1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上春樹

商品詳細を見る


BOOK1,2ともに発刊後、即購入しましたけれど、BOOK1の冒頭50ページぐらいで止まっていた。
いずれと思いながらずるずるきていて、BOOK3の出版がいい機会というか、この時を逃すとまた積読になりそうだったので、
一気通関で読みました … で、そんな読み方をしたせいか「ゼイ、ゼイ」いってます、今。(笑)
読み終わってどうだったかと言っても、まぁ文学的素養が殆どないので、深読みの感想は特にありません。
ただ、一気読みのおかげで、BOOK1,2の終わりで立ち止まる事が無い為、待ちのストレスは有りませんでした。

素朴に感じた事をいくつか書くと …

まず、あまり小説をよまないので、とにかく小説の世界に入りこむのが辛かった。
一度は、読み始めて50ページぐらいで挫折したぐらいですから。

BOOK1の3分の2ぐらいまで読み始めてから、俄然、面白くなってきた感じです。
そこからやっと集中力が繋がり出した感じだったし。
通読したせいで、BOOK2の終わりで一端山があり、青豆と天吾の運命がどうなるのかに焦点が向かっていたので、
あとはBOOK3のクライマックスにむけてという流れがあったからもしれませんけど…
BOOK1,2まで読んで3を待っていると辛いかもという感じもありましたね。


村上氏の長編作品は、風の歌を聴け (1979)~ 1973年のピンボール (1980)~ 羊をめぐる冒険 (1982)
~ ノルウェイの森 (1987)~ ダンス・ダンス・ダンス (1988)と読んできました。
(世界の終りとハードボイルド・ワンダーランドは未読)

そこから一端中断し、海辺のカフカ (2002)~ アフターダーク (2004)はさわりのみでしたから、
長編新作を読むのは久しぶりというか、ダンス・ダンス・ダンスの22年ぶりにでした。(苦笑)

久方ぶりの感覚で言えば、なんかハードボイルド・タッチの会話が格好良かったり、
性に関する描写が詳細で具体的でねっとりしていた感がありましたね。
初期の性に対する描写があっさりとしていた方が好きだったんですが、
こっちも年とったので大丈夫というか、嫌悪感無く読めました。(笑)
(ノルウェイの森の時は、個人的に違和感が有りました。)


本筋に関して言えば色々と深い喩えもあるんでしょうが、ハッピーエンドで良かったぐらいの感想です。
なんじゃそれりゃというような感想ですが、文学的素養が乏しい僕にとっては、
純愛の行方のみが主題となっていましたから。(笑)

性的行為は現代風に処理していながら、奥深い中に忘れえない人がいる。(特に、女性の青豆。)
そして、天吾はおぼろげな思い出から、ある時に真の気持ちに気づく。

近くにいながら、めぐり逢えないシチュエーションに「滅茶苦茶やきもき」させられただけに、
予定調和と予感しながらも、運命の邂逅のような出逢いに至る流れに熱くなった、ワタシ。


読み終わって、我ながら青臭い感傷に浸っている事に気づきました。
(変な話、にやついてる自分がいた。)
けれども、今のこの感情には多く襞が有り、そこが違う事で納得。(汗)

20代に読んで似た感情を持ったとして、きっと違うよなって。
(想像だけの世界と、振り返りを伴った想像、プラス経験も含めてかなと …)


村上作品を、ダンス・ダンス・ダンス で読まなくなった理由が僕には有りました。(僕にとってはいい意味で)
一旦、終了かなと。
1Q84もBOOK3迄読むと、またしても似た感情になっています。
でも、ダンス・ダンス・ダンスでは、それまでモヤモヤとした感情があったから。(展開も過去への結着だったと記憶)
でも、1Q84はここから始まるリスタートの希望的感じで、凄くいい。
僕にとっては凄くここち良い。

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


Thank you for 1Q84 Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
1973年のピンボール1973年のピンボール
(1980/01)
村上 春樹

商品詳細を見る

『風の歌を聴け』に引き続きの、再再再読、たぶん。(笑)
読み終わった時は、やっぱり「よく、わからん」といった感じ。
なんか、ニヒリズム的な醒めた冷やかさだったり、個人的な虚無感とかを感じてました。

が、ちょこっと、理解できたかな?と。
目に付いたのは孤独感で、寂しさに流されて彷徨してはいるんですが、そこに完全な絶望や暴発はないんですね。
リリシズムの中に停滞している歯がゆさといった感。
”邂逅を見つける事ができるか?”に対する不安感。
既に続刊が出版されて読んでいるからもあるんでしょうが、私的にはそう感じました。


その後、村上春樹の大ブレイクになった『ノルウェイの森』がバカ売れした時点では、「今頃かい!」って漫才のツッコミ気分でしたが、『ノルウェイの森』では内容的に深い淵まで落ちきった感じが有りました。
当時の感覚では感動しながらも、パズルの一片が足りない気分だったような …

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)ノルウェイの森 上 (講談社文庫)
(2004/09/15)
村上 春樹

商品詳細を見る


そして、『ダンス・ダンス・ダンス』で、『風の歌を聴け』以来の感覚にいったん結論が出たと理解してました。
(初期の村上春樹作品へのアンサーとして)

ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)ダンス・ダンス・ダンス〈上〉 (講談社文庫)
(2004/10)
村上 春樹

商品詳細を見る


来るべき答えがやっと来たかといった感があり、これにて一旦、村上春樹作品から離れました。
文学的評価は別としても、当時は『ダンス・ダンス・ダンス』が一番好きでした。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3041927
風の歌を聴け (講談社文庫)風の歌を聴け (講談社文庫)
(1982/07)
村上 春樹

商品詳細を見る


サブプライム問題から原油高騰、そしてリーマン・ショックやら、トヨタ・ショックのお陰で世知辛い状況になってきた。
今の仕事も直撃状況で、最近、同業他社をまとめて訪問しているのですが皆厳しさを口にする状況ですし。(殆どが経営者か管理責任者というのもあるが)

個人的にも、一日1万歩以上、多い時は2万歩超えるぐらい歩いているので、肉体疲労でダブル・パンチ。

やるべき事は無限と思える程あり、本も中々読めないし、読めても根気・集中力が減っている。
気合が足りないと感動しづらい事や、本を読むことでリフレッシュできていた事を久しぶりに思いだした。
疲労が重なるとプラスに考えるのも億劫になってくる。


目先を変えて温故知新というか、昔の本で何かないかと家を探して、とりあえず今の心境に合いそうな本を選んで読んだ。(ちゅうか、選択した本がなんか退廃的な感じもせんでもないが…)

結果、何かがつかめたと言えば、そういった類の本ではないので(笑)
しかし、当時購入した本で色褪せているのを読むのは、何とも言えない心持。
この本は、ロッキング・オンの新刊紹介で確か知ったのだが、読んですぐに村上春樹を好きになった。
しかし、何が良かったのかは分からなかったし、今回再再再読ぐらいになってもよく判らなかった。(笑)

自分でもなんじゃそりゃ?って感じだが。
少年ジャンプが大好きだった少年からみれば、こういった気だるい感じの小説を好きになるわけないはずだったんですけど。(笑)
とりあえず憶えていたのは、”鼠”と”ジェイズ・バー”と”嘘つき”といった事ぐらいだったが、我ながらちょっと驚いたかな。
何時になったら、意味が分からないながらも、この小説から”風の歌”が聴こえるのやら。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2472461

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。