1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
筆談ホステス筆談ホステス
(2009/05/22)
斉藤里恵

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 第1章 「神に耳を取られた」娘
 第2章 私は不良ですか!?
 第3章 働く喜び
 第4章 筆談ホステス誕生
 第5章 私のマル秘筆談術
 第6章 筆談ホステス東京へ上る
 第7章 「筆談ホステス」銀座接客体験実話8-『すべての人々に愛の言葉の花束を』
 第8章 聴覚障害者の夢


本の感想文を書いているブログなんですが、斎藤さんの事を知った瞬間、本の感想以前に存在が凄いと。
基本的、いや、とにもかくにも、有りえないでしょうと …
不可能という言葉を消されて、本を読んでる自分が「なんじゃろ、オレ」みたいな矮小さを感じましたよ。

悲しい話もあるんですが、基本線は実に前向きなオーラに触れてる感じでしたし、
「感動しろよ」みたいな、お涙頂戴路線でなく、等身大で真っ向から書かれた内容に清々しささえも …
嫌な思いで話にしても、冷静に書かれているのを読むと「気丈さや大人としての精神的な成熟」さが目につきました。
(実際は、本書に書かれていない嫌な思い出やその時の感情もあるでしょうし。)

なんかねぇ、背筋をピッと伸ばした剣士みたいです。
(変な例えで申し訳ないですが、一本筋が通っている感じを表現したかったんです。)
この感想は私のものですから、他の人が読んだ感想なら、
お客様との筆談から、接客時の細やかな心遣いの方を強く感じるじゃないかな?
TVにも出演されたようですが、佇まいや振る舞いもお見受けしたかったですね。

「やらずにできるか!やればできる!」の現実を見せられ、
ついでに、「頭にガツンと一撃、心にグサリと一刺し」のお仕置きをされた1冊です。



ソウル・サーファー―サメに片腕を奪われた13歳 (ヴィレッジブックス)ソウル・サーファー―サメに片腕を奪われた13歳 (ヴィレッジブックス)
(2007/05)
ベサニー ハミルトン

商品詳細を見る

のぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまでのぶカンタービレ! 全盲で生まれた息子・伸行がプロのピアニストになるまで
(2008/11/26)
辻井 いつ子

商品詳細を見る



Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3124448
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1120-21ecb761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。