1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編週刊とりあたまニュース 最強コンビ結成!編
(2011/01/28)
西原理恵子、佐藤 優 他

商品詳細を見る


昔は週刊新潮とか読んでいた時期もあるが、最近は殆どよまない。
これは、新潮に掲載された内容が一冊の本になったものらしい。

西原さんの本もちょっと食傷気味かなって感じ始めた矢先の本書。
これが、私にはベラボーに面白い。
西原節はいつもながらなんですが、佐藤氏とのマッチングがツボに入った感じ。

佐藤氏の著作は殆ど読んだ事がないのが新鮮だったのかもしれないが、
外交の最前線にいらしただけあってシビアな視点や話しが凄い。
これにブラック・エロネタ満載の西原画伯のネタとのマッチ?アンマッチ?みたいな
良く分からない掛け合いが僕にゃ最高ですね。
学びながら癒されているような変な感じです。

最近は、大きな仕事の節目で多忙だったのが落ち着きかけていたら、
インフルエンザとかにもなって本を読む気力が落ちてきていた。
そこにどんぴしゃりの本書。(あくまで僕の感覚にですが(笑))
(もったいないんで、少しずつ読む事にしました。)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
スポンサーサイト
告白 【DVD特別価格版】 [DVD]告白 【DVD特別価格版】 [DVD]
(2011/01/28)
松たか子、岡田将生 他

商品詳細を見る


今更ながらだけども、告白を見る。
原作を読んだ時の印象が強すぎた上に、予告篇の感じが好みではなかったので映画館には結局行かなかった。

映画は原作と違う所があれども、原作に忠実な展開だった。
そうで有りながらも、原作通りかと言えばそうとも言えない監督の色が含まれていたと思う。
ちょっとミュージカル風な点は好みでないのでスルーしたが、
見る人見る人で色々な感じ方が出てくるんじゃないかな?
ごちゃごちゃ書いているが、ラストの松たか子の「どっか~ん」と「な~んてね」というはとにかく圧巻。


主犯格の少年は一種の天才で有りながら、稚拙な思考論理で暴走する様は痛々しい。
結局はマザーコンプレックスが根源で有る点も悲しすぎる。

求める人から愛情を受け、受けた相手に対して自分からも愛情を注げる事でバランスが保たれる。
自己の本能的・根源的な欲求を見つめ、認識し、それに対して前向きな意志を持つ事で、
自己中心的な論理や思考に陥る事がないのかと感じましたね。

そう、考えると、娘を殺害された母親、母親の愛情を求めて人を殺そうと主犯。
共犯の息子を守ろうとする母親と家族に病気をうつすまいと狂ったようになった息子。
全てが家族への愛情が根源のドラマだね。


別の見方でというか、非常にナイーブな点が有る少年犯罪といった点を除外して感想を言えば …
ミステリーというよりも、最後にもの凄いカタルシスを感じさせるリベンジ物とも見れる。
加害者が少年でなければ、すっきりと見れたのかも知れない。

リベンジ物のエンタメなら、スカッとする凄い結末だけど、
そうはならない点が、この映画の凄い点でもあるんだろうけど、やっぱり悲しすぎる。

それに、この映画って父親の存在感が全く感じない点に、今更ながら考えさせられる。
(亡くなった森口の娘の父親と、軽すぎる男子教師ぐらいで、二人とも展開の為の道具でしかなかったような …)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
ベスト・キッド [DVD]ベスト・キッド [DVD]
(2011/01/12)
ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン 他

商品詳細を見る


オリジナルのベスト・キッドを当時見ていた私には懐かしいリメイク版。
実は、雑誌か何かの映画評でラストの技まで全く同じで残念とか書いており、見るのをためらっていました。

いや、ねぇ、映画はやっぱり自分で見て初めて感じる物だと痛感しました。
ちゅうか、オリジナルを何度も見ている私には、展開・ストーリーはリメイクだけども、
決め技全然、違うし~、意味合いも途中でちゃんと説かれているし~、なんじゃあの評論は?ってな感じです。

オリジナルは当時、大ヒットし2.3とか少女版まで出ました。
それなりに楽しく見れましたけど、作り的には断然、リメイク版のこちらの方が丁寧でリアルかと思います。
ジャキーが、殆ど立ち回りをせず、お師匠役を演じているのも渋い。
ジェイデン・スミスくんもとっても頑張っているし、適役くん達のカンフー立ち回りもしっかりしてる。

超感動作品かどうかは嗜好によりますけど、な・ん・といっても、決め技凄いでし。
オリジナルでは、流石にあの決め技は?ってな感じが有りました。
そして、今回も構えからの誘い部分は似ていたけど(それでも意味も構えも同じじゃない)、そっから凄い。
あの評論書いた人はオリジナル見てるのかよ?って、ホント、踊らされた私自身に反省。

オリジナルを知っていれば、それなりに懐かしさや違いを楽しめますが、
知らなくても、十分に堪能できる内容でした。

ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]ベスト・キッド コレクターズ・エディション [DVD]
(2010/07/28)
ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ 他

商品詳細を見る


ベスト・キッド2 [DVD]ベスト・キッド2 [DVD]
(2010/07/28)
ノリユキ・パット・モリタ、タムリン・トミタ 他

商品詳細を見る


ベスト・キッド3 最後の挑戦 [DVD]ベスト・キッド3 最後の挑戦 [DVD]
(2010/07/28)
ノリユキ・パット・モリタ、ラルフ・マッチオ 他

商品詳細を見る


ベスト・キッド4 [DVD]ベスト・キッド4 [DVD]
(2009/08/05)
ノリユキ・パット・モリタ、ヒラリー・スワンク 他

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれたグーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた
(2010/11/22)
辻野晃一郎

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 さらばソニー
第2章 グーグルに出会う
第3章 ソニーからキャリアを始めた理由
第4章 アメリカ留学
第5章 VAIO創業
第6章 コクーンとスゴ録のチャレンジ
第7章 ウォークマンがiPodに負けた日
第8章 グーグルの何が凄いのか
第9章 クラウド時代のワークスタイル
第10章 グーグルでの日々
第11章 グローバル時代のビジネスマインドと日本の役割



ソニー愛に満ちた内容ながら、失望と落胆も綴られたドキュメンタリータッチな内容でした。

辻野さんは、VAIOやスゴ録を産み出した方で、兎に角凄いですね。
赤字部門・会社などの長に任命されるが、常に黒字に展開させてきています。
たった一度の成功ならば時の運にもよりますけど、不採算部門の黒字展開への
再現性が有るというのは本当に力がなければできないでしょうから、ひたすら感嘆しました。

ひとつの企業で功なりそれなりの地位になっても、2度目の大ヒットは早々だせるもんじゃないと思います。
開発だけでなく、マネジメントも成功しているのですから、本当に凄い。
そんな辻野さんでもソニーではCEOにはなってないのですから、大企業とは魔宮ですね。

ちょっと冷静な視点から言えば、ソニー愛が強すぎる為か、ソニーに対する批判がキツメかなと。
あくまで辻野さんの立場からでの話しですし、企業というより辻野さんを取り巻く人間関係の問題かなとも感じました。
企業で出世すればするほど、皆、レベルアップしていきますから、それぞれが自我やプライドも強く対立も深いものになりがちでしょう。

それを差し引いても、これだけの実績を残した本書は必読だと思います。
できれば、プロジェクト成功の要因をまとめた本いうか、ノウハウ本を出して欲しいと強く感じます。
絶対に面白いというか、後塵にとって大いなる遺産となるような気がします。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ人生を10倍自由にするインターディペンデントな生き方実践ガイド 「自立」〈インディ〉から「相互依存」〈インタディ〉へ
(2010/12/10)
勝間 和代

商品詳細を見る


目次

第一部
わたしたちはひとりで生きているのではなく、
まわりの人と生かし合っている!
  自立(インディペンデント)から
  相互依存(インターディペンデント)へ

自立は、相互依存のための「資格」
「貢献残高」を蓄積しよう!
「相互依存」のためにまず、「自立」しよう!
「自立」から「相互依存」に進んでいこう!


第二部
インターディペンデントのための
スキルを身につけよう!
  「想像力」を土台に、
  「よりじょうぶな心」と「もっと学び続ける力」を

第一章
インターディペンデントの土台は「想像力」

スキルを学ぶときにまず知っておいてほしいこと
想像力とは、見えないものを見る力
想像力を鍛えるインプットの方法
想像力を鍛えるアウトプットの方法
想像力は、自分自身の動機から

第二章  よりじょうぶな心

よりじょうぶな心とは、上手な対人関係づくり
よりじょうぶな心をつくるスキル1
信頼の種まきを常に行う
よりじょうぶな心をつくるスキル2
アサーティブな交渉術を身につける
よりじょうぶな心をつくるスキル3
ストレスとのつき合い方を学ぶ
よりじょうぶな心をつくるスキル4
長くつき合える人を見つける

第三章 もっと学び続ける力

インタディのための「もっと学び続ける力」
もっと学び続けるスキル1
自分にとって価値ある「情報」を明確にする
もっと学び続けるスキル2
よいアイデアのつくり方をマスターする
もっと学び続けるスキル3
メディアを超える「情報リテラシー」を身につける
もっと学び続けるスキル4
学びの共有により新しい学びを生む


おわりに
インタディは、人から傷つけられない、人を裁かない生き方
インタディになるための副読本



本書を読んだ第1感の感想は、勝間さんはやっぱり若い人達には(特定層だろうが)必要なんだなと感じました。
知覚の扉というか、翻訳家のようです。
「ツイッターノミクス」に関する言及などは特にそう思えます。
「ツイッターノミクス」などは誰でもそうそうは読まない書籍だと思いますが、勝間さん流に端的な内容紹介。
恥ずかしながら、ほんとに恥ずかしながらなんですが「ツイッターノミクス」を読んでない私や、
この類の本を読まない人達にとっては大変、重宝するというか、なるほどと …(汗)
「七つの習慣」にしても勝間さんがこれだけ紹介していても、
原書は読まずに勝間さんの著作で代用している人も結構いるんじゃないかなとも思います。(笑)

本の内容自体は、勝間さんご自身の経験からの自立から相互依存への展開です。
自己啓発本の第1章が自立で、第2章が相互依存といった感じでも有りますが、
近年の経験からの報告だけに具体性が有りました。

本書を読みながらもうひとつ感じた事は、勝間さんの活動とその波紋度。
様々な毀誉褒貶を受けながらも動き回るバイタリティにも感服です。
大体、過去の著名人を見ても称賛だけの人はいませんから、
如何に活動し続けて何を産み出すか、社会に対してどのような影響を与えるかが重要なんだと思いますね。

勝間さんじゃなくとも、情報社会だと公平な評価として毀誉褒貶という形で出てくる事は
いい事だと思いますが、ノイズも多いですから。(笑)
水島ヒロさんのkagerouにしても、自分が書いたらって考えると自分にゃ無理だと思うんで、
批判なんてそうそうできないと思うんですけどねぇ… まして若くして、芸能人で、第1作目なのにねぇ。

自分の経験でも仕事で出会った人で素晴らしなと思う人は、私の矮小さには批判もせずに自己の夢に邁進したり、
逆にそういった人達程、優しかったり、力になってくれました。
駄目な人程、周りの人間のせいにしたり、愚痴っているようで当たりまくってストレス解消したりと。

この道を行けばどうなるものか。

危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。
踏み出せばその一足がみちとなり、
その一足が道となる。

迷わず行けよ、行けばわかるさ。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
フローズン [DVD]フローズン [DVD]
(2011/01/07)
ケヴィン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア 他

商品詳細を見る


三人組みが真冬のスキー場のリフトに取り残されるというシチュエーション・スリラーで、
佳作なんだけど面白そうだと思い見た。

えぐい、結構というかかなりエグいシーンが有った。
最初は、この三人組みのチャラさでしょうがないなって感じながら見ていたが、
余りの酷さというか救いのなさに最後は同情しましたねぇ~。
ホント、脚本が酷すぎなんじゃないかな?

まぁ、このくらい刺激的じゃないと映画にゃできないと言われればそうだろうが、
もうちょっと、エンディングに救いが欲しいと感じた。

仕事前に見ると現実の辛さを思い出すんで週末に見て良かった。(笑)
酷い映画が好きなら見てもいいんでしょうけど …

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)宇宙は何でできているのか (幻冬舎新書)
(2010/09/28)
村山 斉

商品詳細を見る


【 目 次 】
序章 ものすごく小さくて大きな世界
第1章 宇宙は何でできているのか
第2章 究極の素粒子を探せ!
第3章 「4つの力」の謎を解く―重力、電磁気力
第4章 湯川理論から小林・益川理論へ―強い力、弱い力
第5章 暗黒物質、消えた反物質、暗黒エネルギーの謎


好奇心を刺激する宇宙に関する著作です。
宇宙本は今までも数冊は読んでいましたので、もういいかなと考えていました。
しかし、ずっと売れているのでやっぱり読んでおかなくちゃって …(笑)

読んで良かったというか、かつて読んでいた内容以上に深かっただけでなく、研究がすすんでいるんだと。
極大の世界も極小の世界も余すことなく全般的に書かれているようでした。
(専門家じゃないんで、そんな感じかなと)

本書で色々と学ぶ中で、かなり驚いた事があります。
それは、日本の研究者の実績であったり、最新の施設が凄く出てきていた事です。
ノーベル賞の受賞者もかなりの数が出ていましたが、日本はこの分野で素晴らしい発見をしてきたんだという事を
改めて知らされて、ただただ驚きました。



研究の話しからするとちょっと世俗的なんでしょうが、
私の宇宙に関するイメージは川島和子さんのスキャットです。
以下の映像の1曲名ですね。



ちなみにライブも発見しました。
かなり古い映像ですが、音楽は色あせないですね。



しつこいですが、実写版に無理やり組み合わせた映像もありました。
が、私にはしっくりきてます。



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
「メジャー」決戦!日本代表編 9th.Inning [DVD]「メジャー」決戦!日本代表編 9th.Inning [DVD]
(2009/12/16)
森久保祥太郎、森田成一 他

商品詳細を見る


昨年年末は、31日まで仕事で疲れてうたた寝してましたら、年が明けてました。(笑)

で、お正月なんですが、明日から仕事なんで1日からお掃除などに明け暮れています。(涙)
TVはつけっぱなしにしてましたら、アニメのメジャーが放映されていました。
(ごくたまにNHKでの総集編のような放映を見てましたので、おぼろげながらもあらすじは知ってました。)
スポ根物は久しぶりなせいか、手を止めて見入ってしまいました。

明日は見る事ができないで続きはDVDを借りてみました。(笑)
ギブソンの歴史、父子の関係、佐藤君の兄弟の関係 … 等々
特にギブソン親子の大和魂のようなスピリッツ。(笑)
いやいや、思いもかけず、久方ぶりの暑苦しいウザきゃらの吾郎君に、単純なボカァ超感動!
振り返っても、クールさは記憶には残りづらく、熱さこそが思い出ですよね。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。

 明けまして、おめでとうございます!

 本年も宜しくお願いいたします!

 ケイエム

 2011年 1月2日




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。