1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海賊とよばれた男 下海賊とよばれた男 下
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る


海賊とよばれた男を読みました。
実は私、モデルとなった企業に関連する仕事を
ウン十年前にしており、その時に主人公のモデルである経営者の事も調べた事が有りました。

その為、既に知っているという気の緩みもあって(←全然駄目ね)
なかなか本書に触手が伸びませんでしたけど、読み終えた今、
正直な話、もっと早く読んどきゃよかったって思っています。

下に、チマチマっと感想らしき事を書いていますが、
結論から言えば、なにはともあれ、是非ともお読みすべき本だと思います。
こんな話があったとさ、ぐらいの感じで白紙で臨むのが宜しいかと思います。

読後の感想
本書で最も、惹き込まれた点は、やはり後半の日章丸によるイランへの航海でした。
ちょっと手を止められないというか、本の文字文字から目を離せなかったです。

上巻はモデル企業とそれを取り巻く環境や石油業界、そして、当時の日本の状況等も描写されているので、
人によっては、上巻で読むのを挫けるかもしれないですね。
個人的には、セブンシスターズについての本で有ったり、
落合信彦さんの石油産業の3部作を読んだりしていたので、特に違和感もなく読み進めました。

私には非常に面白く感動した本書なんです、が…
が、と言いたいというか、一番驚いている点が、この本が今の時代に、
本屋大賞を受賞し、売れている事です。

大手企業がブラック企業と名指しで批判される最近の風潮の中で
ブラックを凌駕するような労働が書かれているのに、何故に売れてるんでしょうねぇ?

ブラックと言われている企業の労働時間と負けず劣らずぐらいの
労働時間の職種にかつて従事していた私から見ると、
社員の方々は、違う職種ながらホント大変だったろうなと、ちょっと泣けてくる点も有りました。
泣けてくるというのは、社員の方々が頑張っている部分に単純に感動するとかでなく、
その時の経験を思い出して辛いとか、気持ち悪くなるような感覚が少し蘇るような点でです。

本書が多くの人に読まれる理由を私なりに考えてみたんですけど、
(強制される労働に対しての嫌悪感は強いんだけど)
崇高な目的が有り充実した労働に対しては飢餓感が有るんじゃないかと感じました。
労働に対する意識で言えば、良い意味で日本人の気質じゃないかなと思えますし、
同時に、現状の自分の仕事に対する気持ちの裏返しなのかなとも思えます。

※余談ですが、25年前ぐらいに購入した、講談社文庫の
セブンシスターズが本棚に有って懐かしいだけでなく、
今もこの本を持ってる事に苦笑いでした。(笑)
あと、永遠の0は映画化されるので、そちらも楽しみです。

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)
(2013/06/18)
円谷 英明

商品詳細を見る


目次:
はじめに―怪獣が身もだえしたわけ
第1章 円谷プロの「不幸」
第2章 テレビから「消えた」理由
第3章 厚かった「海外進出」の壁
第4章 円谷プロ「最大の失敗」
第5章 難敵は「玩具優先主義」
第6章 円谷商法「破綻の恐怖」
第7章 ウルトラマンが泣いている
おわりに―祖父・円谷英二が残した日記



何かの紹介で知って読みましたので、内容は少々知って読み始めました。
過去の円谷プロの経営の失敗について記載されていて、決して楽しい読み物ではない事も知っていました。

一番驚いたというかビックリしたのが、ウルトラマンという特撮の有史に残る
コンテンツを作り出した会社であっても、こんなに厳しいんだなと。
(そのが失敗したからかもしれませんが)
そう、もっと大きな企業規模であるか、盤石の経営内容だろうって。

商品としては差別化するとかでなく、唯一絶対無二のオリジナルですから、
映像制作だけでなくキャラクターとか著作権等で、もっと大きな売り上げが恒常的に有ると思っていました。

しかし、これからウルトラマンはどうなっていくんでしょうかね?
M78星雲、ウルトラ兄弟、地上の怪獣か宇宙の悪等、世界観が固定化されているので、
シリーズで新鮮なストーリーを作るのも厳しいですね。
日本が誇るべきコンテンツなんで大事にして欲しいです。

ちなみに、個人的にはリアルタイムでウルトラセブンが好きでしたが、
内容的には、ウルトラ史上 玩具の売れ行き不振で途中打ち切りというか、
放映回数を縮められたネクサスが一番優れていたというか、感動しました。(涙)

DVDウルトラセブン 全12巻セットDVDウルトラセブン 全12巻セット
(2006/08/25)
Windows

商品詳細を見る


ウルトラマンネクサス TV COMPLETE DVD-BOXウルトラマンネクサス TV COMPLETE DVD-BOX
(2012/08/24)
川久保拓司、佐藤康恵 他

商品詳細を見る


余談ですがヒロインでは、セブンのアンヌ隊員 ひし美ゆり子さんが一番、
帰ってきたウルトラマンの坂田アキ 榊原るみさん
ティガのレナ隊員 吉本多香美さん ですです。(笑)

ウルトラヒロイン伝説 女神たちの競演 [DVD]ウルトラヒロイン伝説 女神たちの競演 [DVD]
(2005/02/25)
特撮(映像)

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書)ももクロの美学~〈わけのわからなさ〉の秘密~ (廣済堂新書)
(2013/04/13)
安西 信一

商品詳細を見る


ほんの1ヶ月前ぐらいから、ももクロ凄いのではと感じ始めました。
モノノフの方々から見れば、なにを今更、おそいんじゃ~~!というかんじでしょうが、
それまで全くといっていいぐらい知らなんだぁ~。
(堂本兄弟のTVで2回見たぐらいで、話が実にオモロイ集団ぐらいでした。)

で、ドラマ悪夢ちゃんのエンディングで使われていた「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が実にいい感じでした。
だいぶ経ってから布袋寅泰さんからの提供曲だと知って納得しましたが。(笑)

その後、Youtubeでこの曲を聴きましたが、あるライブが圧巻。
今一番、チケットが入らないというのも納得。
まぁ、じじいのおいらがいくと、体力不足で失神するか呼吸困難がオチなんでしょうけど。

その後、チョロチョロとWebで調べたりしましてその凄さを実感していましたが、
本書を読んでぼんやりとしていた点やもやもやしていた点が、スッキリしました。
読後は、頭の中で色々な事がうじゃうじゃでてきて、年甲斐もなく興奮しましたね。
今もまとまってないんですが、もう知るのが遅かったぁ~という感じで悔いが残ってます。

何故かと言えば、ももくろは、壮大なドラマだというのが私の受けた印象なんです。
それも人生を賭けたマジドラマで有りながら悲壮感が少なく、圧倒的な前進志向のドラマ。
第一章のクライマックスは2012の紅白歌合戦の出場迄。
ここまでの過程を見ていなかったのが残念でならないです、ハイ。

凄いと感じたのは楽曲やアイドルとしてよりも、
彼女たちだけでなく、このグループを取り巻くUNITの非予定調和的なぶつかり合いが面白い。

本人たちの努力だけでなく、マネージャーの川上さんの求めるもの、
作詞作曲者の求めるものが、その時の彼女達に合ったものでなく、
自分の欲求とかビジョンを求めているというか押し付けている点。

ファンも彼女達が広がる事を後押ししているUNITの一部
(彼女達の圧倒的な運動量を誇るライブは驚異的との噂で、ちょっと動画を見てました…
 有るライブでのOVERTUREから始まる「サラバ、愛しき悲しみたちよ」
 これが、おびただしい数のファンと一体となった様式美が圧巻でした。
 (今は、見れないのが残念))

ファンも男だけでなく、女性、子供、中年で、音楽ファンだけでなく、
プロレスファンとかもだしね。

ゲストもロック・フォーク・演歌の大御所との共演も凄いし、
(南こうせつさん、さだまさしさん、松崎しげるさん、坂本冬美さん、氣志團 etc…)
プロレス会場でのパフォーマンスやらでなんでも有りも面白い。

知れば知るほど、2011~2012年を見逃したのは、残念無念。
と言っても、第一章・VOL1が完結し、次の展開が始まったところ

ここから、不動のUnitとなるかの始まり。
(本人達の目標はSMAP・嵐・ドリフターズとか言っているので)

まずは楽曲。
これまでの路線だけでなく、著名なミュージシャンよりもどんどん楽曲提供してもらいたい。
凄くキャッチーな曲や、バラードで、ここらでビッグヒットを連発して欲しいところです。
(すぐにももクロが面白いと感じなかった理由である曲も、
 キャッチーに感じなかった理由がこの本でよくわかった。
 個人的には本書で一番得したというかなるほどと嬉しかった内容です。)
後は、個別の切り売りが、いずれどこかで出来始めるとますますいいように思います。
(ドラマ、バラエティ、MC)

頑張れももくクロ!

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
ツナグ (新潮文庫)ツナグ (新潮文庫)
(2012/08/27)
辻村 深月

商品詳細を見る


何かの予告で、映画を知り見に行こうかと思っていました。
その後、原作が有るのを知って原作か映画かとちょっと悩みました。

別の本を買う時に、立ち寄った書店で誘惑に負けて購入。。。(笑)

目次を見ると5つの章が有り、最終章は主人公の章だったので、
読んでいる最中に、最終章について色々と予想しちゃいました。

一見バラバラの1~4章の別々の物語・主人公が思いもかけぬ糸で繋がるのか?とか、
実は1~4章は時代が違うのかとか、想像というより予想屋のようにですね。(爆)

まぁ、4章を読み終えたとこで振り返っても、こりゃ思いもかけぬ展開にはなりそうではないなって。
僕の描いた展開ではなかったけれども、ジンとくる内容で読んで良かったと小説だったと。


その反面、正直な話で言えば、完全に入り込めなかった部分があったねぇ。

親友の話はかなりキツいオチで、大した人生経験もあるわけじゃない僕でも
似たように感じる今生の別れが有るもんですから、途中からサラリと読んじゃいました。

長男の話とか待ち人の話も、僕が長男でもあるし未だ独身ですから(笑)、
入り込むと落ちる事間違いないので、ほどほどの距離感で読んじゃった感じです。
ツナグの両親の不可解な件もですが、かなり暗いというか、現実だったら暗黒ですね。

そういった出来事を通過して人は、自分の中に何かを持って日々を過ごしていってるんだなと、
そんな感想のところは、結構、自分にとってリアルさを持ったかな。

それと当然でしょうど、僕なら誰と会いたいかってシミジミ考えていると、一人じゃ全然足ね~やって。(汗)
もう、向こうに行った時にまとめて会うしかないな。(笑)


行くまで、こっちで頑張るね。Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
アドガール 大手広告代理店新人日記アドガール 大手広告代理店新人日記
(2011/03/02)
伊藤 春香

商品詳細を見る


伊藤春香さんの本は前作がイタク気にいりましたので、今回も読んでみました。
今回はそれほどでもないだろうと思っていたところ、エラク笑わせて頂きました。(笑)
前回は行動力の凄さに舌を巻いたというか、感動しましたが、今回は感性的な点で面白かった。

そうは言っても、もし知人で有ったりすると決して近づいたりしないだろうなぁ~とも感じました。(笑)
読み物として、はっちゃけた勢いがあり、こういった内容は好きなんですが、読み物として面白いのであって、
私とは、なにか違う人種のように感じます。(逆にそう思われるだろうなとも感じてますけど。)

とは、言っても、決して悪い意味ではございません。(汗)
そう感じるという事だけです。

本自体は、働く様子や友人との事が、生き生きと描かれているのが分かる、実に楽しいエッセイだと思いますし、
こんな風に新入社員時代を描ける感性自体が、凄いポジティブだなぁ~ってとも感じ取れましたね。

前作と今作は全く別物だけども、自分の異なる体験をどちらも本にする視点や、出版する行動力に感嘆。

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?
(2009/08/22)
伊藤春香(はあちゅう)

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


題名の0(ゼロ)とは?と感じていましたが、零戦の事だったのですね …

この題材で強い感銘を受けない事はないと思ったが、著者が意図するテーマが、
正直な話、私にはわかりませんでした。

戦争の悲惨さや、特攻隊の悲劇的な面もあるのでしょうが、それ以外にもあると感じたのですが
自分自身に確信的に断言できる言葉が見つからなかった。

著書のコメントを見つけて、やっとそうだったのかと納得しました。

 この小説のテーマは「約束」です。
 言葉も愛も、現代(いま)よりずっと重たかった時代の物語です。



僕はこの小説で感銘を受けた事は、自分自身で消化しないといけないと感じています。
(著者のコメントで、やっと理解できた事も含めて)

戦争で亡くなった人々への感情や、辛いとか愚痴りながらもそれなりに幸福に生きている事への感謝は最初に浮かびますが、
僕がこの小説を人に勧める時には、強要するような感じで伝えたくないですね。

約束、言葉と愛の重さに関しても人それぞれの生い立ち、価値観で判断すべき事が
この小説をより一層深く感じる事ができるのじゃないかと …


そして、個人的には、最後に宮部久蔵がなぜ機を変わったかがこの本で最も心を揺さぶられる点でした。
その理由は愛の広がりだったと感じています。
自分かわいさの欺瞞や嘘からでなく、本当に妻と子供への愛情が強ければ強い程、人を愛してしまうものだと。
そして自分を強く愛して大事にする事の重さも再考させられた。(それは他人にも同様になる事を)

そして、その結末で判る驚愕の展開。(ありふれた表現ですいませんが…)

事実は小説よりも奇なりという言葉があるように、
僕の小さな人生経験で知っている事でも小説並みかそれ以上の話が有りますから、
悪く言えば出来すぎとも言えるこの結末でも、
僕にとっては欺瞞性は感じず、素直に感動した。

忙しいからこそ、読むべしの1冊

間違いなく、いずれ映画化されるだろうと思いますが、
素晴らしい原作だと思からこそ、落胆するような映画にしないでくれよなと強く感じてます。

矜持とは言葉で見えない Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤智裕

商品詳細を見る


そうそう、今日はKAGEROUの発売日だったなと思い、書店に行くと平積みされてました。
それも大層。(笑)
でも、山の一角はごっそり減っている感じでしたので、売れているようです。

賞を取って以来、色々と取り沙汰されているのは知ってましたので、それなり好奇心をもって想像してました。
購入して帰る途中から、公共交通機関の中で、いそいそと読み始めました。

で、読み終わっての感想はというと、
まず、帰宅途中に書店に寄るまでは、なんか色々と考えていたのですが … 全部トンだ。(爆)

私は小説はそれほど読まないし、技法も殆ど知らないですし、読み方も我流でダダ漏れ読み飛ばしで、
偏見と独断による感覚的に判断するタイプなんですけど、これは十分に面白かったですねぇ。
合格点とかじゃなくて、1作目とするなら凄いでしょう、ホント。

玄人筋や文章を生業としている方々の評価はわかりませんけど、
題材も含めて、受け入れられる層が多いと思えるストーリーだと感じます。
展開も単調でなく、アクセントも上手く飽きさせないし、深さもあるし。

いや、斎藤さんこれから大変だよ。
美男子で、嫁は綺麗で、芸能人としては成功しているし、
その上に、知性・才能も有るとかなると、やっかみ多いだろうねぇ~。(汗)
まぁ、俺はカブト時代から好きだったから、嬉しいばかりだけど。(笑)

トレビアン Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
マボロシの鳥マボロシの鳥
(2010/10/29)
太田 光

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
荊の姫
タイムカプセル
人類諸君!
ネズミ
魔女
マボロシの鳥
冬の人形
奇跡の雪
地球発…



大田光さんが、どんな世界観の小説を描くのだろうかと興味深々で読み始めた。

痛み・喪失・悲しみ、といった感覚がストーリーで表現されていると感じたかな。

こういった小説は苦手なタチなので、理解できたとも共感できたとも言えない自分がいたけど、

結末によらず、読後、僕の中に残ったものは … 切なさ でした。


これまでの大田光さんを(自分が)知る限りにおいて、大きな違いは無かった。

それ以上にこの小説をレンズとして、これが大田光なんだと凄く納得。

同時に、大田光さんのフリークでは無いけれども、これから先も大田光さんを嫌いになる事は無いと感じた作品でしたね。

次回作以降にも期待 Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
リベラルライフリベラルライフ
(2010/09/22)
杉本 彩

商品詳細を見る


[目次]

第一章 家族、抑圧と呪縛と

第二章 男と女、自由に真摯に

第三章 仕事、このかけがえのないもの

第四章 女優、「体当たり」せずにはいられない

第五章 四十歳、これから始まる人生

第六章 孤独、だから私は強くなれた



杉本彩さんは美しく、スタイルもよく、セックスアピールも有るらしいのだけれども、個人的には無機質に見えてきた。
無機質に見えるというのは、現実味を感じないというか写真を見ているような感じなんですね。
その外見とは裏腹にバラエティ等でみる尖がった発言から、アンバランスなイメージを感じるだけでした。
発言自体も本音に感じず、キャラを増長させる為の戦略的な発言と思っていました。

書店で目にした時に、今回の著作では、家族との決別を記しているというのを何かで読んで、踏み込んだ内容かなと予想した事を思い出して読んでみました。

性愛に関した記述の部分は、僕にとって(笑)異次元のような世界に感じるのでサラサラと読んだのだけれども、
仕事・経営に部分には強烈な点があり、驚愕し、感動すら覚えた。
(家族に関する点は、杉本さんの視点からだけなので判断はつかないけれども …)
TVでの発言も、彼女なりの真摯な自己表現だと理解できました。

部分的には世界観というか現実感が異なりすぎる点もあったのだけれども、
杉本彩さんに対するイメージがガラリと変わった。
非常に印象に残った点を3ヶ所書きますが、それ以外にも多々有ります。
軽い気持ちや舐めた態度で読むと、正面から袈裟切りされる本書ですが、読むべしの一冊。

真面目な話、性的魅力でなく、書かれた内容にちょっとKOされた感じです。

人生の幸せも成功も、家族の中では完結しない。
社会は他人同士の連携で成り立っている。
人とどう共感し共鳴し触発し合うかである。
この人は自分に大切なものを与えてくれるから、私もこの人を大切にしなければならない。
この人の力なしには、私の望む人生の充実も成功もないだろう。
そういう、いい意味での利害関係がなけrば、人は人に敬意も感謝も感じないのだ。


目の前にチャンスがぶら下がっているのに、それを逃して平気でいる人が多い。なぜそうなのだろう。
大胆さと表現するところの、まず覚悟がないのだ。
「どんなことがあっても、この仕事で生きていく、この世界しかない」と覚悟を決めていなければ、
チャレンジ精神など湧いてこないだろう。
さらに、人から見ればリスキーなことでも、違う側面からそのことを見る視点を持ち、その面白さを理解したら、
保身よりも変化を求めて大胆に勝負できる勇気をもたなければいけない。

そして、繊細さの欠落にはこんなことが挙げられる。
そのチャンスに隠れている可能性を理解しない。
作品を理解する力も乏しい。
人の関係に厳しさを持たない。
これらは繊細さを欠いた思考がもたらす甘さのように思う。


私は孤独感を忘れるために激しく生きてきたということだ。
(中略)
私たちはだれもが、一人で生まれてきて一人で死んでいく。
だからこそ私たちは、他人と愛し合い、仲間をつくり、仕事に励み、
笑ったり怒ったりしながら、人とつながり、人生をつくっていく。
けれど、孤独はけっして埋められない。
どれだけ周りに親しい友がいようとも孤独から逃れることはできない。
それを知ったとき、人は強くなるのだと思う。
(中略)
孤独を受け入れられるようになったとき、ようやく人は孤独の呪縛から解放され、
自由になれるのだ。



Working, Sex, Man&Woman, Soul, Free Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
(2009/09/29)
米澤 穂信

商品詳細を見る


 内容(「BOOK」データベースより)
 亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。
 ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。
 もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。
 そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。



ネタバレ御免で言えば、パラレルワールドへ行って戻ってくる展開。
正直な話、純粋なミステリーだと思いエンタメとして読みだしたつもりだったので 。。。
そう言っても、エンディングに来るまでは純粋に楽しめたのですが、結末が重すぎた。

結末を単純に言えば、
もう一つの世界では自分が存在せず、変わりに自分の世界では生まれなかった姉がいる。
その世界で自分に関係した人々は同じ構成なのだけれども、全く違う人生になっている。
姉の世界では全ての物事・人は良い状況であり、自分の世界では悪い状況であった。
その原因、ボトルネックは自分である事が判って、死にたい気持ちになった時に戻ってくる。
そこで、この物語は終わる …

主人公のこれからは「真っ暗な海と、曲がりくねった道。それは失望のままに終わらせるか、
絶望しながら続けるかの二者択一。そのどちらもが、重い罰であるように思われてならなかった。」

主人公のこれからの歩みを読者にゆだねた結論とあったけれども、
このような物語が書ける事自体、著者の思考における経験でもあると思う。


エンタメとして割り切れればいいのだけれども、誰しもがこの感覚を持ってしまう経験があるんじゃないかな?
存在意義を問うだけならまだしも、戻れない状況が残っている。

平凡な僕にだって主人公と同じ感覚になった経験が有る。(10~20年経ているけれども …)
パラレルワールドでなく、リアルの世界で悔いが残る道を歩んでしまい、取り返しがつかない事もある。
そして、ターニング・ポイントがどこだったを問い始める。
判らなければ楽だけれども、自分なりに自覚できる時は、とてつもなく重い。

そうなった時には主人公と同じように、この世界から消える事ができるかを自問する?
消える事ができなければ、背負っていくしかない。未来に希望が有るかどうかでなく。

「今度はメールだった。ぼくはそれを見て、うっすらと笑った。」
『リョウへ。恥をかかせるだけなら、二度と帰ってこなくて構いません』


読み手に委ねられた物語の結論であるならば、
このラスト2行を誤読かもしれないけれども(いやあえて誤読する)、
僕は様々な思いを抱いて生き抜く為に、前向きな意味に取る。

最悪を受け止め、最期を恐れずとにかく歩み、
ボトルネックが、pandoraの箱の最期に残った物になるように…(できるできないでなくね!)
Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


評判を聞き前々から気にはなっていましたが、文庫になったのでいい機会だと思いよみました。
冒頭より引き込まれて一気に読み終えました。

6つの章をそれぞれの登場人物による独白だったのが新鮮。
第1章での主人公の告白の最後は衝撃的な内容でしたが、ラスト第6章も同じく主人公の告白
その内容も最後の最後が、1章の告白と対になっているかのような激烈なエンディング。

小説としても凄いですが、先日見た映画「さまよう刃」もそうであったように未成年による犯罪が始まりであるのが印象に残る。
「さまよう刃」と「告白」の加害者はそれぞれタイプは違えど、モンスターチャイルドと言える。

「さまよう刃」では成熟と自律を持った被害者父親の解決策だったが苦い結末。
「告白」では、愛情深い母親の愛憎裏返しになる復讐劇。

どちらの結末がどうこうではないが、「告白」で感じた事はモンスターへの対応は、自らモンスター化するしかないんじゃないかと。
”復讐するは我にあり””人を呪わば穴二つ”という諺もあれど、ふりかかる火の粉は払わなければと。
モンスターに出会う事なく生きていけるのが一番賢いんだけれど …

近々、映画も封切りされるようですが、私的には本書を読むだけで十分。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
言葉に魂をこめて言葉に魂をこめて
(2009/08/26)
三宅 正治

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 第1章 しゃべる事って難しい?
 第2章 思い出の実況トークその1
 第3章 アナウンサーを目指すみなさんへ
 第4章 思い出の実況トークその2
 第5章 アスリート達の言魂
 第6章 そして…最後に


私にとって三宅正治さんはアナウンサーの中で最も記憶・印象に残る人です。
それはある実況中継を聞いてからでした。

本書にもその事が記載されていました。
というか、私が読んだのも一点集中、その時の話を読みたかったからです。
読みながらも、生中継で見ていた私の記憶も蘇って悲しくなりました。

それは、F1 第3戦サンマリノGP イモラ・サーキットでのアイルトン・セナの事故でした。
私は決して熱狂的なF1ファンでは有りませんでしたが、それでも当時はレースの度に次の日は
F1の話題で持ち切りでしたから、自然と引き込まれてどんどん詳しくなって行きました。
当然、セナのファンでした。
シューマッハが出てきて世代交代の時期に差し掛かっていたと覚えてます。

そしてイモラ…
リアルで三宅アナの報告を聞きました。
三宅正治アナウンサー、今宮純さん、川井一仁さんのボロボロの実況報告でしたが、今でも脳裏に焼きつくような場面でした。
涙に溢れた中継でしたが、あれほど心感じる中継は無かったと思います。
本書では、その事をしっかりと触れています 
 … というか、これまで話したりされなかったようですね。
(私も三宅さんが語っていた事を聞いた覚えなかったですし。)
私にとってはその部分だけで、そうだよねって。
よくぞ書いてくれました、十分ですって。(涙)

アイルトン・セナ 1994年のイモラでの実況報告
http://www.youtube.com/watch?v=hihC6BmPee8&feature=related

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3158524
カイジ―賭博黙示録 (1) (ヤンマガKC (608))カイジ―賭博黙示録 (1) (ヤンマガKC (608))
(1996/09)
福本 伸行

商品詳細を見る

逆境無頼カイジ 1 [DVD]逆境無頼カイジ 1 [DVD]
(2008/01/23)
内田直哉津嘉山正種

商品詳細を見る


「カイジ 人生逆転ゲーム」公式サイト

映画が封切られましたね。
ネットのネタバレで見る限り原作の忠実なようです。

原作の漫画は今から10年以上前の1996年です。
当時の賭博黙示録は同僚が読んでいましたて、勧められましたので取りあえず最後まで読みました。

が … 真面目な話、途中で気持ち悪くなったりしました。
スプラッター映画のようなゲロい場面が有るわけではないですけど、極限の状況で人の暗部をこれでもかと暴きだしている描写に、ドキドキするより見てはいけないものを見た感じがしたからねぇ~。

なんで、娯楽で漫画読んでるのにこんな不安な気持ちで読まなきゃならんのかと、エラく不条理な気持ちにもなってました。
それでも、怖いものみたさというか結末を知りたくて、頑張って最後まで読みましたけど。(苦笑)

賭博破戒録が始まってからは再生拡大方式だろうと思い、以降は読みませんでした。
しかし、映画で漫画以上の感覚を出せるでしょうか?
(この感覚を表現する言葉が出せないのですけど)
藤原竜也さん、香川照之さん、天音有希さん、友情出演ながら松山ケンイチさん等々、配役的に見る限りはいいんじゃないかなと思っていますが、あの雰囲気以上を出せるとしたら、逆に見ないかもですねぇ~。

しかし、よくよく考えてみると、最近、私が面白いとか言っているのって、ライアーゲーム DVD BOX とかハゲタカ DVD-BOX とか、お金に執着している事から始まり、振り回させられる展開ばかりです。
これって、お金かそれ以外の価値に関しての私の深層心理を表しているのかもって … 
そういえば最近、恋愛物って読んでも見ても展開の素晴らしさに感動する事はあっても、自分を投影できないですもんね。(苦笑)



ライアーゲーム DVD BOXライアーゲーム DVD BOX
(2007/10/03)
戸田恵梨香.松田翔太

商品詳細を見る


映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]
(2010/01/15)
大森南朋玉山鉄二

商品詳細を見る


ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
(2007/07/18)
大森南朋柴田恭兵

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


間もなくDVDも出るでしょうから、既読かネタバレ結構と思う方のみ読まれたほうがよいかと …

とにかく、よかったぁ~というのが感想。(笑)
特に結末。

なんせ、ストーリーは驚くような内容で、恐ろしくヘビィーです。
レイプされた母親から生まれたのが弟の春。
語り部は、兄の泉水(イズミ)。
暗い過去をもっている兄弟が放火事件を追っかける事がメインの展開。

ここから、後半はもっと暗い。
兄も弟も、そのレイプ犯に復讐する事を別々に狙っていた事が最後に判明する。
結末は弟が父親でもあるレイプ犯を殺害するんですけど …

ねぇ~、くら~いでしょう。
しかし、最後に全てが分かった時は一時的に暗いのですが、
読んでいる最中はミステリーチックで興味もそそられるし、
殺害直前迄もそんな展開になるとは思いもしないから、
どうなるんだろうと思いながら、ドキドキして読めました。

その後、悲劇的な終わりを予感しながら読むも、
最後は、私には爽快で温かい結末でした。
自首するという弟を兄が止めるという …

ほんと、ストーリーだけを抜粋すると真っ暗な感じですが、
種あかしされるまでは暗く感じませんし、
結末直前は悲しい結末しか想い浮かばなかったけれども、
最後に、ふわっと春風を感じました。

家族愛が主題の小説であり、倫理的・道徳的に問題がある結末ですが、
私は完全納得の終わりです。
家族に対する想いがあれば、誰であっても心揺さぶられると。。。

本を読んで十分、感動しましたから、逆にDVDを見てから、本を読めば良かったかなと思ってます。



DVDも間もなく出るので、見るのが楽しみです。
結末は微妙に変わるのかもしれないですね。

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
あぶさん 94 (ビッグコミックス)あぶさん 94 (ビッグコミックス)
(2009/07/30)
水島 新司

商品詳細を見る


あぶさん (1) (ビッグコミックス)あぶさん (1) (ビッグコミックス)
(1974/06)
水島 新司

商品詳細を見る


さようなら、背番号90 最後の打席も「物干し竿」

現役引退というのを上の記事で知りました。
この日が来るのが、恐かったぁ~、ありがとう~とぉもよ~、さらば … ってハイセイコーじゃなかった。
漫画週刊紙買わなくなって久しくなるので、最近は全く知りませんでした。
さっちゃん(桂木サチ子と)と結婚して、子供(景虎でしたっけ?)もできた辺りから、読まなくなってましたからね。

引退は、いつか来るとは思ってましたけど、最終回ではないと知って驚きですね。
ありきたりの監督、コーチでなく、メジャーでも行けばいいのにと思いますが、どうなることやら。(笑)

思い起せば、初回の漫画も憶えてまっせ。
かっとばして、ヘルメットにゲロはいた場面は何十年たっても忘れられませんなぁ~。
年とっていい事って、こういった事ぐらいでしょうから。(笑)

あぶさんがアニメ化された無いといったのも、当初から読んでいる者としては、なんかわかります。
初回から、あぶさんは地味なオヤジで、味の世界ですからねぇ~。
(最初はちょっとギラついて、ちょっとアウトロー的でもありましから。)
酒とバットと野球と選手 … 最高でした。



あぶさんだけでなく、水島先生の漫画には少年時代、熱くなりました。
景虎のキャラには、男どアホウ甲子園の藤村甲子園を思い起させるものがあり、時代はめぐる感じでしたし …

ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)ドカベン (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(1972/11)
水島 新司

商品詳細を見る


ドカベンは、最初は何故か柔道だったし。(笑)
明訓高校が敗れた回は衝撃的でした。
その他にも光の小次郎や球道くんや、なんやらかんや読んでましたが(笑)、
特に好きだったのが、これ。

野球狂の詩 (6) (講談社漫画文庫)野球狂の詩 (6) (講談社漫画文庫)
(1995/08)
水島 新司

商品詳細を見る


水原勇気編から人気が出ましたが、それ以前がオムニバス形式で、各選手が主人公で実に泣かせられました。
岩田鉄五郎、火浦健、国立玉一郎、富樫平八郎、日下部了、千藤光、日の本盛、その他モロモロ。

富樫平八郎の「ウォッス10番」「ガッツ10番」「スラッガー10番」
火浦健の「北の狼・南の虎」
国立玉一郎の「スラッガー藤娘」
いや~、今、考えても名作だと思います。

野球狂の詩 火浦健編 (プラチナコミックス)野球狂の詩 火浦健編 (プラチナコミックス)
(2003/07/09)
水島 新司

商品詳細を見る


水原勇気以降も、武藤兵吉など脇でも泣かせられましたけど、漫画だけで終われば良かったと思います。(苦笑)
野球狂の詩 (9) (講談社漫画文庫)野球狂の詩 (9) (講談社漫画文庫)
(1995/09)
水島 新司

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 終末のフール 
 太陽のシール 
 篭城のビール 
 冬眠のガール 
 鋼鉄のウール 
 天体のヨール 
 演劇のオール 
 深海のポール 


フィッシュストーリー [DVD]がイタく気にいった爽快結末で終わったので、読んでみました。

地球滅亡をしった人々が描かかれているぐらいの予備知識で読み始めましたら、いきなり、韻を踏んだ目次が目に飛び込んできて、オムニバス・短編集なんだと思いこんじゃいました。
読み進むと、ある団地のある棟の人達それぞれが、各章の主人公で繋がっていましたね。

小惑星によって地球が滅亡するといった点が、フィッシュストーリー [DVD]と同じでしたので、かぶっている点もありましたが、逆にそれが良かった。

全般的に良かったですが、私にとって一番は”太陽のシール”。
ホント、泣けたね。
ボロ泣きではないけど、じわっと感動と歓喜の汗が目から落ちますた。(笑)
”篭城のビール”もよかったよ。兄ちゃんの意志がなぜかよく感じられたような…


世界感が繋がっていたDVDを見た後だったので、尚更、良かった。
出来れば、”終末のフール”を読んでフィッシュストーリー [DVD]の順番なら、最高に良かったんですが、これは”たられば”ですね。

なぜかは、”終末のフール”の主人公達を知って、フィッシュストーリー [DVD]の結末を知れば、ご理解頂けるかと思います。
多分 … いや、絶対だな。(爆)



冒頭のこの言葉は知ってましたが、誰が言っていたかを知りました。

 Today is the first day of the rest of your life
 今日は残りの人生の最初の日 - チャールズ・ディードリッヒ


その他にも、生き方を考えさせられた言葉に出会えて、小説もいいものだと感じてます。
俄然、伊坂幸太郎さんに興味もちましたね。(かなり、遅いのが残念ですけど。)

フィッシュストーリー [DVD]フィッシュストーリー [DVD]
(2009/09/25)
伊藤淳史高良健吾

商品詳細を見る


フィッシュストーリーは再度、見直しましたが、やはり実によく出来ている。
再鑑賞して、ちょっと流していた部分に気付き、物凄く損した気分が。(笑)
オチ直前の場面、飲み屋でフィッシュストーリーの本ができる経緯の話をしていたところです。
フィッシュストーリーの意味は、ホラ話ということから始まっていた部分ですけど、ここ重要でした。(涙)

いや、それぞれの場面も流すと、もったいないからですねっ!
初めて見る時は、最初から最後まで集中すれば、ど爽快な結末を味わえますから。
それと、フィッシュストーリーという歌もいいですねぇ~。

フィッシュストーリーフィッシュストーリー
(2009/02/25)
逆鱗×斉藤和義いっとくブラザース

商品詳細を見る



過去の伊坂さん原作の映画も、個人的にはハズレがないですね。
死神の精度(映画)は終わりが実に気に入ってるし…

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
(2008/01/25)
濱田岳瑛太

商品詳細を見る

陽気なギャングが地球を回す (レンタル専用版) [DVD]陽気なギャングが地球を回す (レンタル専用版) [DVD]
(2006/10/25)
不明

商品詳細を見る

Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/08/27)
金城武小西真奈美

商品詳細を見る


こなると、今後でてくるこの2作は外せないですね

ラッシュライフ [DVD]ラッシュライフ [DVD]
(2009/10/23)
堺雅人寺島しのぶ

商品詳細を見る


重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/03137102
モダンタイムス (Morning NOVELS)モダンタイムス (Morning NOVELS)
(2008/10/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


珍しく小説を知人に借りまして、早めに返却しなくちゃと一気読みしました。

システムエンジニアの渡辺拓海が、行方不明になった先輩の仕事の後始末から事件に巻き込まれる展開。
「検索より監視が始まる」との言葉から抱いたイメージとは違っていましたが、開発の中で「検索」がキーポイントとなってストーリーが進むところが、すんなりと受け入れられましたし、幾つも伏線があって楽しめました。
実際、アクセス解析ツールやアドレスで個人も特定できる時代ですから、警察でも有る程度可能でしょうし、国家レベルで取り組めば特定した情報に対する個人アクセスを監視する事はできると感じます。

登場人物も面白かった。
奥さんの過激さが主人公より面白かったですが、奥さんから雇われた暴力業の岡本もイケてました。
この二人の暴力系は、個人的に特にヨシ(笑)

安藤商会は不要とも感じましたが、これは前作 魔王 (講談社文庫)の流れだったのを読み終わって知ったので納得。

特に描写がキツかったわけではないですが、拷問のシーンは辛かったですね。

かなり厚めの本だったので飽きずによめるかと心配おしましたけど、エンタメながら身近なウェブがちょっと関わっていたので、半分リアルな世界を意識しながら読めたのも良かったようです。

死神の精度 (文春文庫)もそうでしたが、読みやすさと展開の面白さで売れているのが良くわかった長編小説

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3052976
映画365本 DVDで世界を読む (朝日新書)映画365本 DVDで世界を読む (朝日新書)
(2009/05/13)
宮崎 哲弥

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 
 第1章 政治   
 第2章 メディア
 第3章 法と秩序
 第4章 文化と歴史
 第5章 生と死
 第6章 宗教と思想
 第7章 倫理と社会
 第8章 特別編—オールタイムベスト50


映画に関する事と著者が宮崎氏でしたので、衝動買いしました。(笑)

本書の出だしに「本書は所謂シネフィル(映画愛好者、映画通)のためのものではありません。
また、立派なシネフィルになるための手引きでもありません。」と書かれてます。

「常に何かの目的をもって見ており、面白くて役にたつ映画を紹介するという目的の本」ということみたいです。
評論の最後に、人生・思考・社会・仕事・恋愛・家庭の各分野からみて★印五段階評価してます。

しかし、凄いです。
まず、内容以前に宮崎氏のような立場になれば忙しいでしょうし、その中で映画見て、背景も調べて、評論を本にするですか … いや、ホントすんごいし面白かったですし、もう十ん分なくらい学べました。(笑)
(シネフィル向けでないと宣言されているにしても別の意味でも濃かったですし。)
人の評論読むより映画見れば?とも考えられでしょうけど、この辺りは個人の嗜好もあると。


とりあえず、この本に書かれている中でどのくらい見ているかとカウントしてみると …

 第1章 政治     - 6本中3本   
 第2章 メディア   - 8本中2本
 第3章 法と秩序  - 6本中4本
 第4章 文化と歴史 -11本中8本
 第5章 生と死    - 9本中3本
 第6章 宗教と思想 - 5本中4本
 第7章 倫理と社会 - 5本中4本

全50本中、28本と予想以上に見てないですねぇ~。
宮崎氏よりは時間あるんと思うんですけど。
全て洋画でしたので、売れたら邦画編とか考えるでしょうか?(爆)

読めて良かった評論(当然、私も見ていて好きなヤツ)

プライベート・ライアン
ブラックサイト
ドリームガールズ
バタフライ・エフェクト
プレステージ
プラダを着た悪魔


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3116429
流星ワゴン (講談社文庫)流星ワゴン (講談社文庫)
(2005/02)
重松 清

商品詳細を見る


小説は特定の著者でないと読まないタチなんで、極めて間口が狭く感想も出ずらいタイプです。
で、重松清さんの著作、初読みです。(「その日のまえに」と同時並行して読みました。)

基本的にはSFで時間が関係する物はすきなんですが、もう、ぐったりしてしまいました。
長編小説の割には読む事にそれ程苦労はしませんでしたが、2作とも題材が重すぎて。(涙)

 妻がテレクラ狂いで離婚を申し渡され、子供は引きこもりで家庭内暴力?、
 父親とは若い時代から不仲で、既に死の床。
 主人公はボロボロの状態で、ワゴンに乗り過去の人生をリプレイしてくる。
 人生のリプレイが終わった時点で死亡らしい。


大雑把なあらすじですが、このあらすじを知っていれば読まなかったと思う。(笑)

解説にも有りましたが、「バック・トウ・ザ・フューチャー」や「3人のゴースト」を思い起させる部分もありますが、年齢的に実感が有りすぎて、エンタメとかファンタジー的には読めませんでした。
若い時に切実味を感じないで読んだ方が良かったかな?
でも、それじゃ迫るものを感じず、印象に残らなかっただろうな。

死を題材にしてるんで、目を背けて読むか途中で止めればよかったんでしょうが、もったいなくて。
まぁ、結末というか決着のつけ方は良かったです … 「流星ワゴン」は。(涙)

 けっきょく、そうなんですよね、運命なんでしょね。
 原因をさかのぼって考えていけば、最後の最後は、
 なぜ自分は生まれてきたんだろう、になっちゃうんですよ。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2516641
ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)ストーリーメーカー 創作のための物語論 (アスキー新書 84)
(2008/10/09)
大塚 英志

商品詳細を見る


 【 目 次 】

  はじめに 人は機械のように物語ることができる

  第一部 創作のための五つの物語論
   第一章 物語の基本中の基本は「行って帰る」である――瀬田貞二『幼い子の文学』
   第二章 物語を構成する最小単位とは何か――ウラジーミル・プロップ『昔話の形態学』
   第三章 英雄は誰を殺し大人になるのか――オットー・ランク『英雄誕生の神話』
   第四章 世界中の神話はたった一つの構造からなる――ジョセフ・キャンベル『千の顔をもつ英雄』
   第五章 ハリウッド映画の物語論――クリストファー・ホグラー『神話の法則』

 第二部 ストーリーメーカー 30の質問に答えてあなたの物語をつくる
  第一章 Q1~16 主人公の内的な領域を設計する
  第二章 Q17~30 物語の構造を組み立てる

  あとがき
  巻末付録 書き込み式「ストーリーメーカー


 私は小説を読む時も、映画を見る時も、ストーリーとか展開に関して詳細には考えないタイプです。ストーリーを細分化、部品化して順番がどうであるとかを考えたり、全体を図式化して分析すればもっと語れるのでしょうが … 

 生来、大雑把でめんどくさがりなんで、感性(というほどのもはないが敢てたとえると)で感じるままにと。文芸部や演劇部などに所属していれば少しは違ったかなと。ちなみに、弟と妹は学生時代、それぞれに入部して活動していたので、兄弟の中では私が最も深みがない軽いタイプでした。(笑)

 今、書店に行って映画関係の棚に行くと、脚本や映画製作の方法論などで面白そうな著作もあるので、10~20代に興味を持って学んでいればより深く感じる事もできかたかなと、最近つくづく思ってます。

 といった意味で、非常に興味をもって読みましたが、私にはちょっと内容が濃かったですね。(笑)
やっぱり、モチはモチ屋だと …

 しかし、”第二部 ストーリーメーカー 30の質問に答えてあなたの物語をつくる”はQ&A形式で、”巻末付録 書き込み式「ストーリーメーカー」”それが5~6ページにまとめられていたりと、実用的です。面白そうなんで、とりあえず、トライしていますが、細かい設定が???になったり、何を主題としたいのかが曖昧であることに気づいて、すぐに固まっちゃいました。(笑)
まぁ、私にはレベル高かったですが、書きたいストーリーがあっても手が進まない人には、有用な1冊じゃないかと。

時計じかけのハリウッド映画―脚本に隠された黄金法則を探る (角川SSC新書 30)時計じかけのハリウッド映画―脚本に隠された黄金法則を探る (角川SSC新書 30)
(2008/02)
芦刈 いづみ飯富 崇生

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3046495
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。