1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奇跡の営業所奇跡の営業所
(2009/02/28)
森川滋之

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 
 プロローグ
 奇跡の営業
 1章 引き受けるんじゃなかったよ
 2章 最初の決断
 3章 同行
 4章 本部からの呼び出し
 5章 負け犬
 6章 助けに来てあげなよ
 7章 震えるひざを押さえ付け
 8章 ようやくスタートライン

 解説編 奇跡の営業
 「1章 引き受けるんじゃなかったよ」のポイント
 「2章 最初の決断」のポイント
 「3章 同行」のポイント
 「4章 本部からの呼び出し」のポイント
 「5章 負け犬」のポイント
 「6章 助けに来てあげなよ」のポイント
 「7章 震えるひざを押さえ付け」のポイント
 「8章 ようやくスタートライン」のポイント

 エピローグ


二部構成です。
最初に物語、そしてポイントの解説。

 【アマゾンよりのスト―リー】
 吉田和人は、ある営業所の所長を派遣という立場でまかされました。
 しかし、集められたメンバーで、営業の経験のある者はゼロ。
 しかも本部から権限も与えられず、全国100ヶ所の営業所で最下位の成績に・・・。
 そんな営業所に奇跡が起こりました。
 月のノルマを達成しないと営業所をつぶすと言われたときに、
 それまで全く営業経験のなかった若い女性が、ある会社から大きな契約を取ってきたのです。
 彼女は帰国子女で、日本語もたどたどしく、法人営業は怖くて無理だから、
 個人向けの営業だけをやらせてくれと面接では言っていました。
 いったい、彼女に何が起こったのか? 所長の吉田は、何をしたのか?


セールスマンとして実績ある主人公が、コンサルをする前にマネジメントの経験をする意味で引き受けた営業所所長の経験がストーリーとなってます。

寄せ集めのメンバーを適材適所に配置し、結果的に奇跡的な成果を治めた展開です。
寄せ集めで成果を出すのが難しいのは確かです。

なぜなら、(社会経験での)育ちが違うからで、これがかなり厄介だと思います。
でもですね、寄せ集めの各個人が全く駄目だとは言えないとも思いますね。

ある特定の場所での評価が全てでないですし、パーフェクトメンバーが揃うわけじゃないですから。
コミュニケーションをしつこくやれば、変わる要素もあると。
なぜなら、居場所を持つことができなくて納得している人はいないから。
絆とまで言いませんが、自分の居場所を提示できれば寄せ集めでもまとまると思いますね。

だって、最初はみんな寄せ集めですよ。

社会経験やプライドでベクトルが一致しずらくなっている点がポイントでしょう。



解説編を読んで、デジャブ感があったストーリーに納得する点が多かったです。
昨年読んだこの本を思い出したからで、解説編で、どんピシャリ、吉見氏の話も出てきました。

「売れる営業」のカバンの中身が見たい!―“新規開拓の神様”が明かす必勝ツール34「売れる営業」のカバンの中身が見たい!―“新規開拓の神様”が明かす必勝ツール34
(2007/01)
吉見 範一

商品詳細を見る


もう一つ、展開での感触でも同じ感じが有りました。
案の定といいますか、あとがきで福嶋正伸氏の名前も出てきましたから。
この本とともに …

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
(2008/10/31)
福島正伸

商品詳細を見る





奇跡じゃないと思います。
人は誰しも一生の中で、出会う物語だと思います。
信じて、行動できれば。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3093137
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
著者の森川滋之です。

すばらしいご紹介ありがとうございました。心より感謝いたします。

ブログでのご紹介を著者オフィシャルサイトで、ご紹介しております。

http://www.s-morikawa.jp/miracle/about.html

本記事もご紹介してよろしいでしょうか?

OKであれば、こちらから、その旨ご連絡ください。

http://www.s-morikawa.jp/mpmailec/form.cgi

何卒よろしくお願いいたします。
2009/03/18(水) 09:55 | URL | 森川滋之 #2Q1Nccu2[ 編集]
訪問とコメント有難うございます。

拙い記事に感謝の言葉を頂き、恐縮の至りです。

本書が読まれた方への激励になる事と、
森川様のご発展を願っております。
2009/03/19(木) 02:39 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1054-8cb6ee4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
書評リンク - 奇跡の営業所
2009/03/18(水) 21:12:54 | 書評リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。