1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
貧困のない世界を創る貧困のない世界を創る
(2008/10/24)
ムハマド・ユヌス

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 プロローグ 始まりは握手から
 第1部 ソーシャル・ビジネスの約束
      新しい業種
      ソーシャル・ビジネス―それはどのようなものなのか
 第2部 グラミンの実験
      マイクロクレジット革命
      マイクロクレジットからソーシャル・ビジネスへ
      貧困との闘い―バングラデシュ、そしてさらに遠くへ
      神は細部に宿る
      カップ一杯のヨーグルトが世界を救う
 第3部 貧困のない世界(広がりゆく市場
      情報技術、グローバル化、そして変容した世界
      繁栄の危険
      貧困は博物館に
 エピローグ 貧困は平和への脅威である  


松下幸之助氏の『水道哲学』を思い起こさせる、ムハマド・ユヌス氏の『ソーシャル・ビジネス』の概念ですが、財務諸表で計れないものを企業価値としている部分に、素直に感動しました。

また、今の世界経済状況に対する一つの解であり、資本主義に対するアンチテーゼ。
このタイミングで出版された事に不思議な流れがあるようにさえ感じます。


ビジネスの一つの形態として提示された”ソーシャル・ビジネス”
理想論として語られるなら、いくらでも反論、突っ込み所がありそうな概念ですが、この著作で現在の状況を読む限り、”理想論への抵抗勢力”に語る言葉がないでしょう。

”最も少ない経費で、最も大きな利益を得る事”を目的として人が事業活動を行うのがビジネスの目的でしょうが、現在、人は”調達される労働力という仕入品”であり、利益には適正という概念でなく、”際限無いレバレッジにて運用される数字”になっている現状が存在していると思います。

効率化は重要な要素であるけれども、目的が違えば、又は際限が無ければどういう事になるかは、如実に現在の世相が表しているとも言えます。


この”ソーシャル・ビジネス”が欧米諸国で無く、アジア最貧国と云われるバングラデシュから出てきた事で思うのは、”持たざる社会”でなければ持続・到達しないのではないのだろうと。
お国柄がどうこうでなく、人の欲望は中途半端な状態で有る限り利己的な流れになるのが大勢を占めるんじゃないかなと。
生活や人生に全く心配が無い経済状況であるか、今日・明日の生活が精一杯で、他者や共同体を必要とする状態で無ければ、利己的な部分を抑える事は困難じゃないかな。
国民の殆どが同じように裕福であることは想定しづらく、逆に貧困であるは現実に存在している為、バングラデシュから発生・持続・拡大していると考えると、豊かさや裕福さに社会的な意義はないのかも。


ムハマド・ユヌス氏の方法論もビジネスの方法論としては足らない部分を批判されながらも、既存ビジネスをはるかに凌駕している現実を読むと、「ビジネスかくあるべし」といった理論も、受け売りでなく自律的に把握できないと意味をなさないと考させられました。
これは『16の決意』も同じで、この文からは「基本的な行動」が軸になっており、「高尚な知識は不要」で、「簡単な行動」が必要で有る内容であることから、「人・国にとっての繁栄・成長」の意味も考えさせられました。



ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家ムハマド・ユヌス自伝―貧困なき世界をめざす銀行家
(1998/10)
ムハマド ユヌスアラン ジョリ

商品詳細を見る


裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)
(2007/09/22)
山口 絵理子

商品詳細を見る


おしゃれなエコが世界を救う 女社長のフェアトレード奮闘記おしゃれなエコが世界を救う 女社長のフェアトレード奮闘記
(2008/05/15)
サフィア・ミニー

商品詳細を見る


こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出したこうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した
(2008/05/07)
鬼丸昌也

商品詳細を見る


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
(2008/04)
湯浅 誠

商品詳細を見る


社会起業家に学べ! (アスキー新書 69) (アスキー新書)社会起業家に学べ! (アスキー新書 69) (アスキー新書)
(2008/06/10)
今 一生

商品詳細を見る




ここから、今、興味がある本です。

貧困の終焉―2025年までに世界を変える貧困の終焉―2025年までに世界を変える
(2006/04)
ジェフリー サックス

商品詳細を見る


五〇〇億ドルでできること五〇〇億ドルでできること
(2008/11/07)
ビョルン・ロンボルグ

商品詳細を見る


あなたには夢がある 小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡あなたには夢がある 小さなアトリエから始まったスラム街の奇跡
(2008/12/02)
ビル ストリックランド

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3014737
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1003-e2f30275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
貧困のない世界を創る作者: ムハマド・ユヌス出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2008/10/24メディア: 単行本 ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス著の本書。 ソーシャル・ビジネスについての説明と、ソーシャル・ビジネスの希望が熱く語られている。 私が読んで絶望
2009/03/18(水) 23:55:19 | 本読みの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。