1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラマンネクサス Volume 6 ウルトラマンネクサス Volume 6
特撮(映像) (2005/06/24)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る


書評を中心に書いてきたブログですが、
音楽、映画、テレビとエンターテイメントも記事に載せてきて、
"個人的な感動コンテンツの紹介ブログ" 的になってきた感があります。

あくまで、書評中心で書いているつもりなんで、
いくらなんでも、ウルトラマンはないだろうと…
しかし、書くと決めましたので、前置はこのぐらいにします。

-----------------------------------------------------------------

Ultra N Project第2弾として制作されました。
しかし、暗く鬱々とした展開で、視聴率・玩具売上の不振により
ウルトラマン番組史上初の途中打ち切りになりました。
(正確には短縮された。)

シリーズの中でも異質です。

・主人公は隊員の青年(孤門)で、ウルトラマンに変身はしない。
 (ナレーションはなく、青年が語り部として回想らしい)
・ネクサスに変身する人間は複数である。


その時は、 "最近のウルトラマンも変わったな~" ぐらいのイメージでしたね。

始まってから、数回みましたが、ストーリーも暗く鬱々とした展開でした。

1人目の主人公である、姫矢(ネクサスに変身する人)は、
かつて命を助けられた少女を、助けられず失ってしまう。
その後、ネクサスの力を得るが、過去に悩みながら闘っていく。


で、ある朝、たまたま見ていると (まだ、24話でしたが)、
かなり切迫していて、最終回のようなストーリーでした。
(最終回にしては早すぎるな と不思議な感じでしたが)

で、メフィスト(悪役)との闘いで、最後に、
ネクサスが自分の命を賭けて、二人とも消滅 …

かなり、びっくりしましたね。 (子供番組・ヒーロー物としてですが)
私の時代のヒーローは不死身ですから、基本的に死ななかったんです。

しかし、ストーリー的には、姫矢(ネクサス)は完全に消滅してしましました。
番組開始時の、複数の主人公の意味がここでわかりました。

-----------------------------------------------------------------

そして、ここからが本題というか、
個人的な意味合いで、衝撃的でした。

孤門(語り部役)の前が白い光で輝き、
その中から姫矢が孤門に語りかけます。

孤門、光は絆だ。誰かに受け継がれ、再び輝く


光はネクサスの事です。
自分が消えても、次の人間(ネクサス)に受け継がれる事を、孤門に伝えたんですね。

この後、最終話までの展開で確信しましたが、光とは命も意味していると…

「生命の暗号」の村上和雄著(遺伝子解読の権威)や、その他で、
大きな意味(人類)での進化・引き継がれは学んでいたつもりでした。

ただ、自分の人生での別れについて、未決だった部分が明確になりました。
ここでなくとも、この考えにはどこかで、巡りあっているのかも知れません。
ただ、ストーリー、映像での印象でより強くイメージつけられたのでしょう。
人は物語で理解できると。

子供番組でしたが、人の命における心に残った言葉でした。

"光は絆だ。誰かに受け継がれ、再び輝く。"


"いつの日か、どこかで、ネクサス(次の世代で)、
 光として輝け、いのち!"


Makeup Life!

今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。