1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スラムドッグ$ミリオネア [DVD]スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
(2009/10/23)
デーブ・パテルアニール・カプール

商品詳細を見る


映画館で観た時の印象が強く、やっと発売されたかといった気持で見始めました。
その間、原作『』も読んで、原作の世界も味わってからの再観です。
基本的には、以前の感想と同じです。

 (映画館で見た感想)
 忙しい日々が続いて、久しぶりに知人と映画に行きました。
 今日は是非とも見たかった映画「スラムドッグ$ミリオネア」を見ました。
 前評判どおり、実に良かった。

 本質的にはラブ・ロマンスなんですが、ストーリー展開でこういった感じに表現できるんだと思わされましたね。
 見始めて終わるまで飽きる時間も感じなかったし・・・

 ネタばれになりますが、最後の問題で主人公ジャマール答えが分からずに、テレホンを選択して
 かけた相手が唯一の肉親であるお兄さんであるのにも、ジーンとしました。
 (その頃、兄さんは命を掛けて弟の為に…)

 そして、最も感動したのは、その電話にラティカが出た時。
 TVで見ている人やまわりの人間には、問題の答えを知っている人間との会話であるんですが、
 ジャマールにとっては、愛する人にやっと会えた瞬間でした。
 そして、ラティカが「問題の答えを知らない」と告げ、制限時間が終わり、
 落胆のどよめきが起こる中でのジャマールの表情が、私にとってこの映画全てでしたね、はい!(笑)
 このアンバランス感、ミリオネイアへの期待感とは別の、真の高揚感を感じたこの一瞬に価値あり。

 ハッピー・エンドで終わる駅でのエンディングも、心配性の私は最後までチョイト、ドキドキ。
 結局、最初から最後までドキドキでした。(笑)
 苦難の道が最後には思い出に変わる、こんなミラクル・ストーリーは最高。


ただ、原作を読んでの違いを微妙に感じました。

原作で、主人公が重要な決断を下す時には”幸運のコイン”の表裏で決めます。
最後に判明するのが、そのコインはどちらもが表。
彼は、全てを自分で選択したいた事がわかります。
ラストでコインを投げすて、「運は自分で作り出すものだとわかったんだ。」と …
テーマは運であり、運命を創り出す事に目覚める物語に読めました。

映画は、クイズに挑戦した理由はラティカを見つける為、すなわち愛。
そして、心憎いのは冒頭にちらりと書かれた質問。

  彼は、あと1問でミリオネア。なぜ勝ち進めた?
  A:He cheated   インチキした
  B:He's lucky    ツイていた
  C:He's a genius  天才だった
  D:It is written   運命だった

 ハッピー・エンドを迎えたラストシーンでファイナル・アンサーが …

  D:It is written   運命だった


運命に立ち向かい、乗り越えるまでの物語に感じました。
映画・本とも面白かったですが、できれば映画からのほうがいいんじゃないかな?
ドキドキする為にも、最初の初見が勝負の映画です。(笑)

ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1194-7daf0c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。