1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンディ2 華麗な冒険 コンプリートDVD-BOX1ダンディ2 華麗な冒険 コンプリートDVD-BOX1
(2003/07/24)
トニー・カーティス、ロジャー・ムーア 他

商品詳細を見る


再び、ニュースからです。
  訃報 広川太一郎氏が死去 007ムーアさん吹き替え

私の思い出に残る声として、ざっとあげても …

ロバート・レッドフォード
ロジャー・ムーア
リー・メジャース(600万ドルの男/バイオニック・ジェミー)
マイケル・ホイ(Mr.BOO)
古代守(宇宙戦艦ヤマト)


ロジャー・ムーアは特に有名なんでしょうが、別の意味で感慨深いんですよね~
広川太一郎氏との最初の出会いは『ダンディ2 華麗な冒険』 … (懐)
トニー・カーチスの軽妙さと、ロジャー・ムーアのダンディさに憧れてました。
実は、この番組で広川太一郎氏は、ロジャー・ムーアでなく相棒のトニー・カーチスの声だったんですよね。
その後、ロジャー・ムーアの声優になり何かしら巡り合わせを感じました。

  『ビバ広川太一郎! ダンディ2華麗な冒険』

今でも、上のサイトで見た"オープニングの言葉"を覚えています。

ダニー  ケンカにゃ強いが女にゃ弱い
二人   プレイボーイのダンディー2!
  
ダニー  俺、ニューヨークスラム出の実業家 ダニー・ワイルド
ブレット わたくし、イングランドは名門貴族出のブレット・シンクレア
ダニー  趣味も育ちも違うけど、冒険好きは二人共もてるんだな~、あくどく~
  
ブレット ヤンキーのだんな、沈没したもうな
ダニー  殿様こそ、しっかりおしよ~
  
二人  二人そろってダンディー2!
  
ダニー  あーたったー、やってるわあちら
ブレット  なぁーに、ほんの小手調べ、苦しゅうない
  
ダニー  さてさて、いかなる華麗な冒険に挑もうか




これを書いていたらWikiでみつけました。

2008年にジョージ・クルーニー(ダニー・ワイルド役)、ヒュー・グラント(ブレット・シンクレア役)の主演で映画化される予定。


この作品が完成するまで、待っていて欲しかったですね。


ケンカにゃ強いが女にゃ弱い

  二人 プレイボーイのダンディー2! … 涙、涙


ダンディ2 華麗な冒険 コンプリートDVD-BOX2ダンディ2 華麗な冒険 コンプリートDVD-BOX2
(2003/08/28)
トニー・カーティス、ロジャー・ムーア 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
今日、行きつけの理容店「APPLO」にいってきた。
「今年で30年の付き合いになりますな~」と与太話をウンタラやってました。

そういえば、マスターも以前ブログを書いてると聞いていたので、
何かの参考になればと思い話を聞いてみた。
そしたら、ブログは2年間書いていて、ヤフーにも上位に表示されるげな、げな~

ブログの名は「空手・トライアスロン・熟年・福岡」といいます。
このマスター、かなりの年配ですが、すごいです。
(「ももち浜アスリートクラブ」の会長もされていて、HPからもブログみれます。)

若かりし頃は空手をしていたんですが、
結構な年齢から自転車も始め、今はトライアスロンに出場するんですよ。

世界有数の大会である「アイアンマン・ジャパン」に出場し完走もしています。
「月刊トライアスロン」 2005年8月号かな? 出版社 ㈱ランナーズ
にも、完走するゴール前での写真がデカデカと載ったりしてます。
(アイアンマンジャパントライアスロン五島長崎での)

(「ももち浜アスリートクラブ」の関連では、
RKBスナッピー号29期生の上田知佳さん
(ブログ「上田知佳のチカ過ぎる毎日」を書かれています。)
の取材も受けたりしてます。

なんにつけ、継続できる人は成果がでるのよい見本になりましたね。
すごい人はどこにでもいる事を改めて思いしらされました。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。

この記事のトラックバック先はこちら→
http://blog.livedoor.jp/ozannomon/
村上春樹氏を数年前から、よくメディアで目にする。
若かりし頃、好きな作家だった。

知ったのは、当時、大好きであった洋楽雑誌のロッキングオンの
書評で、「風の歌を聞け!」か「1973年のピンボール」を見たからだった。

何かを感じた僕は、2冊を読み、好きな作家となった。
その後、「ダンス・ダンス・ダンス」まで読み、3部作の結末で読まなくなった。
初期は、喪失感を感じる作品だったが、「ダンス・ダンス・ダンス」の
最後で、未来を感じたからだった。結末にはかなり満足した憶えがある。

「ノルウェイの森」がその前に、爆発的にヒットしたが特に興味は持たなかった覚えがある。
むしろ、「今頃かい!」と思っていた。

最近の本では「海辺のカフカ」を買ったが、読まずじまいだったな~
村上氏の感性に共感する人がこんなにいるとは思わなかった。

先取りしていたつもりだが、時代が進み、
自分の生活で読まなくなった事を考えると、
感性が遅れだしたんだろな~と!
ちょっと寂しいですね。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。