1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NASAより宇宙に近い町工場NASAより宇宙に近い町工場
(2009/11/05)
植松 努

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 第1章 僕たちの宇宙開発
 第2章 「よりよく」を求める社会をつくろう
 第3章 「夢」って何だろう?
 第4章 教えてくれる人がいないなら、自分で学べばいい
 第5章 楽をしないで努力を楽しもう
 第6章 他のどこにもない経営方針
 第7章 あきらめないで世界を変えよう
 第8章 未来の社会をつくるために


前記事の「大人げない大人になれ!」を読み、この本を続けざまに読むと、どれほど自分が悪い意味での大人に蝕まれているかが分かりますねぇ。
いや、成熟し立派な大人であるならば、大人であってもいいんでしょうけど … (涙)

「どうせ無理 …」廃絶宣言と帯に書かれていますが、会社経営での社員へのメッセージかと思いましたが、社会に対するメッセージが目的で、レベルが違いました。(汗)

 「どうせ無理」という言葉をこの世からなくすことです。


激しい言葉や迫力ある描写でなく淡々と書かれている文章に読めるのですが、出てくる言葉言葉が痛いぐらい響きます。
知っている言葉や概念でさえ植松氏の活動と共に書かれている為か、新鮮に感じます。
(新鮮というか、耳に痛く胸に刺さるようなんですよねぇ~。)

 社会が「よりよく」を求めなくなると、企業にとって「よりよく」を追求し提供することが
 意味を失ってしまいます。
 そして、今の社会は「よりよく」ではなく「安い」と「早い」しか求めない社会ですから、
 企業は「安い」と「早い」という消費者への迎合しかできなくなってしまいました。


企業としての成長要因として”「安い」と「早い」”は重要で有る事に対し、正面切って違うコンセプトをぶつけています。
経営方針にしても、思いもつかないような内容です。(汗)

 稼働率を下げる。なるべく売らない。なるべく作らない。


凄いです。
ただ、ただ驚嘆。
で、理由を知ってより驚きでした。
このパラグラフの次も、「どんなことがあっても壊れない製品を作る」にも感動しましたし、目から鱗が落ちまくりでした。

とにもかくにも、生きていくからには、やはり壮大な目標を持たなくちゃならないんだなぁ~と感じさせますし、その目標を持って活動している人の言葉は崇高だと感じた一冊。



これも読みたく、聞きたくなっちゃいました。

DVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵”と“くふう”で「宇宙開発」に挑むDVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン ―北海道の小さな町工場が“知恵”と“くふう”で「宇宙開発」に挑む
(2009/09/15)
植松 努

商品詳細を見る


ロケットの話では、糸川英夫先生のお名前も出てきて懐かしかったです、ハイ。

逆転の発想―社会・企業・商品はどう変わる? (1974年) (President books)逆転の発想―社会・企業・商品はどう変わる? (1974年) (President books)
(1974)
糸川 英夫

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1208-8043949d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。