1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕陽のガンマン アルティメット・エディション夕陽のガンマン アルティメット・エディション
(2007/02/02)
クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ 他

商品詳細を見る


「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」が注目を浴びているようですが、
その前に、本場の「マカロニ・ウエスタン」を是非見て欲しいんですよねぇ~。
(まぁ、マカロニ・ウエスタン自体が、西部劇ながら本場ハリウッドの映画ではないんですが。)


しかし、『夕陽のガンマン』、久しぶりに見ましたが、最高でした。(結末を忘れていました)

西部劇、復讐劇、友情、愛憎が詰まった名作です。

特に、最後が表現できないくらいいいです。 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『夕陽のガンマン』 』(原題:Per qualche dollaro in più、英語ではFor a few Dollars more )
あらすじ Goo映画より

  マンゴー(C・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意だ。
  もう一人、大佐(L・V・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、
  冷静に計算してから仕事を片づける。

  この二人お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(G・M・ポロンテ)と呼ばれる
  凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。賞金は二万ドル。


『夕陽のガンマン』は、下のあらすじだけ読めば、単なる賞金稼ぎ物と見えるでしょう。
バンバン拳銃撃って、ガンガン人は死にますが、それでけではないんです。

冷静に言えば、脚本的に非常に凝っています。

熱く言えば、シビれて、泣けて、

   最後の最後にちょっと、笑えます。(笑) 

笑ってますが、激マジです。


  大佐(L・V・クリーフ)は、インディオ(G・M・ポロンテ)の妹と恋仲になるが、
  嫉妬に狂ったインディオに撃たれ、瀕死の重傷を負います。

  インディオに詰め寄らた妹は、自らの手で命を落とします。


大佐とインディオはともに、妹の写真が入ったオルゴールを持っている。
このオルゴールで、最後の決闘で最高の"シビレ"をもたらします。


  油断から、インディオの前に立ちつくす大佐
  オルゴールが鳴り終わるとともに、撃たれる運命の大佐

  悲しげともとれる、運命をうけいれるような表情の大佐  (あ~、やられる… ← 俺です) 


そこに、マンゴー(C・イーストウッド)が登場しますが、
ここが名場面で、悶絶の激感動します。

ちょっと長いのですが、最後の場面を … 
決着後、別れの場面も、イカしているけど、ユーモアが有ります。

Another favourite scene from "For a few dollars more"


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  大佐    お前、金持ちになったな  - My boy, you've become rich!
  マンゴー  おれたち2人ともだ     - You mean we've become rich, ,old man.
  大佐    みんな、お前にやるよ   - No, it's all for you, I think you deserve it.

  マンゴー  相棒だろ?         - What about our partnership?
  大佐    またな            - Maybe next time


 (マンゴーが、全員を馬車に乗せ、賞金を計算するが、一人、足りない。
    その時、残党の1人から狙われていたのだが、残党を撃つ)    


  大佐    どうした?          - Any trouble, boy ?

  マンゴー  いや、計算違いかもと思ったが… ご名算だ
  - No old man. Thought I was having trouble with my adding. It's all right now.

  馬に乗り、夕陽に向かって、去っていく大佐  -  『夕陽のガンマン』



 "悪のオルゴールが鳴り止む時、正義が終わる ・・・

    しかし、もう一つの正義が運ぶ、
       もう一つのオルゴールから、友情の調べが鳴り始める ・・・"



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト
荒野の用心棒荒野の用心棒
(2002/08/23)
クリント・イーストウッド、マリアンネ・コッホ 他

商品詳細を見る


「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」で「続・荒野の用心棒」を書いた以上、
「荒野の用心棒」も書かなくてはいけませんね。
(「夕陽のガンマン」関連は別の機会にするとしても)

ストーリー WIKIより

  ある日、ニューメキシコの小さな町サン・ミゲルに、ジョーと名乗る男が現れる。
  そこはロホ兄弟と、保安官のバクスター一家という、二つの暴力集団が
  町の支配権を巡って対立している無法地帯だった。

  ジョーはその類稀な早撃ちの腕前で両陣営に自身を助っ人として売り込みつつ、
  巧みに同士討ちを仕組んでいく。


  本作品は映画の筋書きや登場人物、演出などからわかるとおり
  明らかに黒澤明の『用心棒』の翻案である。


アンチ・ヒーロー的ですが、 かなり泣かせで、男気満点な展開です。

悪党に母親を奪われた子供の為に、母親を逃がしてしまい
それがばれてリンチを受け、効き手を潰され、瀕死な状態になりますから。

なんとか逃げ出し、一時的に身を隠し密かに右手で練習し、逆襲の時を待つ。
酒屋の亭主がリンチを受けた為、助けに向かう。

ここからが、色々な伏線もあり、実にカッコ良かったですね。
特に登場の仕方も、また、撃たれた後の種明かしも。
(しかし、敵方は皆さん脂ぎって凄かったですね。ギラギラしすぎです(笑))

Fistfull of dollars - Final Fight


ジャンゴと同じく、映画のみならず、音楽・口笛が印象的でした。

Fistful of Dollars - "Opening Credits"


夕陽のガンマン/荒野の用心棒夕陽のガンマン/荒野の用心棒
(1994/01/21)
サントラ

商品詳細を見る


"嫌そうに母子助けて、悪党ぶっても無駄。
   あんたはホントはいい人、ヒーローでっせ! 痺れたで~"

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
テクノラティプロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。