1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間
(2009/02/26)
福島 正伸

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 はじめに
 小説『理想の上司』
 第1章 部下との出会い
 第2章 上司になったら、なにが変わる?
 第3章 「目標」を決めて、部下の「見」本となる
 第4章 部下から信頼される上司になろう!
 第5章 指導に行き詰ったときの解決のヒント


読ませて頂く度に、心に残る言葉や文章に出会う福島正伸氏の新刊です。
今回も、いつもと同じく素通りできない言葉に出会いました。
さらりと読めば流せる読みやすさがありますが、求める物が有る人には大きなヒントや支えになると思います。

私も人を育てるといった事で、かつて質問われた事があります。

 「部下がいます。いくら指導しても、彼はこの仕事で成果を出せません。
  会社・所属する部・課としてはなんらかの対処しなければなりません。
  直属の上司としてどうのようにしますか?」



出会い頭のようにドンと質問されても困るんですが、質問した人はずっとその問題と対峙してきているので …
要は転職させるか、そのまま現在の会社にて指導していくか?と。
ただ、有る程度指導してきてが本人の素養から成長が望めず、かといって、このままでは周りとやっていけないと。

答えは幾つか有りますが、前提条件として考えるべき事があるので、その時に答える事はできませんでした。

①いくら指導しても - 誰が、いつまで、どこまで指導したのか? 指導するのか?
②合わない業種の時、早めに見切りをつけて上げた方がいいのか?
  可能性を否定せず、責任を持って共に働いていくのか?

質問者としては、人を切りたくはないタイプでしたので、切実な問題でした。
質問者の信念を変えないという前提で考えると … (辞めさせず、ずっと育て共に働く)

 会社、もしくはその場での組織的な機能(新たな仕事)を増やし、適材適所の方法を可能にするか、
 それが不可能で有れば、覚悟を決めて共に働いていく。


まぁ、ドライ・無関心なタイプであれば悩まなくていいんでしょうが、人を育てる事で真面目に悩んでいる人にとっては切実で辛い問題です。

この問題を思い出したのは、本書で一番印象深かった言葉からです。

  本当はね、人を育てる方法なんて、私にもわからないんだよ!
   (中略)
  … しかし、わからなくとも、私は人を育ててみせます。


これと、もう一つの女将さんの話は必読ですね。
個人的には、この2つの話だけでも読んだ価値がありました。

結局のところ、人を育てるとはある種の傲慢さに繋がるとも言えますから、
自分に対する心構え・コミットが最もキモであると思います。 
ありきたりの言葉で言えば、覚悟なんだなと。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3084457
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1042-5debd357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - はじめて部下を持つあなたが理想の上司と呼ばれる瞬間
2009/03/03(火) 06:55:33 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。