1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる
(2009/08/21)
飯田泰之雨宮処凛

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 序章 雨宮処凛から飯田泰之への質問
     「カネより人命を優先する社会を取り戻すために、経済学には何ができるのですか?」
 1章 働いても働いても食べられない!大貧困社会はどこからきたのか?
 2章 ほんとうの敵は「世間の常識」?
 3章 「経済成長はもういらない」でほんとうにいいのか?
 4章 生きさせろ!食べさせろ!「なんちゃってベーシック・インカム」を要求する!
 終章 飯田泰之から雨宮処凛への返答
     「経済学はプレカリアートを救うための、いちばん安くて便利なツールです」


最初に雨宮さんよりの8の質問(主張?)が記載されていましたが、かなり付き抜けたような主張に思えるものもありました。
しかし、本書を読むと有る程度共感できるようになってきます。

その8の質問とは

 1. 最低賃金は時給2000円にしろ!
 2. 派遣切りをする前に、内部留保を取り崩すか、経営陣が減給しろ!
 3. 派遣の使い捨てをやめろ!
 4. 低収入・無収入者に住宅援助をしろ!
 5. 生活保護の「水際作戦」をやめろ!
 6. 結婚・子育てしたい人ができる社会に!
 7. ベーシック・インカムを月15万円よこせ! 
 8. 全員分の仕事ってほんとうにあるのか?


この質問に対して本書を読む前の個人的感じとしては…例えば、1. 最低賃金は時給2000円にしろ!などは、さすがに時給2000円は無理じゃないかと。いつか未来には可能になるかもしれませんけど。

こういった質問のとおりにできる事が望ましいでしょうが、現実化にできるのは法律化できないと難しいでしょうし、そうのような方向になるには社会的な貧困を運動をおこなさないと難しいかなと感じてました。

が、政治的な変革の波がきたという事は、貧困層でなく中間層も当事者になっており大きな機会に直面していると感じています。今後は、具体的な方法論の選択になってくるでしょう。
消費税一つにしても、財源確保の為ならしょうがない部分も感じてましたが、生活者のレベルでの違いを知った事は良かったですね。

冒頭に8の質問は極端だと感じたと書いたけれども、本書をよんで認識が変化するだけでなく、
ゴーマンとも言える強めの主張をしてこそ、注意を喚起する導線になるでしょう。

本書を読んでのまとめとしては、貧困の現状に対して無知で有る事がわかるだけでなく、
貧困が生み出されるメカニズム、その対策、そして最も大事な”あちら”と”こちら”の感覚を取り除く共感性や自己問題認識をもたらせられた1冊と感じました。



こちらは、中学生?にもわかるような内容で書かれていましたが、私にはちょうど良かったですね。
といっても、本質的な部分は理解できる内容ですし、難しくて理解がついていかなくて読めないよりもはるかに有用でしょう。

どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)
(2009/06/25)
湯浅 誠

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3155461
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1156-cb58b95a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。