1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
(2007/10)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


アマゾンのランキングで『銭ゲバ』を見かけて、ほぉと思っているとTVドラマ化されたからなんですね。
時代は違っても、いや、もしかしたらある面回帰している部分もあるんで、知らない世代には新鮮なのかもしれませんね。しかし、原作はかなりゲロい(精神的な意味合いで)っすからね。

個人的にはジョージ秋山、好きなんですが、最近は読んでませんでした。(笑)
この、好きになったのは『浮浪雲』からなんですが、それまでは生理的に全く駄目でした。
この人の書くマンガを読み始めた頃は、物凄く”ゲロい悲しさ”を感じて異常に気持ち悪くなりましたから読まないようにしてました。

元祖デロリンマン〈1〉 (1976年) (サンコミックス)とかは格別に辛かった憶えがうっすらと有る。
アシュラは少しは読んだかもしれませんが、ほぼ記憶になし。

アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
(2006/02)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


『浮浪雲』あたりから、青春のエッチ物やピンク・性欲系を明るく書き始めてました。
代表作は確か美保純さんで映画化されたこれとか (私は映画は見てませんが)

ピンクのカーテン (1) (竹書房文庫)ピンクのカーテン (1) (竹書房文庫)
(1996/04)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


銭ゲバ(ドラマ)は、演じるのが松山さんで異形のキャラをさせると抜きん出ているので、それなりに期待できるのでしょうが、今の時代にマッチするのか?と結末を原作と同じにするのかに興味持てますね。
個人的には原作と違う結末がいいな、オレ。(ただ、ドラマ見る暇はないけど。)



アマゾン調べていると、昨年出版されたものでは以下のものが有り、読んでみたくなりましたね。

ジョージ秋山WORLD タブーを畏れぬ愛と自由の漫画家・傑作選!ジョージ秋山WORLD タブーを畏れぬ愛と自由の漫画家・傑作選!
(2008/08/04)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


おんなたらしの作法おんなたらしの作法
(2008/11/12)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


選・小沢一郎あちきの浮浪雲傑作十選選・小沢一郎あちきの浮浪雲傑作十選
(2008/06)
ジョージ秋山

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
BK1オンライン書店 : http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/2927507
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1013-60fa3fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - 銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
2009/02/14(土) 20:34:31 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。