1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録
(2008/07)
石川 拓治

商品詳細を見る


今日、アマゾンのランキング覗いてみると、見つけました。
出版されて結構な時間が過ぎましたがやはり出てきましたか …
しつこいですが、お祝いも含めて再掲載です。
その後に付加的に読んだ本も下段に紹介してます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

激烈に勧めたい1冊です。

このリンゴを食べたわけでもなく、客観的な判断があるわけではないのですが、それでも読むべき珠玉の本と言えます。
ひねた書き方をすれば、これがフィクションだとしても心動かされる言葉に出会えると ・・・

表紙の木村さんの笑顔からは想像できない壮絶な闘いの記録でもあり、ある種の成功物語としてもスゴいと言えます。
しかし、僕はそれを超えたものに出会えたと感じました。

確かに、一般の会社員であり、アウトドアタイプでは無い僕は、自然との営みが殆どないので、より一層、心動かされたのかもとも感じました。
が、その部分を抜いても、自分の知・っ・て・い・る・「生きている、生かされている」と言う概念に深さを与えられました。

読む事で、現実生活ですぐに役立つ本とも言えないですが、不思議な感じで、複雑に心を揺さぶられた1冊。
よくぞ、1冊の本にしてくれたと感謝し、よくぞ仕事で疲弊した帰りに、偶然、近場の書店で出会えた1冊。


 死ぬくらいなら、その前に一回はバカになってみたらいい。
 同じことを考えた先輩として、ひとつだけわかった事がある。
 ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合えることができるんだよ。


 無農薬農業との出会いの始まりは、書店でトラクターの本をとろうと棒でつついたら、
 隣の本も落ちてきて汚してしまい、しょうがないから買った「自然農法」からだった。


 首をくくるつもりで投げたロープが、あらぬ方向に行き、そこで出会った(気付いた)奇跡の営み。


 人間に出来ることなんて、そんなたいしたことじゃないんだよ。
 みんなは、木村はよく頑張ったって言うけどさ、私じゃない、リンゴの木が頑張ったんだよ。
 (中略)
 そんな事は当たり前だって思うかもしれない。
 そう、思う人は本当の意味がわかってないのかな。

 (中略)
 それが、わかるまで、ほんとうに長い時間かかったな

  ~~~  (中略)を含めて、感じた一文でした。 


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本書に何か感じた方ならば、内容的に重複していますが、こちらも読む価値有り。

プロフェッショナル仕事の流儀 12 (12)プロフェッショナル仕事の流儀 12 (12)
(2007/05)
不明

商品詳細を見る


ちなみに、幼い時からリンゴ大好きです(笑) Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3028332

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

スポンサーサイト
奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録
(2008/07)
石川 拓治

商品詳細を見る


激烈に勧めたい1冊です。

このリンゴを食べたわけでもなく、客観的な判断があるわけではないのですが、それでも読むべき珠玉の本と言えます。
ひねた書き方をすれば、これがフィクションだとしても心動かされる言葉に出会えると ・・・

表紙の木村さんの笑顔からは想像できない壮絶な闘いの記録でもあり、ある種の成功物語としてもスゴいと言えます。
しかし、僕はそれを超えたものに出会えたと感じました。

確かに、一般の会社員であり、アウトドアタイプでは無い僕は、自然との営みが殆どないので、より一層、心動かされたのかもとも感じました。
が、その部分を抜いても、自分の知・っ・て・い・る・「生きている、生かされている」と言う概念に深さを与えられました。

読む事で、現実生活ですぐに役立つ本とも言えないですが、不思議な感じで、複雑に心を揺さぶられた1冊。
よくぞ、1冊の本にしてくれたと感謝し、よくぞ仕事で疲弊した帰りに、偶然、近場の書店で出会えた1冊。


 死ぬくらいなら、その前に一回はバカになってみたらいい。
 同じことを考えた先輩として、ひとつだけわかった事がある。
 ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合えることができるんだよ。


 無農薬農業との出会いの始まりは、書店でトラクターの本をとろうと棒でつついたら、
 隣の本も落ちてきて汚してしまい、しょうがないから買った「自然農法」からだった。


 首をくくるつもりで投げたロープが、あらぬ方向に行き、そこで出会った(気付いた)奇跡の営み。


 人間に出来ることなんて、そんなたいしたことじゃないんだよ。
 みんなは、木村はよく頑張ったって言うけどさ、私じゃない、リンゴの木が頑張ったんだよ。
 (中略)
 そんな事は当たり前だって思うかもしれない。
 そう、思う人は本当の意味がわかってないのかな。
 (中略)
 それが、わかるまで、ほんとうに長い時間かかったな

  - (中略)を含めて、感じた一文でした。 


ちなみに、幼い時からリンゴ大好きです(笑) Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3028332

< ブログランキングに参加しました。 応援お願いします。 >

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。