1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛のコムスメ操縦術 彼女たちをやる気にさせる方法愛のコムスメ操縦術 彼女たちをやる気にさせる方法
(2009/06/17)
小出義雄

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 第1章 女性の気持ち、分かります?
 第2章 男女関係はこれでばっちり
 第3章 結婚とはなんでしょう
 第4章 ステキな娘の育て方
 第5章 職場の女性に立ち向かう
 第6章 人生相談 


有森裕子さん、高橋尚子さん、鈴木博美さん、千葉真子さん、その他多くの陸上有力選手を育てあげた名監督である小出氏の新刊です。
TVで見ているだけだと酔っ払いの、ある種セクハラオヤジ(失礼!)にも見えていまいますが、実績から言えばまさしく日本一と言っても過言ではないでしょう。

キャラ立ちしている事もあり、楽しく読めましたが、生きた経験論としては活用できるんじゃないでしょうか?
理論展開はしていなくとも、やはりマラソン、コーチングについては勉強されているのは間違いないでしょうし、実際、自分の身近な経験を思い起しながら読むと実にぴったりとマッチしました。(笑)

小出氏のキャラと経験・実績ありきですから説得力があるとも感じますから、そのまま真似て上手くいくかどうかは別としても、考え方・振る舞い・言動の意図を知り、自分流にアレンジすればいいのかなと思った一冊でした。

君ならできる君ならできる
(2000/09)
小出 義雄

商品詳細を見る


夢はかなう (幻冬舎文庫)夢はかなう (幻冬舎文庫)
(2004/07)
高橋 尚子

商品詳細を見る


わたし革命わたし革命
(2003/11/07)
有森 裕子

商品詳細を見る


ベストスマイル―補欠になった私ベストスマイル―補欠になった私
(2004/07)
千葉 真子

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3134183
スポンサーサイト
ラブファイト プレミアム・エディション [DVD]ラブファイト プレミアム・エディション [DVD]
(2009/06/24)
林遣都北乃きい

商品詳細を見る


率直に言えば、「惜しい!」と。
ラブ・コメのイメージで見ましたが、途中のボクシング・ジムでの話が上手く絡んだ所は良かった。
(大沢たかおさんの過去のいきさつとジムの存亡に関係する点)

が、結末がちょっと … とうか、アレ?という間に終わった感じでしから、もう一捻り欲しかった。
(単純な青春物では飽き足らないオヤジですから、すいませんというか。じゃ、見るなと言われそうですね。)

まぁ、草食系男子の時代にあった映画なんでしょうから、林遣都さんや北乃きいさんのファンには十分なんでしょう。 
(しかし、北乃きいさん上手かったし、林遣都くんは目が印象的でした。)

くどいが、北乃きいさん演技ウマ! かつ、キック上手い!(爆)
泣けるハイキックでした。

 ちょっと待てや。
 ほっといてよ。
 ほっとけるかいな!
 (右?左?ハイキック一閃!)
 ほっといたんやか!みのるちゃん、私の事、ほっといたやんか!


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/83557564
スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


忙しい日々が続いて、久しぶりに知人と映画に行きました。
今日は是非とも見たかった映画「スラムドッグ$ミリオネア」を見ました。
前評判どおり、実に良かった。

本質的にはラブ・ロマンスなんですが、ストーリー展開でこういった感じに表現できるんだと思わされましたね。
見始めて終わるまで飽きる時間も感じなかったし・・・

ネタばれになりますが、最後の問題で主人公ジャマール答えが分からずに、テレホンを選択して
かけた相手が唯一の肉親であるお兄さんであるのにも、ジーンとしました。
(その頃、兄さんは命を掛けて弟の為に…)

そして、最も感動したのは、その電話にラティカが出た時。
TVで見ている人やまわりの人間には、問題の答えを知っている人間との会話であるんですが、
ジャマールにとっては、愛する人にやっと会えた瞬間でした。
そして、ラティカが「問題の答えを知らない」と告げ、制限時間が終わり、落胆のどよめきが起こる中での、
ジャマールの表情が、私にとってこの映画全てでしたね、はい!(笑)
このアンバランス感、ミリオネイアへの期待感とは別の、真の高揚感を感じたこの一瞬に価値あり。

ハッピー・エンドで終わる駅でのエンディングも、心配性の私は最後までチョイト、ドキドキ。
結局、最初から最後までドキドキでした。(笑)
苦難の道が最後には思い出に変わる、こんなミラクル・ストーリーは最高。

ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る

これが原作なんですね。
ぐ~、読みたいなぁ~。読みたい本がたまる一方ですな。

愛と運命は偉大だった。 Makeup Life!  
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3113439
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。