1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイバーエージェント流 成長するしかけサイバーエージェント流 成長するしかけ
(2010/02/25)
曽山 哲人

商品詳細を見る


 【 目 次 】(「BOOK」データベースより)

 序章 ネットバブル崩壊
 第1章 ビジョンと価値観を共有する
 第2章 社員同士のつながりを強化
 第3章 メンバーの自己充足感を高める
 第4章 経営と現場をシンクロさせる
 第5章 人も会社も競争の原理で伸ばす
 第6章 人材を発掘して育てる制度
 第7章 社員に報いる「安心」の福利厚生
 第8章 将来を担うマネージャーの育成
 第9章 優秀な人材を採用する仕組み
 第10章 人事が考えていること
 対談「サイバーエージェント人事戦略」藤田晋×曽山哲人



サイバーエージェントは個人的にはかなり参照させて頂いた事があります。
一つはHPの求人ページ。
求人に関する著作を読んだ後、いくつかの著名なネット企業を比較した時に、
最もきっちりしていて、かつ、若い人にも受け入れられそうな作りでした。
求人のフレームワークを作っていたので、非常に参考になりました。

もう一つは、社是社訓を考えていた時、知ったマキシズム。
これまた、シンプルながらも素晴らしい内容、そしてその形式にも惚れぼれしました。


で、本書。
これまた、後進の企業には実に参考になる点が多いと感じました。
多くの試行錯誤や社内での活動が実施されて来た轍が記されていますが、
このくらい実施できないと、健全な社内風土は培えないんでしょう。
(非常に数多いですが、一流の社風を目指すなら、これだけしないと)

ゆっくりと成長してきた会社であっても、同様な問題はあると思いますが、
急成長した会社の為、また、より急速に成長する事を目的として持っている為、
問題点に対しての動きが鋭敏であり、対処も早急で有るように感じました。
そして、その対応方法も目的が明確であるのがいい。

経営陣やリーダーのみの危機意識では無く、最終的に多くの社員を巻き込んだ流れを作っている為、
意識改革も浸透し現在の社風として確立されてきた歴史が伺えます。

なんか凄く褒めていますが、現時点に到達したからで、
当初は離職率30%の時代もあったようで、そこが綺麗事でなくいい。
試してみて万能の策ばかりではないからこそ、数と継続が重要だと読み取れます。

本書は、非常に参考になると思いますが、私が思うに読み手が限られるのがもったいない気がします。
もっと売れていいというか、参考にできると感じた本です。

深印象

・「中途入社組」で活躍したのは謙虚な大人

・「これから会社が大きくなって人が増えた時に、一番心配していることは何ですか?」
 「ネガティブな考えが広がることです。ネガティブな考えというのは流行るので、
  そういう時には徹底的に排除するしなかない。」

・社員の定着を妨げた3つの問題
 一つ目は、ビジョンや価値観の浸透が弱かったこと
 二つ目は、社員同士のつながりが希薄だったこと
 三つ目は、個人の認知や自己肯定感が不足していたこと

・業績も大事だけれども人格はもっと大事
 部下となった人や入社してくる人を、尊敬できる人の下で働かせてあげなくては、才能を枯らしてしまう。

・「maxisms」裏バージョンより
 倒れるならば「前」へ倒れろ
 まず、「動け」。
 オンリーワンではなく、ナンバーワンを目指せ。
 「二度目」はない。

・ミッション・ステートメント より
 ネガティブに考え、ポジティブに生む

人事制度は「流行らないと意味がない」
 人事施策の浸透度を高めるには「いかにメンバーの白けを排除できるか」

・「働きやすさ」より「働きがい」

 


余談ですが、上場直前に藤田晋氏がTVで特集されていたのを見て、非常に印象深かったのを覚えています。
とにかく、ハードワーカーでメールの件数にも驚きましたが、深夜2時ぐらいまでのチェックと返信、
そして早朝にはまたメールが来ている … だったと記憶しています。

それ以上に、藤田氏の風貌が印象的でした。
細身で短髪、実直そうで朴訥な口調。
カリスマ的な容貌ではなく、体育会系でもなさそうで、どこか頼りなさげながら … しかし、ハードワーク。
映像からは、なんかミスマッチ的で大丈夫かなとさえ感じました。

あれから、どれぐらいたったのだろうか?
今となっては、素晴らしい企業・グル-プとなっています。
年輪とともに、馬力・実直・愚直の実力をつくづく感じます。

藤田氏が出版した過去2冊の著作も、2冊の色合いが全く違えども、素晴らしい。

藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー藤田晋の仕事学 自己成長を促す77の新セオリー
(2009/04/27)
藤田晋

商品詳細を見る


渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)渋谷ではたらく社長の告白 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
藤田 晋

商品詳細を見る


始点に100%無し。100%に終点無し。 Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
超人気ワークライフバランスコンサルタントが教える キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方超人気ワークライフバランスコンサルタントが教える キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方
(2008/03/14)
小室 淑恵

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 第1章 「仕事」と「プライベート」がうまくいかないのはなぜ?
       こんな“誤解”を持っていませんか?

 第2章 私はこうして、キャリアも恋も手に入れました
       楽しかった父との休日出社
       性格が大きく変わった中学時代 ほか

 第3章 ワーク・ライフバランスのための小室流仕事術
       ワーク・ライフバランスを支える仕事力
       職場で大事なのはコミュニケーション力 ほか

 第4章 信頼できるパートナーの見分け方、つきあい方
       まずは出会い!
       パートナーとのよい関係づくり ほか

 第5章 ワーク・ライフバランスが日本を救う
       社会は変わってきています
       企業の意識も変わってきています ほか


株式会社 ワーク・ライフバランス
小室淑恵 ブログ

いきなり失礼ですが、この著作、あまり期待せずに読み出しました。

表紙を見ていただければわかると思いますが、極めてビジュアル的にTV向きですし、ブレイクの発端が、
日経スペシャル 夜明けのガイア 2月26日放映 第303回でしたから。
(TVの影響度はホント凄いと思っていますんで)
書名も 『キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方』 ですんで、まこと女性向けですし。

以外と良書でした … と言うか、逆に小室さん損してないかと感じましたね。
そう、ビジュアルとTVとこの書名で。
女性向けでなく、起業家としてワーク・ライフバランスに取り組んできた経験を、真正面から書いた方が良いのではと。

実際、本書でも自己の経験を記しているんですが、ワーク・ライフバランスの概念に極めて乏しい男性の私から見ても、新鮮な部分や「本質的な文脈」があったりして正直、面白かった。

小室さんの個人生活から、印象に残った部分

 ・ワーク・ライフバランスは知識でなく経験である。
 ・自分を見失わない北極星 - 手段が目的となる
 ・120%理論 - やりたくない仕事ほど120%の力を出すことで、やりたい仕事に近づける。
 ・社内ビジネスコンテストで優勝したのは異端なゆえ
   (自社の業務領域を知らない事で、異端なアイデアを認められた)
 ・個人のワーク・ライフバランスから、家庭の絆が深まるワーク・ライフバランス



これからの社会潮流として気付かされたのは

 ・お客さまに気付かされたビジネスチャンス
  男性の育児休業・介護休業・メンタル休業
  特に、40・50代の介護休業とメンタル休業


育児休業と介護休業部分は、そういう潮流になってきているのかと
(この辺りが疎い方がまずいんでしょうが、知る機会となって良かったと)

「ワーク・ライフバランスで見た会社の選択ポイント」で5項目も記されてましたが、これは逆に会社人事関連部門として考慮していく指標になるんでしょうね。

 「ワーク・ライフバランスで見た会社の選択ポイント」
  ①育児休業の取得率と復帰率
  ②管理職で育児休業した率
  ③長時間労働見直しの習慣
  ④有給休暇消化率
  ⑤勤続年数の男女差



で、今回の"読み"で思わず唸ったのがこれです。(前段があるんですがまとめ部分だけ)

 「働き方」というのは、実はすごい重い意味を持っています。
 個人にとっては自己実現を図り人生を充実させる鍵であり、
 企業にとっては業績を左右する条件であり、
 さらに社会にとっては、社会全体のあり方を根本から規定する影響力を持っているのです。


個人生活での経験を素直な文脈で書かれていた雰囲気で読んでいましたから、
ちょっとチェンジ・オブ・ペースというか、ズゴッとこの文が目に入いり印象深かったです。

新しい人事戦略 ワークライフバランスー考え方と導入法ー新しい人事戦略 ワークライフバランスー考え方と導入法ー
(2007/07/26)
小室 淑恵

商品詳細を見る

こちらの本格書を読む必要性を感じましたね。

 

 ワーク・ライフバランスとは、人生をハッピーにする魔法のコンセプト


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

関連する著作を調べてみたんですが、この中で読んでいるのは「新インディ」だけです。
もっちと、勉強しとかんといかんですな、私。(汗。。。)

小室淑恵さんの本

結果を出して定時に帰る時間術 (sasaeru文庫 こ 2-1) (sasaeru文庫 こ 2-1)結果を出して定時に帰る時間術 (sasaeru文庫 こ 2-1) (sasaeru文庫 こ 2-1)
(2008/02/07)
小室 淑恵

商品詳細を見る


新しい人事戦略 ワークライフバランスー考え方と導入法ー新しい人事戦略 ワークライフバランスー考え方と導入法ー
(2007/07/26)
小室 淑恵

商品詳細を見る


ワーク・ライフバランスに関する著作はまだまだ少ないですね。

勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
(2008/03/01)
勝間 和代

商品詳細を見る


ワーク・ライフ・バランス手帳2008ワーク・ライフ・バランス手帳2008
(2007/09/29)
勝間 和代

商品詳細を見る


「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方
(2007/11/06)
駒崎弘樹

商品詳細を見る


デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)
(2007/12/15)
吉越 浩一郎

商品詳細を見る


「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力
(2007/12/22)
吉越 浩一郎

商品詳細を見る


猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?猪口さん、なぜ少子化が問題なのですか?
(2007/04/20)
猪口 邦子、勝間 和代 他

商品詳細を見る


男たちのワーク・ライフ・バランス男たちのワーク・ライフ・バランス
(2008/03/26)
ヒューマンルネッサンス研究所

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
トラックバックURL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2979923
人気ブログランキングへ
社長!その就業規則ではヤバすぎる 就業規則に泣いた社長たちの事件簿 社長!その就業規則ではヤバすぎる 就業規則に泣いた社長たちの事件簿
山田 順一朗 (2006/12/18)
あさ出版
この商品の詳細を見る


全く違う視点が見れた本です。
就業規則について、私が不勉強のせいもありますが。

社業で、就業規則の見直し調査を行う事になり、本格的な就業規則本(実に分厚い)を読んだ。
基本的なポイントについては補足的な注意点があり、十分役にたったが、
実際に発生した例も含めた事を知りたいと思い、この本を探し出した。

単なる就業規則を読んで、対応方法を考えていると、思考の中心は、
法的に合致しているか?、常識的か?、公平か?といった視点になっていた。
それは、それで重要であろうが、実例を基にしたストーリーを読むと、
人間的な側面からの視点が発見できて、自分の視野の狭さにきづかされた。

この本では、8パターンのトラブルを基に書かれている。

①採用トラブル
②ネット管理とプライバシー
③育児休暇拒否トラブル
④年棒制の残業代トラブル
⑤休職規定トラブル
⑥セクハラ・パワハラ トラブル
⑦解雇トラブル
⑧退職金規程トラブル

どれも、今現在、発生しうる基本的な事柄ばかりである。

加害者と被害者が明確になって争うとは限らない。
長年ともに働いてきた人間同士にも発生する場合がある。
解決においても、対決といった事だけでなく、人間同士の歩みよりによって、
困難な問題も歩み寄れる。

もっとも、学んだというか、はっ!とさせられたのは、
規則の不備は、会社の経営者、従業員のどちらにも、益をもたらす事はない。
要は会社の為だけのものではない。皆の職業人生を守るものでもある。


規則といえば、学生時代のような、アレルギー的先入観がどこかにあったが、
幸福を導くひとつのツールでもあるんですね。
そういえば、自分で決めた生き方の規範は皆、守りたいと思うものですよね。
自分を幸福に感じるために・・・

ルール Makeup Life!
今日もここまで,お読みいただきありがとうございました
BK1オンライン書店 : http://www.bk1.co.jp/product/2740556
超求人成功法 ~あなたの会社に人が集まる51の知恵~求人成功法 ~あなたの会社に人が集まる51の知恵~
岡野 弘文 (2006/09/07)
インデックス・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る


最近、仕事で採用(新卒・中途)に関する事をしていました。
とりあえず、調査の為、書籍・ネットで調べていましたが。

パターン的には、
人事全般に関する本はありました。
②基本的な採用の流れが書いている、俗に言うマニュアル本
③面接に関する本
人事経験者の経験による本

人事採用に全く素人である、自分にはどの資料も有用ではあったが、
今一つピンとくるものが無かったなんですね。

で、今日の本。
単純に人を雇用する前のバックグラウンドが必要だと知らしめられました。
どういった会社にしたくて、どのような人と仕事をしたいか。
採用というよりも、出会いですね

雇用条件作成、求人情報の広告の方法、パンフレットを考えるのは当然ですが、
前提として、会社(人の集まり)への考え方を明確にしておく事が必要だと。

特に役立ったのは、フレームワークを作って役立てる事でした。
それを基に、有名企業のホームページを見ていくと企業でかなり差を感じました。
(企業間の差です。)
この本を中心(その他にもテクニック的に役立つ本)に、
例えば自社のホームページ採用情報部分を作りこめば、
中小企業でも日本有数というか、ベスト10に入る採用ホームページ作れると確信しています。

"採用じゃないよ、人間の出会いだよ" Makeup Life!
今日もここまで、このブログを読んでいただき、本当に有難うございました。

BK1オンライン書店 : http://www.bk1.co.jp/product/2710394
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。