1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたの会社の強みを活かしなさいあなたの会社の強みを活かしなさい
(2009/02/25)
小山 昇

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 序章 会社の強みを活かすビジョンこそが株式会社武蔵野の「経営方針」
 第1章 普通の経営者が気がつかないこと
 第2章 結果が出てから数字を見ても遅い
 第3章 お客様への対応と情報化
 第4章 情報化の理解と誤解-合理的に仕事をやるには
 第5章 個人情報保護に取り組んだプロセス
 第6章 情報化の基本の再認識と未来への姿勢
 第7章 データに学ぶ-株式会社武蔵野の組織プロフィールと情報化の歴史


小山氏の著作は会社の本棚に有りますし、知人でも読んでいる人間もいるんですが、今一歩読みそびれていました。
興味を持ったのは『社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改革』で読んでからですんで、かなり遅いというか遅すぎでした。

過去の著作を読んでいる小山ファンであれば既知の事が多いかもしれない本書でしょうが、
私はべらぼうに面白かったです。(面白いというのは表現が違うのかもしれませんが。)

例えば、「増収増益」の結果に対して、「このままでは、暮れの賞与は半分にする」っていった視点が凄いですね。そうとうなワンマン社長であっても言えないでしょうね、この言葉。(笑)
普通に考えても目標は増収増益ですから。

ここでは、増収増益の中味を理解しているかどうかがポイント。
簡単に言えば経費削減はいいが、販売促進費などを削っていたなら、将来への投資を怠っているからダメだと。

もう一点、「あぅ!」と感じたのが、率でなく額で見る。(粗利益額、成長額)
通常、商売は額で見始めるんですが、コンサルの方から率での分析の方法を教えて貰うと、率での思考にいったりします。
で、もう一回捻って(小山氏はひねってないんでしょうが …)額で考えるべきというにも理を感じました。

その他の事も大企業とは違う、中堅企業の持つシビアさと考える深さがてんこ盛りで、全ての基本は、Think!Think!Think!
読み物としては面白いですが、”社員としてド本気を求めれる”シビアさを行間から読み込めてしまう私です。(苦笑)
社長も凄い、本も凄いが、社員も凄いと。
大企業でなければ、必読の1冊。

 「しかたない、面倒くさい、自発的にやらないのが、まともな人間」

 インプットはデジタル、アウトプットはアナログ

 「効率がいい」と「うまくいく」は違う - 地域別とマーケット別


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3089349
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1049-7fb2ca7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - あなたの会社の強みを活かしなさい
2009/03/15(日) 07:00:04 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。