1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル【DVD】仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル【DVD】
(2010/10/21)
桜田通

商品詳細を見る


TVシリーズが非常に面白かったので、仮面ライダーシリーズでは電王系の映画だけはとりあえず見てきた。
はっきり言って劇場版の第1作以外は、あまりいい印象が無い。もっといいストーリーにできないのかなって。
まぁ、子供向けだからしょうがないかもしれないが、TV版が良くできていたし、劇場版も自分の両親を垣間見るシーンなどが実に良かったんでねぇ …

で、本作なんですが、これが実に良かった。
時・時間が重要なポイントになる電王シリーズの良さを見事に表現した作品でしたね。
と、いうかこれ子供にわかるのかな?って。

上原美来(高山侑子さん)のドッペルゲンガーが出てきた時に謎はすぐにピンときたけど、それでも泣ける。
おばあちゃんの上原早苗(草村礼子さん)の全てを見通していた演技も良かったし …

年を経れば経る程、分かるよな、これ。
なんと言っても、エンドロールの後のシーンが完璧。
見事なエンディング。
泣きの一手の電王名作。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
仮面ライダー THE NEXT仮面ライダー THE NEXT
(2008/04/21)
加藤和樹、石田未来 他

商品詳細を見る

仮面ライダー THE NEXT コレクターズエディション仮面ライダー THE NEXT コレクターズエディション
(2008/04/21)
加藤和樹、黄川田将也 他

商品詳細を見る

仮面ライダー The Next 公式サイト

『仮面ライダー The First』 の単発かと思っていましたが、続編 風見志郎の巻まで出るとは。
正直な所、絶賛・お勧めではないが(笑)、見ずに捨て置けない。

『仮面ライダー The First』 は、この手の映画いとしては、本格的で非常に硬質な出来だと感じていた。
特撮・SFの世界なので、ストーリー的に高める事が難しく、悪役のデフォルメがなんとも言えない部分もあるが …

ただ、本郷猛の初代ライダー号の造形・色合いは、史上最高の出来だと言える。
単色で地味ながら、これこそが"カッコイイ"の原点。



そして今回の『仮面ライダー The Next』 は、ストーリー的に原点の原点に立ち返って、それ以上に強烈に主張している部分があった。
当初の仮面ライダー(旧1号の本郷猛時代)は、怪奇チック・恐怖物の部分があったが、今回は部分・部分が、まさにホラーです。(真面目に、恐怖とグロ感があった。)
サイクロン・タイフーンの造形も古の味があったし。

V3の造形も、渋めの色合いで造形も申し分ないと言うか、それ以上だったかな。
風見志郎役の加藤和樹も、見目や雰囲気は実に風見志郎だったし、風見志郎のライダーの原点、妹への思いも良かった。
泣けたよ 魂の叫びとともにダブル・タイフーンを起動させ、炎を全身にまとい妹へ向かう姿には …
赤い仮面は、血涙の色だな 


すべてを超える

仮面ライダー THE FIRST仮面ライダー THE FIRST
(2006/04/21)
特撮(映像)、長石多可男 他

商品詳細を見る

仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション
(2006/04/21)
特撮(映像)、長石多可男 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
人気ブログランキングへ
Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2008年 03月号 [雑誌]Newtype THE LIVE (ニュータイプ・ザ・ライブ) 2008年 03月号 [雑誌]
(2008/02/01)
不明

商品詳細を見る



相変わらず、前衛的な手法で制作されている仮面ライダーシリーズ。

1.1986年と2008年の二重構造。
2.父が出会ったファンガイアと、息子がと闘う。
3.母と娘が同じファンガイアと闘う。


設定での特徴

1.キバ
 ①ベルトに人格がある。
  物凄く古くは、三ッ木清隆のESPの小鳥型サポートロボット「チカ」
  相棒が未熟な主人公のチューター的役割を担う。
  最近では結構見る、設定だ。 
 ②モチーフは吸血鬼
  古くは黄金バット、最近ではバットマンの影響ありかな。
  キックの時の紋章は、バットマン風だな。
  
  キック時に背景が暗くなるのはバンパイアだからか?
  (月は満月から三日月に変わっていく。)
  闇でのパワーがアップするのを暗示している。

  通常は、右足が鎖で縛られているのは、パワーを閉じ込めているからか?

 ③関係はまだ不明だが、従者が3名いる。
  狼男・半漁人・フランケンですか。
  怪物くんを思い起こさせますね。

2.紅渡も紅音也も、今でいうKY
  音也は、女好きの軽薄系? どちらかと言えば、ショウユ顔。
  渡は引きこもり。 まさに乙面。

3.女性親子
  麻生ゆりは、トゥームレイダー風の一匹狼風系。 犬に弱い。
  麻生恵はグループ構成員的。 イケメンに喜んでいたので軽めか?


今後もアイデアがドンドンつぎ込まれそうです。

あとは、現時点の謎。

1.なぜ、息子はキバとなり、戦わなければならないのか?
2.ファンガイアとは何者なのか?
3.バイオリンの意味とは?



親子2代に渡る、ドラマの基軸を早く知りたいですね.

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
仮面ライダー電王 VOL.1仮面ライダー電王 VOL.1
(2007/08/03)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る


「最初に書いておく!  
 
 今日は、お別れのモニュメントだ!」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 「モモタロス」
 「なんだ」
 「望みを言うよ」
 「言っとくが、できねえ望みは聞かねえぞ」



  「僕と、最後まで一緒に戦ってくれる?」

  「お前の望み、聞いたぜ。」



イマジンらしい口調のモモタロスでしたが、まさに契りでしたね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


そしてハナが、愛理と侑斗の子供から繋がる「未来の特異点」。
ウラタロスキンタロスもナオミが過去から連れ戻してきたし。




仮面ライダー電王 VOL.2仮面ライダー電王 VOL.2
(2007/09/21)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る


仮面ライダー電王 VOL.3仮面ライダー電王 VOL.3
(2007/10/21)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る


仮面ライダー電王 VOL.4仮面ライダー電王 VOL.4
(2007/11/21)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る



デネブは桜井が託していた最後のカードを侑斗に渡し、侑斗、最後の変身。
ずばり、予想通りのキメ台詞。


 「最初に言っておく、

  俺たちはか~な~り、強い!」



仮面ライダー電王 VOL.5仮面ライダー電王 VOL.5
(2007/12/07)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る



ジークも出現、よし!です 最終回はこうでなければ。

「降臨、満を持して。

  家臣一同、心おきなく戦うがよい」



仮面ライダー電王 VOL.6仮面ライダー電王 VOL.6
(2008/01/21)
特撮(映像)、佐藤健 他

商品詳細を見る


侑斗とデネブの合体での、デネブ最後のセリフ
デネブらしく、決めましたね。(笑泣)


「最後に言っておく、侑斗をよろしく!」

  「おまえ … バカ!」




最後はモモタロスに変身して

「俺、参上!

 良太郎、いくぜ、いくぜ、いくぜ!」



締めは四人で!

モモタロス  「おめ~ら、いくぜ!」

ウラタロス  「いいよ」

キンタロス  「泣けるで!」

リュウタロス 「いぇ~い!」

ジーク     「…」 



   「正真正銘のクライマックス 

      俺の必殺技 … ファイナル・バージョン」



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

戦い終わって … いきなり(笑)

消えたと思われて、隠れていた時にモモタロスが手にしていた

  「俺!参の手書きのプラカードが笑わせました。

最後まで、相変わらず5人のバラバラ感で笑わせるし。

せっかく真面目なシーンだったのにw



デネブは最後まで、侑斗のお母さんでしたし … (笑)



愛理さんは病室で、桜井に触れることができましたね(泣)

「守れたのね … 私たちの未来

  わかっている。 いつか、きっと …」




デンライナーの中でのモモタロスの無言に、別れの寂寥感が …

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

そして、ラスト・シーン …

デネブ    「野上! さよなら!」

ジーク     「う~ん、愉快であった」

ウラタロス  「じゃあね」

キンタロス  「俺の強さにお前が泣いた! ぐぅが~」

リュウタロス 「楽しかったよね! 答えは聞いてない!」


モモタロス  「また逢おうぜ!」

良太郎    「いつか! 未来で!」



クライマックスよ、再び!




そして、時計は未来に向かって、右回りに動きだす。


「最後に書いておく!  
 
  見事だ! 全く不満はない!」



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
DETAIL OF HEROES 仮面ライダー電王特写写真集 (DETAIL OF HEROES 1)DETAIL OF HEROES 仮面ライダー電王特写写真集 (DETAIL OF HEROES 1)
(2008/01/19)
不明

商品詳細を見る


上の画像です。
電王特写集



最終回を明日に控え、クライマック状態です。

アマゾントップセラー100の25位以内に、電王関連本が3冊ランキングされてます。

DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本 (ミリオンムック 6)DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本 (ミリオンムック 6)
(2008/01/18)
不明

商品詳細を見る


仮面ライダー電王フォトブックIMAGIN仮面ライダー電王フォトブックIMAGIN
(2008/01)
CAST-PRIX PREMIUM編集部

商品詳細を見る


COMPLETE CD-BOXも発売され、映像関係も盛り上がってますね。

仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)
(2008/01/16)
TVサントラ、AAA DEN-O form 他

商品詳細を見る


これは、ファンでなければちょっと引くかもしれません。

Climax Jump DEN-LINER form (PV FULL Version)



Climax Jump DEN-LINER form (てんこ盛りフル)を、歌詞に合わせて編集してます。
よく作られていると思います。




第1話からの予告集です。
クライマックスへの歴史を感じ、明日に備えましょうかね。




Climax Jump DEN-LINER form PVの冒頭の言葉も印象的でした。

最初から最後までクライマックスだった人々にこの曲を捧げる

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
仮面ライダー電王フォトブックIMAGIN仮面ライダー電王フォトブックIMAGIN
(2008/01)
CAST-PRIX PREMIUM編集部

商品詳細を見る


このブログを読まれた方は、「電王」ブログと勘違いするでしょうね…

そういった目的で書き始めた訳じゃないですね。
何かを感じた「トレンド」について、どんな「エッセンス」を見たかを、つれづれなるままに記すつもりです。

電王については最終回目前で、クライマックスのフレーズから、どんな結末になるかの単純な好奇心からです。


≪ 電王に関しての総まとめ ≫

開始時は、「もはや仮面ライダーではない」との評判と同様の感想でしたね。

特に、モモタロスのソードフォームに至っては、地に落ちたお笑いライダーと言うか、ギャグだろうとしか …
小学生低学年でも受け付けないだろうから、幼稚園向けかと …
製作側にとっては、インパクトをとの事でしたからわからんでもないですが、慣れというのは恐ろしく、最近ではいとしさを感じる事もあり、苦笑いです。

イマジンたちの顔も、マジマジと見れば子供が受け付けられないような「怖いお面」にみえました。

カブトの曲「Next Level」・「Full Force」が力強く、個人的に深い意味を見いだせる歌詞でしたので、OPの「Climax Jump」は曲調が軽く、ほんと幼児向けだなと。



しかし、数話見た時、かなり衝撃をうけたね。

過去、龍騎でも「他の生き物」との契約によって力を得る事はありましたが、そこに明確な精神的キャラクターは存在してなかった。
「555」では本人自身が怪物ある為、歴然とキャラはあったが、あくまでライダーの一人としてでしたから。

「電王」では契約イマジンに明確なキャラがあり、かつ、キャラ立ちしており、声優の声とスーツアクターによる演技で、卓抜した存在感がでており、唖然。
全般的な喜劇的要素も一層、それらに絶妙にマッチさ・せ・ま・し・た・ね。



中盤以降は「良太郎」が史上最弱であったことも幸いして、主人公の成長が判りやすかった。

それと、喜劇的要素とは真逆の恋愛要素(愛理と侑斗の物語)が凄い。
歴代ライダーの中でも、これほど男女の恋愛が主題となり悲哀感があるのは … 
謎が解かれてきた今、恋愛を超えて「次世代の子供」も鍵となるのが画期的。

「Climax Jump Den Liner Form」に至って、恥かしながら「Climax Jump」の素晴らしさが判りましたが、
「Climax Jump Den Liner Form」こそが、真の主題歌と思っています。



時間がキーであり、ストーリー上の謎やタイムパラドックスには興味ありましたが、それらを包括する深いモチーフもあったし。

あと、30分感で物語は終わり、僕たちが見れない「もう一つの物語」が始まる事を期待して、座して待つのみ。

「人が憶えていれば、その時間は存在する

        … 人の記憶こそが時間なんだ」


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
ニコニコ動画で見た電王関連の映像で、感動したものです。

 The past should give us hope.

   - 過去が希望をくれる 



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!
(2008/01/21)
陣内智則、星野亜希 他

商品詳細を見る


時期外れですが、偶然見る機会がありました。
TVも最終回目前という事があって、参考になるかなって … 

ストーリー的には単体でもいいでしょうし、確かTVとリンクしている事もあるんで、TVとリンクさせてもいいんだろうと…
4イマジンが一緒に戦うといった部分もあり、劇場版としてのウリはもちろんの事、電王らしいお笑い部分もあり、
娯楽作品として十分でしょう。(子供用作品として十分面白いですね。)



しかし、単細胞で、強がりのモモタロスは、お笑い用の挙動のみでなく、「泣かせ」部分ではセリフも含め本当に感動する味だしてます。(モモ以外も同様ですが)
特に記憶をうしなった時と、戻った時のモモタロスのセリフとその反応などは …

実写でありながら、「しぐさと声だけ」でこれだけ表現できるのは、さすがプロのスーツアクターと声優ですね。
この部分はTV版の時から、衝撃的でした。
(この手の類を知らなかっただけかもしれないでしょうが。)



電王は、「時と記憶」が主題だけに、大人でも感じるシーン・セリフも結構ありますね。

「たった1日でも、一瞬でも、忘れたくない時間があるんだ … 失くしたくない時間が」

「人が憶えていれば、その時間は存在する … 人の記憶こそが時間なんだ」



良太郎の両親(愛理と良太郎も)をデンライナーから見るラスト・シーンにも、不覚をとりました。(泣)
(このシーンは、多くの記憶がある大人の方が、ツボにはまる気がする。さすが、泣かせの監督でした。)

  本物の写真は失ったが、手書きの写真が飾られている



  時は過ぎ、思い出の物がなくなっても、

    記憶(思い出)そのものは失ってはない




劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック
(2008/01/21)
白鳥百合子、佐藤健 他

商品詳細を見る
DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本
(2008/01/18)
不明

商品詳細を見る


深読みかもしれませんが、状況に合わせて、実に柔軟に番組が構成されていますね。
結構、予告やネタバレのネット反応も参考にしているんじゃないかな? 

AAAのOPが1回で止めたのも、反応見てかな?
最終回で、もう一度、AAAのOPか、OP無しか?
OP入れるなら、セリフてんこ盛りバージョンがイイと思うのだが …

で、流れを見ると …

1.まず、年度末予告で「俺の最期にお前が泣いた!」で、ゴン!
2.年末の特別版での予告で、最終回に全員揃う事を見せて安心。
3.2008年第一回では、OPはキンタロス版で、漢気泣き。

4.今日のOPは、2で安心させているんで、全員版。
5.「ウラ腹な別れ…」はキンタロスとの逆バージョンの泣き。(いい表現が見つからない)


リュウタロスが泣きの流れに入ってない事や、この2回の順番もこれでなくちゃいけないですね。
「俺の最期にお前が泣いた!」があって、「ウラ腹な別れ…」が生きてます。


キンタロスは、真正面から見つめる「腕組み仁王立ち」から、一回だけのさよならの手振り
 … 最後の言葉は、 「おおきに」 

ウラタロスは、無言の寂しげなたたずまいで見送り、粒子化する背中で語り、闘う。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最終回では、どうなるのか?

キンタロスとウラタロスはどのようにして戻ってくるのか?
  (ジークが関係しているのか?)
ジークはどのように登場するのか?
最期の変身は、ライナーフォームなのか?


そして最終回予告から、予想できるのは
まず、いい方面

 ・侑斗とデネブで、 「俺たちは、かなり強い」とダブルアクションで決める
 ・良太郎の最後の願い
   ・最後まで、一緒に戦う事
   ・ずっと、僕と一緒に入る事

 ・これは自信が無いが、
  「過去が希望をくれる」 … カードを使い果たした侑斗は、過去に戻り変身用のカードを
  (カードを使いきった時点で、誰のどんな記憶が失われたかも気になるが)


そして、悲しい方面

 ・侑斗が泣きながら一人でご飯食べていた。(多分シイタケ入りか?)
   … デナブはいなくなる? 愛理さん守るために仁王立ちか?
      (デネブのモデルは弁慶なので)

 ・良太郎が泣いていた
   … 世界を戻した後、タロス達はいなくなる?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キンタロス・ウラタロスとも変身の振り付けは、それぞれ、らしく美しかったな …

「僕、嘘泣きしかしたことないし」ってか …

でも、寂しく立ってこっちを見ている姿は、泣いていたよな … キモチで

消えゆく背中で戦い、見える姿は、

  キンタロス同様、気高き漢でした
DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本 (ミリオンムック 6)DEN-O PERSPECTIVE 仮面ライダー電王 公式読本 (ミリオンムック 6)
(2008/01/18)
不明

商品詳細を見る


深読みかもしれませんが、状況に合わせて、実に柔軟に番組が構成されていますね。
結構、予告やネタバレのネット反応も参考にしているんじゃないかな? 

AAAのOPが1回で止めたのも、反応見てかな?
最終回で、もう一度、AAAのOPか、OP無しか?
OP入れるなら、セリフてんこ盛りバージョンがイイと思うのだが …

で、流れを見ると …

1.まず、年度末予告で「俺の最期にお前が泣いた!」で、ゴン!
2.年末の特別版での予告で、最終回に全員揃う事を見せて安心。
3.2008年第一回では、OPはキンタロス版で、漢気泣き。

4.今日のOPは、2で安心させているんで、全員版。
5.「ウラ腹な別れ…」はキンタロスとの逆バージョンの泣き。(いい表現が見つからない)


リュウタロスが泣きの流れに入ってない事や、この2回の順番もこれでなくちゃいけないですね。
「俺の最期にお前が泣いた!」があって、「ウラ腹な別れ…」が生きてます。


キンタロスは、真正面から見つめる「腕組み仁王立ち」から、一回だけのさよならの手振り
 … 最後の言葉は、 「おおきに」 

ウラタロスは、無言の寂しげなたたずまいで見送り、粒子化する背中で語り、闘う。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最終回では、どうなるのか?

キンタロスとウラタロスはどのようにして戻ってくるのか?
  (ジークが関係しているのか?)
ジークはどのように登場するのか?
最期の変身は、ライナーフォームなのか?


そして最終回予告から、予想できるのは
まず、いい方面

 ・侑斗とデネブで、 「俺たちは、かなり強い」とダブルアクションで決める
 ・良太郎の最後の願い
   ・最後まで、一緒に戦う事
   ・ずっと、僕と一緒に入る事

 ・これは自信が無いが、
  「過去が希望をくれる」 … カードを使い果たした侑斗は、過去に戻り変身用のカードを


そして、悲しい方面

 ・侑斗が泣きながら一人でご飯食べていた。(多分シイタケ入りか?)
   … デナブはいなくなる? 愛理さん守るために仁王立ちか?
 ・良太郎が泣いていた
   … 世界を戻した後、タロス達はいなくなる?


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キンタロス・ウラタロスとも変身の振り付けは、それぞれらしく美しかったな …

「僕、嘘泣きしかしたことないし」ってか …

でも、寂しく立ってこっちを見ている姿は、泣いていたよな … キモチで

消えゆく背中で戦う姿は、キンタロス同様

 お前も、気高い漢だったな


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
Climax Jump DEN-LINER formClimax Jump DEN-LINER form
(2007/12/19)
ウラタロス,キンタロス,リュウタロス(関俊彦・遊佐浩二・てらそままさき・鈴村健一) モモタロス、モモタロス(関俊彦) 他

商品詳細を見る


残すところ、後2回となった「仮面ライダー電王」
色々、予想してきても中々、当りませんが。

愛理に子供がいて、それが「分岐点の鍵」だとは予想がつきましたが、子供が誰かがわかりませんでした。
登場人物の誰かであるのは、予想できますが …
未来は分岐しているはずですから、複数が子供の可能性はありますね。


ハナが赤ん坊か、その後の子供かは間違いないと思います。
カイも分岐した違う未来での、愛理の子供かも?とも思いますし。
良太郎も未来からきた、愛理・侑斗の可能性もありますし。

リュウタロスも、もしかしたらその他4人のイマジン達も愛理と侑斗に関連しているかもしれないとまで考えましたが …



イマジン5人の最後も予想しずらいです。
ここまでの展開上、間違いなく消えないはずです。
しかし、タイムパラドックスを発生させず、消さないストーリーがわからないですね。

デンライナーと共に、時間の波を旅していくのか?
人間の記憶が必要な存在だから、良太郎の記憶とともに存在が消えないのか?
契約は前回で完了しているので、再度、契約し、「願い」は「消えない事」とするのか?

未決部分は他にもありすぎて見えないですが…


 
今回は、ウラタロスがメインですね。
予告では、「ウラタロスの裏切り」と見えるのですが、「裏切り」は有りえないですね。
モモタロスも、きっとウラタロスの心は理解しているが、態度に出さないと思います。

『千の偽り、万の嘘』 の言葉の後に続く言葉があるははず … 『一つの真実』
言葉であざむき、行動で見せる、ウラタロスの「思い」

『千の偽り、万の嘘、そして、たった一つの真実』


 先輩~、良太郎の事は頼んだよ

 ばかやろう! この、カメ公、オマエも最後まで見ろってんだ!

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール>
Climax Jump DEN-LINER formClimax Jump DEN-LINER form
(2007/12/19)
ウラタロス,キンタロス,リュウタロス(関俊彦・遊佐浩二・てらそままさき・鈴村健一) モモタロス、モモタロス(関俊彦) 他

商品詳細を見る


 時間の波を捕まえて 今すぐ行こう約束の場所
 限界無限 いざ飛び込め Climax jump!
 いーじゃん! いーじゃん! スゲーじゃん!

 叶えたい夢があるなら 信じなくちゃ願った日々を
 Catch the wave  

 迷いそうな時必ず 想いの強さが導く 
 君が望む未来すでに  In your hands



笑ってしまうぐらい凄い事になっちゃいましたね、おじちゃん達(笑)
いきなり、オリコン・ランキング2位です。スマップに次いでです

Oricon Style - シングル デイリーランキング

Full Version を今回初めて聴きましたが、正直、いい曲ですね。
なんで、ここまでと考えると …

 1.TVの力
 2.曲・歌詞の良さ
 3.クライマッスでのタイミング
 4.そして、なにより裏方である声優陣のおじちゃんたちの頑張りですね。
   (異形のイマジンが歌う事も含めて)


リンク切れする前に一度は聞いてみてください。 アイドルでない、おじさんの頑張りを。

 始まりはいつも突然 運命をつれて行く
 Time tripin ride 
 不可能超えてつかみ取るさClimax

 変わることを恐れないで  明日の自分見失うだけ
 誰よりも高い空へ飛ぼうよ Climax Jump!
 いーじゃん! いーじゃん! スゲーじゃん!



Den-O Climax Jump DEN-LINER form (Full)



 始まりはいつも突然 運命をつれて行く
 Time tripin ride

 誰より高く  (いーじゃん!いーじゃん! スゲーじゃん!)
 昨日より高く (いーじゃん!いーじゃん! スゲーじゃん!)
 Climax Jump!

 いーじゃん! いーじゃん! スゲーじゃん!




  副題を考えて見ました(笑) お選び下さい。 

   1.オレの必殺歌 パートⅠ

   2.僕の歌にナンパされてみる?

   3.俺のウマさにお前が泣いた!

   4.感想は聞いてない!

   番外.電車うた  (歌手 : 良太郎)
 


仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX
(2008/01/16)
TVサントラ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX
(2008/01/16)
TVサントラ

商品詳細を見る


いや~、実に見事な、マルチメディア戦略番組です。
あきれるぐらい、次々とCDを出し、毎月の如く、変身フォームも出てきて、
玩具メーカーと音楽関連会社も、大満足な展開でしょう。

そして、とうとう、最後に「大の大人がここまでやるか?」バージョンが出ましたね。
「Climax Jump DEN-LINER form」ですが、PR映像が凄すぎます。

一瞬、誰かが編集して作ったかと思いました。 ここまでやれば、天晴れでしょう。(笑)

冒頭のクレジットは

  「最初から最後まで、クライマクッスだった人々に、この曲を捧げる」

 … とあります。

元ネタは → avex 映像インフォメーション 仮面ライダー電王

Climax Jump Denliner Form Demo PV



Climax Jump DEN-LINER formClimax Jump DEN-LINER form
(2007/12/19)
ウラタロス,キンタロス,リュウタロス(関俊彦・遊佐浩二・てらそままさき・鈴村健一) モモタロス

商品詳細を見る


で、前置き小ネタは終わりにして、タイムパラドックス的ストーリーの結末予想です。
第43話 サムシング・ミッシングまで見てですが。

ずばり、良太郎こそが侑斗であると予想します。
というか、特異点とは記憶の実体化ではないかと …
であるならば、過去・未来の出来事に影響を受けない事も説明がつきます。

「最終的な戦い」時に、愛理・侑斗とも記憶を失う。
今の侑斗(中村)はカードを使い切り、自分自身の記憶も失う。
その記憶が、特異点である良太郎になり過去に戻って、戦ってきた。

「侑斗の行っている、カードを使って自分の記憶を消す事」の矛盾も説明できます。(予定調和)
それと、良太郎に関する過去も思い出も、出てきてないような気がしますし。

侑斗と愛理さんの思い出も、侑斗の顔を良太郎が憶えていないのは、自分自身だから。
(愛理を見ている場面だけが残っている。)

「最終的な戦い」で、整合性がとれた世界に戻ってきた時点で、侑斗はデネブに
過去の侑斗と契約する事を願えば、これも矛盾しないと。

ただし、ですが、これだと、良太郎は最終的に消滅するか、
ずっと、タイムループの世界で戦う事になるんですね …
(モモタロスは永遠に暴れられるから、いいでしょうが)

自分の予想としては、ここが解決できないです。(ハナも説明つかない。)

良太郎とハナの正体が、キーです。

ただ、2人が、愛理と侑斗の未来の子供であると仮定すれば、
  もう少し整合性がとれた結論にもなりそうですが …

もう、これ以上は、無理です。
はずれても、いいんで、Happy End でお願いします。

ジャケット が グッド です。
仮面ライダー電王 オリジナルサウンドトラック Vol.2 Special Edition仮面ライダー電王 オリジナルサウンドトラック Vol.2 Special Edition
(2007/12/19)
TVサントラ

商品詳細を見る


  愛理さんにぁ~、ちあわせになってほしいっすね
            … ホント、年初から泣かさんでくれよ


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
Climax Jump DEN-LINER formClimax Jump DEN-LINER form
(2007/12/19)
ウラタロス,キンタロス,リュウタロス(関俊彦・遊佐浩二・てらそままさき・鈴村健一) モモタロス

商品詳細を見る


今回は、息抜きです。
できれば、軽く読んでいただき、お笑下さい。


主題歌、挿入歌を、アレンジを各出演者が歌い、次々とリリースしていきますね。

子供に販売する為の玩具も(大人もか?)、毎月のごとく出てきます。
まさに、アイデア、即、実行でビジネスの戦略的に見て、面白い実例でしょう。
(成功しているのかどうかは、不明だが…)


で、今回のリリース曲は、ツボに入りましたね(笑)
イマジンとして演技している人が主題歌を歌んですか … 昔では考えられないですね。

今回のこの歌を4人(匹?)で頑張って歌っている光景が、先日記事にした、イーグルス、ツェッぺリン等にダブリましたから。
(頑張っているなという意味以外の他意はありません(笑))

しかし、中々、味があり、正直、盛り上がりそうですね。
個人的には、拍手喝采です。

Climax Jump Deliner





  副題を考えて見ました(笑) お選び下さい。 

  1.オレの必殺歌 パートⅠ
  2.僕の歌にナンパされてみる?
  3.俺のウマさにお前が泣いた! 
  4.感想は聞いてない!
 


   番外.電車歌 (良太郎です)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
仮面ライダー THE NEXT (ザ・ネクスト) PREVIEW BOOK (プレビューブック) 2007年 11月号 [雑誌]仮面ライダー THE NEXT (ザ・ネクスト) PREVIEW BOOK (プレビューブック) 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/10/17)
不明

商品詳細を見る

いや~、すごいですね。
このリアル感というか、その時代を知っている人間にはたまらないですね。

当時、子供心にもちゃっちぃ部分を感じる事がありましたが、ここまで完璧な作りには感服です。
イメージ以上にかっこいいです。

”かっこいい”とか表現としては最低な楽ちん言葉ですが、正直、そう思います。

風見志郎の配役も、実に的確というかいい感じです。
(予告篇しか見てませんが、予告篇がいいですね・・・ 炎に包まれたV3。)

あとは、あとは、とにかく、絶対、脚本です。
お願いします状態です。

石森章太郎氏の原点、「異形の人間」の悲しみと、悲しみを超える部分も出てたらいいですね。

3ライダーともいいですが、1号が単色ながら実にいいですね。
赤いマフラーしてましたね~ 小学生時代。
(鼻水をぬぐってましたが(笑))

箇条書きの、小学生的感想でした。(笑)
見てから真面目に書きます。すいません。

映像がクリヤーでないですが・・・
興味がある人は公式ページで見れます。(クリヤーですごいいいです。)

仮面ライダー THE NEXT 予告編



  ”燃えるV3を見よ!”
      - ”萌える”じゃないぞ… 俺は、萌えているもしれんが

  ”叫ぶ本郷猛を聞け!”

    ”一文字!”

      - 俺はいっしょに叫んでるが … バカ丸出しだが、恥ずかしくはない。 
         酔っ払っているからだ!(笑 - 愛) おやすみなしゃい・・・


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール

仮面ライダーTHE NEXT オリジナルサウンドトラック仮面ライダーTHE NEXT オリジナルサウンドトラック
(2007/10/24)
小坂りゆ

商品詳細を見る


仮面ライダーThe Next 2008年カレンダー仮面ライダーThe Next 2008年カレンダー
(2007/09/24)
不明

商品詳細を見る
ここのところ、記事にしたい事が多く困っています。 とにかく、時間と体力が足りない状態で…

金曜から、徹夜近くで資料作成し、土曜は朝から資料説明、昼から6時間ぐらい飲み会で、19時ぐらいから爆睡でした。

朝5時過ぎに目が覚め、部屋を整理し(かなり乱雑な状態だった)、「ハゲタカ」の草稿を書き、朝食をとりながら、今日、1ヶ月ぶりに電王を見た。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


桜井侑斗君が中心の回であったが、実に秀逸な展開だった。

 侑斗君は、変身の回数が限られており、手持ちカードが無くなった時点で、有る物を失うと…
 これは、以前から判っていた事で、下僕のようなデネブ君と、主人公 良太郎君たちも、
 出来得る限り、侑斗君にカードを使わせないように闘っていた。


デネブ君が常々言っていた「侑斗は変身するために、あるものを消費してる。とても大切な物。」は、何かは今まで不明でしたが。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


今回の展開は、完全に最後まで見て、いかに素晴らしかったか気付いた。

 未来の恋人である、愛理さん(侑斗君の記憶を失っている)を助けに行き、二人きりになる。
 そして、愛理さんが記憶を戻しかける
 "侑斗…" と言葉に出し、侑斗君に近づき、手で顔に触れようとする。


本当に、もう少しで記憶を取り戻しそうでした。
通常の恋愛ものなら、 "かつての恋人が記憶を取り戻す感動の場面" へとなるのでしょう。

見ているこっちも、"来るのか? 戻るのか? もうちょいだ!" と年に似合わず、結構、ドキドキの瞬間でしたが。

結局、良太郎君とデネブ君が窮地の為、戦いに戻るのですが、
(失っている物が何かはわからない)私には、「まぁ、愛理さん助けたし、物語の展開として順当だろうと」冷静になって、考え、見てました。
(朝食のパン食べながら、「え~今日する事はと?"モグモグ"」ってな感じの"考えながら見"でした)

で、戦いに戻って、良太郎君とデネブ君が「止めろ!」と言うのも聞かずに、最後のカードで変身します。
その場面でのセリフが、おちゃらけた言葉使いでありながら、男気満点でしたねぇ~

 「ば~か、カードはお守りじゃないんだ、使うときに使わなきゃ意味がないんだよぉ。」


私の予想では。「カードで消費する物は、時か命に関係する」と思っていました。
それを"男くささ満点"のセリフで表したと。

前回の記事も含め、最近、こいった"男くささ"を表すものに出会ったり、思いだす事が多いのも、偶然じゃないみたいだな。

"使うべきもは、使うべき時に使う" これも、かなりの名セリフ・場面だろう。と…


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


甘かったです。 想像力、小ちゃすぎでした。
闘いが終わり、侑斗君が失った物が判りました。
 
周りの人間の "桜井侑斗" に関する記憶でした。


ガ・ガ・ガーン! 酷過ぎる展開。 伏線が悲しすぎる。
愛理さんの記憶が戻りかけた時に…

ばっかじゃないのか? 侑斗君?

って、単なるテレビ番組、テレビだ、テ・レ・ビだ、落ち着け。

それに、今の侑斗君は、未来で愛理さんの恋人になった 「桜井侑斗」のようにすばらしい奴じゃないし。
結構、いけすかない性格で、良太郎君も認めてないしね。

子供番組の脚本も、ここまで来たか。 うん、すごいよ、電王だっけ。
テレビだ、エンターテイメントだからねっ! いいんじゃない、結構、感動的で …

しかし、そうなると、オチャラケ・モードが交ったようなセリフは、"全てを失うと分っていて" になるのか…

最後に「廃墟工場で、セピア色の中に佇む、侑斗君とデネブ君。」


うん、今日も感動的に決まった!ってな感じですかね … … …


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


って言えるか、冷静に。

どこのどいつだ! こんな酷い展開考えたのは。



おいらも、今日からデネブ君じゃ! 
未来の素晴らしい、愛理さんの恋人「桜井侑斗」になるまで、デネブ君じゃ!
ガンバレ、今の侑斗君!(意味不明でも結構です。)


 「ば~か、カードはお守りじゃないんだ!

   使うときに使わなきゃ意味がないんだよぉ。」


       思いを振り切った、真の意味を知り、 心の中で、涙てんこもり。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
仮面ライダー THE FIRST 仮面ライダー THE FIRST
特撮(映像)、長石多可男 他 (2006/04/21)
東映
この商品の詳細を見る


各種情報をブックマーク中に知ったが、「仮面ライダー The First」の次回作が発表された。

"Oricon Style" 『仮面ライダー』が発表ニュース

"仮面ライダー THE NEXT 公式サイト"

The FirstはDVDで見たが、かなりいい部分もあった。
特に、ライダー自体の作りが良かった。
(形状、色合い等含め、個人的には100点であったと思っている)

Masked Rider THE FIRST


今回のV3の形状も、現時点見る限りは中々の出来栄えと見える。

しかし、こういった懐かしい物の、大人も鑑賞に耐えうるストーリー的に製作されたものと同じく、
子供と大人を両方をターゲットにすると、ストーリー難しいとは思う。

日本のアニメにしても、特撮にしても、出来栄えのみならず、
非常に優れたメッセージも内在している作品も多い。

子供向けなら子供向け、大人向けなら大人向けと明確にマーケットを意識して、
作品の質もアカデミー賞を受賞するぐらいの意気込みを望むのだが。

実際、スパイダーマン1・2はヒーロー物であったが、
異色の出来栄えであったと思っている。
仮面ライダーの本質的の一つも、"異形の人間"の悲しみであると思うが。

THE FIRST の宣伝のメッセージにも、シリーズを表す名言があった。

継ぐのは、魂


-----------------------------------------------------------------
前回も曲は、DA PUMPのISSAが気合入りまくりで、いい出来だった。
DA PUMP - Bright! Our Future! (LIVE) 2005


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。