1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~「やる気を出せ!」は言ってはいけない ~行動科学で見えてくるリーダーの新常識~
(2008/02/09)
石田 淳

商品詳細を見る


( 目 次 )

はじめに
Part1  なぜうまくいかないのか?
Part2  行動原理を知る
Part3  こうすればうまくいく
あとがき


行動科学マネジメントを、「続ける」「実行力」「組織」に適応させて効果をもたらす方法論で前3作をベストセラーといだけでなく、ロングセラーにした石田淳氏。

今回は、大局的・俯瞰的に行動科学マネジメントを解説した書といった感がある。
その為、より一層読み易くなっていた。



考え方さえかえれば、ネガティブな人もポジティブな人となる。
しかし、現実はそうはならない。

なぜなら、何か問題が起きた時「逃げる行動をする事で問題を解決してきた人が、ネガティブな人であるから。
逆に「積極的に環境を改善する行動をして問題を解決してきた人」がポジティブな人といえる。


ネガ・ポジの決定要因はアクション … ですね。
ここでは、「漫然とビジネス書を読んでも問題は解決できない」事も書かれています。

皆、この辺りはわかっているんでしょうが、行動が続かない。
その理由は以下の2つ

①やり方がわからないから
②やり方は知っているが、続け方を知らないから


問題は②の場合だが、行動が継続した場合にはある法則があると。
この法則を取り入れれば、意識的に行動を継続できるという事です。


では、その法則が適用された手順とは?

①「ピンポイント」 - 結果に直結した行動をとる
②「メジャーメント」 - どのくらい行動したかを、カウントする
③「フィードバック」 - 行動と結果の測定した数字を認識する
④「リインフォース」 - 行動の強化、すなわち、ごほうび(笑)を決める
⑤「評価」      - 最後に、このStep前に状態と比較する


この5Stepが「結果を出すための正しい手順」、すなわち本書のキモです。
大雑把にいえば行動科学マネジメントのキモでもあるわけなんですね。


もう一点、行動科学マネジメントのキモが最後に記されています。

「自分さえ変わればうまくいく」
「他人さえどうにかできればうまくいく」


といったビジネススキルではないと。

行動科学の源である、行動分析の提唱者B.Fスキナーは徹底行動主義を主張していたが、
仏教でいう「縁(えん)」の考えに非常に影響を受けた科学者だった。



人間同士の関係性、リレーションシップもキモの一つという事ですね。


「やる気を出せ!」    すなわち、自己敗北
「やる気をださせる!」 すなわち、Win of All

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2965298
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
(2007/09/29)
石田 淳

商品詳細を見る


科学的手法である「行動分析」を、マネージメントに適用した手法とあります。
手法は論理的であるが、紹介時のポイントも興味をそそられますね。

『続ける技術』、『すごい実行力』でも必ず出されているフレーズで、
「意志が弱い」は関係ないと断言している部分は、個人的にも気になるフレーズでした。(笑)

 石田淳 Official Homepage

---------------------------------------------------------------------
( 目 次 )

はじめに  
序章    日本の経営システムを変える   
第1章   行動分析とは何か
第2章   すべてのビジネスは行動の集積である
第3章   行動を決める「リインフォース」
第4章   人が動く理由 - ABCモデル
第5章   人が動く条件 - PST分析
第6章   明日からパフォーマンスが上がる5つのステップ
まとめ   行動分析の実践と可能性
おわりに  

---------------------------------------------------------------------

この手法でのポイントで面白い点は2点ありました。

 1.アメリカ大企業、600社以上、及び、海外進出の日本メーカー等でも採用されているが、
  会社の規模、業種を問わず効果がある。

 2.パレートの法則(20:80)で、80%側のパフォーマンス・レベルを上げれる。


2つ目の80%に効果がある点は、組織的には非常に有用である事は明白で、
マネージャー等の管理者には目に留るポイントじゃないでしょうか?


まず、行動分析 7つのメリット

  1.実用的なメソッド
  2.すぐに成果が得られる
  3.「こころ」の学問や訓練は不要
  4.パーフォマンスを最大限にする
  5.職場が楽しくなる
  6.職場、家庭、コミュニティの関係を高められる
  7.オープンなシステムである


これらのメリットから、現実的な成果を得る為には、
すなわち、結果を変えるには、行動を変えるしかないと …

具体論的には下記の通りです

 1.行動を分析し、チェックリストを作る。
 2.行動を継続するために、行動をリインフォース(強化)する
 3.人が動く理由 - ABCモデル を把握する
    目的 → 行動 → 結果
 4.人が動く条件 - PST分析 を把握する
    結果が「ポジティヴ」(P)で、
    「即時」(S)に発生し、
    可能性が「確か」(T)の条件が揃った場合が、
    最も行動が継続しやすい状態とある。


これが骨子と言える部分ですが、4のPST分析には納得します。
結果発生のタイミングが、「即時」(S)か「後」(A)かで、
可能性が「確か」(T)か、「不確実」(F)は、実例で解説されていました。

解説されると、「即時」(S)で「確か」(T)な結果が見込まれる場合、
いかに行動がたやすいかが明白でした。

これに引き続いて、明日からできるといった、即効性十分なノウハウです。

パフォーマンス向上の5ステップ
  1.ピンポイント
     結果に直結する行動を絞りこみ
  2.メジャーメント
     行動数の測定、もしくは、判断
  3.フィードバック
    言葉・態度・グラフなどの表示 
  4.リインフォース+(プラス)
    動機付け条件になる要因の提供
  5.評価



行動分析の内容は、極めてシンプル・論理的な手法を体系化してます。
誰でも、自分で、実行できる方法と言えます。

過去の2著作も、行動分析が基軸になっています。
ビジネス書としては、ロングセラーといっていいでしょう。)

すごい「実行力」すごい「実行力」
(2007/06/20)
石田 淳

商品詳細を見る


「続ける」技術「続ける」技術
(2006/10/20)
石田 淳

商品詳細を見る



人間の判断として、言葉を消して行動のみ見れば、
その人となりに違う視点が発見できると考えていました。

ビジネスでも同じですね。
ビジネスの基本である事実(行動)に注目し、分析すれば、結果を変えられる。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店URL : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/02925102
テクノラティプロフィール
すごい「実行力」 すごい「実行力」
石田 淳 (2007/06/20)
三笠書房
この商品の詳細を見る


アマゾンで赤丸急上昇しているのを見てましたが、
書店でなかなか、見つけられませんでした。
まさか、文庫本とは …

まず、写真の表紙を見て下さい。
非常に強気の言葉が並んでます。

"とにかく最初の10ページを読んでください!"

やっと発見できて、ファーストコンタクトでの、この言葉には、惹かれましたね。
表表紙のみならず、裏表紙・表表紙の閉じ込み部分にも、刺激的な言葉が見れます。

で、で、購入して気づきました。
以前、このブログでも取り上げた、 「続ける技術」石田淳氏の
新刊本でした。
-----------------------------------------------------------------
本のコンテンツ

はじめに 三日後の自分を実感して下さい
第1章  この10ページの「すごい力」を試してください
第2章  「自分をのせるのがうまい人」ほど成功する
第3章  この「効果」だけは、一人の例外もありえない
第4章  100%の実行力 - 確実に「夢をかなえる人」になる!
第5章  続ける技術 - 「精神力」は一切必要ありません!
第6章  「三日で結果が出る」を体感してみよう


-----------------------------------------------------------------
巻頭の"はじめに"から、いきなり
"三日後の自分を実感して下さい"

引き続き、本書の目的も含みながら、

最大の特長は結果だけでなく、行動そのもに焦点を当て、
最善のやり方を導き出すこと。
いつ・誰が・どこでやっても同じ結果が出る。


等々、期待感を募らせます。

-----------------------------------------------------------------
本書のキモは?

第1のキモ
内容的には、前作でのノウハウに関して、「実行力をつける」目的から論じています。

「実行力」をつけるには、大きく3つの方法があります
 ①行動の動機づけ条件をつくる
 ②行動を測定する
 ③行動を妨げるものを排除する



第2のキモ
続ける技術」でも学んだ方法論が再度、出てきます。

実行力の肝は、下記の行動のどちらか必要か明確にする。
 ①望む行動を増やす (不足行動)
 ②やめたい行動を減らす (過剰行動)
ここで、明確になったものをターゲット行動という。

ターゲット行動を邪魔するものを、ライバル行動といい、
これをコントロールする事で、ターゲット行動を可能とします。
方法は3つです。
 ①行動の誘発条件をつくる、又は、取り除く。
 ②行動の動機づけ条件をつくる、又は、取り除く。
 ③行動のハードルを低くする、又は、高くする。



-----------------------------------------------------------------
今回、印象に残ったことが有ります。

Inpressive 1


<< 行動を言語化する。 >>

やるべき行動を第三者にもわかる言葉で具体的に表現する。
言語化するには、行動の分解が必要で、細かく分解すれば
するほど、言語化が可能になる。
そして、「人に説明できること」は、必ず「実行できる」!


ここは、面白かったですね。頭の中で考えはしますが、言語化するですか。
目標を、リストアップする事によって明確になる事と同意義でしょうが、
"言語化し、人に説明できる"といった視点はありませんでした。

Inpressive 2
「続ける技術」については、仕事上、再読する必要があり、
前回の記事に付加すべき事に気付きました。
今回の「すごい実行力」にも通ずるものだと思います。

ここでの、法則をいかに自分に当てはめられるかです。
すなわち、ここからが、
あなたによる、あなたの為だけの、「続ける技術」になります。
①ほんとうに、望む行動であるか?
②どのような、行動をとっているのか?
③行動したくなるような、環境・条件を見つけことができるか?


-----------------------------------------------------------------
最後に、なぜ?
前作、「続ける技術」は現在もアマゾン・トップセラー100にランク入りしています。
今回も、今日、現在ランキング1位です。
なぜ、こんなにもヒット連発なんでしょうか?

前作は、理論的な方向性で、ブルーの落ち着いた本。

今回は、「実行力」のイメージに合わせてレッド。
読者が前回より、より購入しやすいようにの、
心配りとマーケッティングで"文庫本"。

内容は前作の踏襲部分と拡張で、
続けさせてきて、実行へでしょうか。

この意味でも、売れて当然かもしれません。

次は、「必ず出せる」結果というか、成果について、
書いてもらいたいような気がします。

"実行力こそ" Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
「続ける」技術 「続ける」技術
石田 淳 (2006/10/20)
フォレスト出版
この商品の詳細を見る


何事も続ける事は、多くの収穫があると、たいての人は知っている。
益が有ると判っていても出来ない人も多い。

行動科学にて、「続ける」を技術として紹介した本です。
Wikipediaによれば、

行動科学は、人間の行動を科学的に研究し、その法則性を解明しようとする学問。
心理学、社会学、人類学などがこれに含まれる。
社会内の個体間コミュニケーションや意思決定メカニズムなどに焦点を当てる(例:心理学、社会神経科学)。


この本では、その法則を実にシンプルに書いている。

続ける技術とは、ズバリこの二つを軸とするスキルです。
 ①ターゲット行動の発生をコントロールする。
 ②ターゲット行動を邪魔するライバル行動の発生をコントロールする。


①については、3つのポイントにブレイクダウンしている。
 行動しやすい、環境を作る。
 動機づけ条件(ごほうび)を作る。
 行動のハードルを低くする。
②も同じく3つのポイントで、①の3つと逆をする。

これらを、効果的にする補助的テクニックを紹介もしています。

実にシンプルにまとめており、誰もがわかっているような例もあるが、

①続ける事の重要性
②続ける為の方法、または阻害要因を排除する方法
 (要は習慣化させる方法)
を論じているだけでなく、
③②を分析し、行う意味合いを理解する事により、
②の行動ができやすくしている。


③が肝と見ました。

「続ける」 Makeup Life!です。
今日も、ここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログをお読みいただき有難うございました。

BK1オンライン書店 : http://ping.bk1.co.jp/tbk.cgi/02722683
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。