1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る



 【 目 次 】

  プロローグ ロゼトの謎

  第一部 好機

  第一章 マタイ効果
  第二章 一万時間の法則
  第三章 天才の問題点 その一
  第四章 天才の問題点 その二
  第五章 ジョー・フロムの三つの教訓

  第二部 「文化」という名の遺産

  第六章 ケンタッキー州ハーラン
  第七章 航空機事故の“民族的法則”
  第八章 「水田」と「数学テスト」の関係
  第九章 マリータの取引

  エピローグ ジャマイカの物語


マインドマップ的読書感想文 トラックバックURL : http://trackback.blogsys.jp/livedoor/smoothfoxxx/51647309
404 Blog Not Found トラックバックURL : http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dankogai/51211484


一読した感想は、非常に卑近な考えですが、今から何を実行すれば天才と認められる領域に少しでも近づけるんだろうかと。(笑)
ミーハーな気質で乗り易い点と、もうかなりの年齢なんで焦る部分が相乗してそういった思考になります。

”世界に通用する人間に共通するマジック・ナンバー”である一万時間が一つの目安ですから、一日8時間はまると仮定すると …
1年で、8時間 × 365日=2920時間ですから、約3年半である領域まで行ける計算になります。
「石の上にも3年」というのも納得できます。(笑) 計算違いしてなければ(汗)

と言う事は、今からでも、3年半ぐらい頑張れば成功の要因の一つをクリヤーできると考えると実践できそうにも思えます。
そう簡単な事ではないでしょうが、本書で挙げられている「時代に残る偉大な成功者」みたいな大それた事は望んでないので、
なんとかなりそうにも思えますし、セオリー・目標となる基準を知っる事は非常に前向きになれます。
また、「天才は生まれつきだから」とか「努力!」とか「運」とかだけでない要因を知る事で、工夫もできますよね。

ただ、30~40年ぐらい本読んできましたが、未だに満足できる速度・集中力で読み、納得できる感想を書けないのはなぜ?(爆)

ちょっと、おふざけ気味感想にも感じるかもしれませんが、
面白かったというより本書で読んだ事を少しで実生活に活用できないかなと、
妙に真面目に前向きにさせられた1冊でした。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3112079
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1094-731a3ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。