1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画365本 DVDで世界を読む (朝日新書)映画365本 DVDで世界を読む (朝日新書)
(2009/05/13)
宮崎 哲弥

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 
 第1章 政治   
 第2章 メディア
 第3章 法と秩序
 第4章 文化と歴史
 第5章 生と死
 第6章 宗教と思想
 第7章 倫理と社会
 第8章 特別編—オールタイムベスト50


映画に関する事と著者が宮崎氏でしたので、衝動買いしました。(笑)

本書の出だしに「本書は所謂シネフィル(映画愛好者、映画通)のためのものではありません。
また、立派なシネフィルになるための手引きでもありません。」と書かれてます。

「常に何かの目的をもって見ており、面白くて役にたつ映画を紹介するという目的の本」ということみたいです。
評論の最後に、人生・思考・社会・仕事・恋愛・家庭の各分野からみて★印五段階評価してます。

しかし、凄いです。
まず、内容以前に宮崎氏のような立場になれば忙しいでしょうし、その中で映画見て、背景も調べて、評論を本にするですか … いや、ホントすんごいし面白かったですし、もう十ん分なくらい学べました。(笑)
(シネフィル向けでないと宣言されているにしても別の意味でも濃かったですし。)
人の評論読むより映画見れば?とも考えられでしょうけど、この辺りは個人の嗜好もあると。


とりあえず、この本に書かれている中でどのくらい見ているかとカウントしてみると …

 第1章 政治     - 6本中3本   
 第2章 メディア   - 8本中2本
 第3章 法と秩序  - 6本中4本
 第4章 文化と歴史 -11本中8本
 第5章 生と死    - 9本中3本
 第6章 宗教と思想 - 5本中4本
 第7章 倫理と社会 - 5本中4本

全50本中、28本と予想以上に見てないですねぇ~。
宮崎氏よりは時間あるんと思うんですけど。
全て洋画でしたので、売れたら邦画編とか考えるでしょうか?(爆)

読めて良かった評論(当然、私も見ていて好きなヤツ)

プライベート・ライアン
ブラックサイト
ドリームガールズ
バタフライ・エフェクト
プレステージ
プラダを着た悪魔


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3116429
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1097-23e70fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。