)
梅田望夫

商品詳細を見る


"ウェブの未来"に関する日本でのペースセッター 梅田望夫氏の新刊です。
「ウェブ進化論」以降、梅田氏が出版される本はウェブ業界人には必読でしょう。

梅田氏の進んでいる方向や著作の本質というのは、ウェブ未来予測であり、それすなわちビジョナリーであると思っている。
この『ウェブ時代 5つの定理』にて、やっとそう理解できました。(誤解かもしれんですが(笑))

ペースセッター、ビジョナリーといえる梅田氏による『ウェブ時代 5つの定理』著作のモチーフは
独断・偏見読みで、下記だと思いこませていただきました。(笑)

夢を見続け、憧れ続けて、アグレッシブ・フロンティアたれ



( 目 次 )

まえがき 私の勉強法

第1定理  アントンプレナーシップ
第2定理  チーム力
第3定理  技術者の眼
第4定理  グーグリネス
第5定理  大人の流儀

エピローグ



この『ウェブ時代 5つの定理』の内容は、端的に言えば「金言集」といえます。

梅田氏が「一万冊以上の本」を集め、十数年かけて集めた著名なビジョナリーの言葉。
「自己の啓蒙」と「変化の予兆を探る」為に、優先順位を上げて残った「砂漠の砂金」。

どの言葉にも、シンプルながらも激烈な印象を受けるが、感性に響いたいくつかを記したい。

不動産における3つの重要な要素は、「場所、場所、場所」とよく言われる。
同じように、スタートアップの形成で重要なのは、「人、人、人」である。

 - ゴードン・ベル


これは、偶然でしょうが先日記事にした「世界一愚かな金持ち、日本人」で一部あったので。
「場所、場所、場所」で、英語「ロケーション、ロケーション、ロケーション」で表現されてました。
それで、目について読んでいるうちに、「人、人、人」が"夢"とか"志"に見えてたんで。
この言葉はアウトサイド(現実)の事ですが、インサイド(内的本質)的な事としてインスパイアされた結果です。

アントレプレナー、ビジョナリー、フロンティアと言われる人には内的本質は論ずる必要もない資質なんでしょうが、
これを読む私には必要なモチベーションの根源です。(笑)



トップレベルのチームはマネジメント重視でなく、行動重視でなければ駄目だ!

 - ゴードン・ベル


ベンチャーの世界での話ですから、「やるべき人を探す間に自分がやれば終わる仕事は、
気付いた人が片付けて、先に走っていかなければならない」といった意味です。

「ベンチャー・スピリット」という言葉を思い出し、マネジメントとは異質である事を強く認識させられます。



・「邪悪であってはいけない。~」 - エリック・シュミレット

・グーグルは「ベストである」ことを到達点と甘んじない。それはあくまでも出発点だ。
  - グーグル10ヶ条の10


この、威風堂々、ちっぽけなゴミなど一気に吹き飛ばすような熱風・烈風的言葉は、圧倒的に崇高です。



最後は、2005年夏 スタンフォード大学でのスティーブ・ジョブズの名スピーチです。
結構、長いので下記を参照していただきたいのですが、この『ウェブ時代 5つの定理』で取り上げられていない最後の言葉が忘れられないスピーチです。
"スティーブ・ジョブズのスタンフォードでの卒業式スピーチ"

ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ。




We'll make heaven a place on earth 

 - ちょっとくさいですが …

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2970611
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


 『ウェブ進化論』で、ウェブ時代の意味を説いた。
 『ウェブをゆく』では、「その時代に生まれる新しい生き方」がテーマである。


"終章"での上の言葉に集約される本書である。

俯瞰的な視点と、パーソナルな視点で語られている内容は、
「世界と、読み手をつなぐ可能性」に満ちていました。

------------------------------------------------------------------
 ( 目 次 )

序章   混沌として面白い時代 
第1章  グーグルと「もうひとつの地球」
第2章  新しいリーダーシップ
第3章  「高速道路」と「けものみち」
第4章  ロールモデル思考法
第5章  手ぶらの知的生産
第6章  大組織 VS 小組織
第7章  新しい組織
終章   ウェブは自ら助くる者を助く

------------------------------------------------------------------
 ( 内 容 )

  1.ネット上では距離の制限が無い。
  2.瞬時に伝達される為、時間サイクルが極めて短縮される。
  3.不特定多数「無限」大の人々との交流。


この3点から、福澤諭吉氏の言葉を引用している。
  「一身にして二生を経るが如く、一身にして両身あるが如し」
2回の人生を歩んでいるような、2人分の経験を得る事ができるような…人生である。

社会・企業のみならず、個人においても活用の方法では、
かつては想像できない事が起きうる、可能性が飛躍的に上がったといえる。

小さな例だが、このブログにおいてでさえ、リアル世界では決して知りえなかった人たちと
コメントを通して語り会えたり、過去の思い出を共有できたりしている事は、
ある種、驚異的な事ですね。 
ほんと、それ以前で言えば、月に入ったぐらいです。(マジ笑) 


また、梅田氏は本書で2つの「新しい生き方」と、それに必要な要件を提唱している。

 1.高く険しい道 - 専門志向
   病的なまでに心配症であること。
   自分の頭で考え続けて、絶対にあきらめない事
   見晴らしのいい場所にいけ。(最先端で何が起きているか一望できる場所)
 
 2.けもの道    - 総合志向
   「自分にしか生み出せない価値」を持つ。(さまざまな経験からなる複合)」
   一人で生きていける「小さな居場所」を大河のなかから組み上げる。
   多くの人々(ここでは、500人)と交流を保つ


これは、職業キャリアにおける、エリート(純潔種)と非エリート(雑種)と言えばいいのではないかと。

雑種と聞くとちょっと、もの悲しいイメージがあります。
しかし、英語で、ハイブリッド(Hybrid)といい、意味は"異なったものを混ぜあわせること"です。
要は、純潔種からの進化体と思えばいいでしょう。

私などは、選ぶ間もなく、雑種です。(笑)
雑種でも、雑種間で上位の方ならいいんですが、現時点では違うようです。



また、ウェブ進化がもたらす「知的生産」に関して、5項目が挙げられていましたが、

  1.「調査、読み、書き」の対象となる素材が、無償・無限に溢れ、今後、充実していく。
  2.各種の道具(書き・整理)が進化したことで、「手ぶらの知的環境」がもたらせられた。
  3.成果を世界に向け公開でき、共有できる。
  4.個人の「知的生産」が「飯を食う」可能性となる。
  5.「群衆の叡知」になっていく。


これなどは、現実的に実現されているが、私には実感が乏しいですね。
ただ、ブログを通して、こういった部分に触れるようになったと想像すると、希望が湧きます。



梅田氏は、何度も「もう一つの地球」といった表現を本書で記している。
それは、「ネット空間の"知と情報"」が、「リアル世界と同じくらい大きな世界を構築していく事」
を表現した言葉である。

これには、個人的にめちゃめちゃ期待してます。
リアルとバーチャルが別物でなく、クロスしたり、
同心円に近い状態になる事を、切に願っている一人ですね。


  "You Are The World , Until now , From here"





フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)フューチャリスト宣言 (ちくま新書 656)
(2007/05/08)
梅田 望夫、茂木 健一郎 他

商品詳細を見る


ウェブ人間論 (新潮新書)ウェブ人間論 (新潮新書)
(2006/12/14)
梅田 望夫、平野 啓一郎 他

商品詳細を見る


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
(2006/02/07)
梅田 望夫

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02936147
テクノラティプロフィール
フューチャリスト宣言 フューチャリスト宣言
梅田 望夫、茂木 健一郎 他 (2007/05/08)
筑摩書房
この商品の詳細を見る


2人の著者に興味ある人は、必買本です。
(735円代で、この内容は叩き売り、いや、タダみたいなもんです。)

"はじめに"の1行目より、難しくない当たり前の事が書かれているのだが、
期待・希望をもって読んでる為、無防備に心に入ってきます。

人間とは、案外、未来のことを考えないものである
 (中略) 明確なビジョンを持たないままに暮らしているという事は実際に多い。
・未来にどのような思いを抱くかで、今日の生き方が変わってくる


読み進む毎に、付箋が増え続けます。
1度で理解できたとは思えないので、2度3度と読みましたが、付箋本になってしまいました。

・ホームページは、イコール雑誌みたいなものでした。
 既存メディアのメタファーをインターネット上にのっけながらやっていた。
・コンサバティブなことを言うほうが、最後は負ける、陳腐化する。
・ネットビジネスはドッグイヤー(7倍速)といわれるが、それ以上である。

・ネットはセレンディピティ(偶然の出会い)を促進する。

・ウェブ上の行為は、サーチとチョイスがなければ完結しない。
 そこでの選択枝が無限だから、志向性が全ての始まりとなる

・本はネット(情報)の海で錨をおろすリファレンス・ポイントである。


付箋の海を、再度読み直して、且つ、自分に残った言葉です。
省略しているので、是非、著作の文脈の中で読んで欲しいです。

ウェブ進化論にしろ、この本にしろ、梅田氏の著作は興奮しますね。
茂木氏のいう、"フューチャリスト"という言葉にも揺れました。

"フューチャリスト宣言 リファレンス・ポイント" Makeup Life!
今日もここまで、このブログを読んでいただいて有難うございました。
BK1オンライン書店 : http://www.bk1.co.jp/product/2784339
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。