1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平林都の接遇道平林都の接遇道
(2009/11/20)
平林 都

商品詳細を見る


 【 目 次 】
 
 序 章  「私の接遇道」の始まり
 第1章  相手に喜んでもらえることから接遇は始まる
 第1章  耳に残る言葉がお客様に感動をあたえる
 第1章  人と差がつくサービスの心得
 第1章  接遇を身につければ、人生は上手くいく
 おわりに どんなことでも続ければ、必ずあなたの力になる


TV出演で鮮烈な印象を残された平林先生初の著作。
(TVは録画で観ました。)
あれだけのキャラで初著作というのが不思議と言えば不思議でした。

先週に購入し読んでいましたら、それを見ていた人に読み終わったら貸して欲しいという事で、
既にはく奪され手元にありません。(笑)
基本的には、TVで話していた内容と被っている点が多々あり、教科書的な作りの中に、平林先生の厳しい意見が付加されています。
既にTVの後追い経験でしたので新鮮という訳ではありませんが、TVの印象が蘇って本書から読むよりも良かったです。(復習的な意味もあり。)


もっとも印象深かったのは、「泣くな!泣くんじゃないの!泣くと教えて貰える機会・チャンスを失う。」という厳しい叱責。
厳しいながらも、頷くだけの意味を感じました。
人は自律的な心構えだけでなく、失敗・お客様や他の人々からの言葉によって成長するという事を再認識させられました。
強烈な印象が残る物言いだけに、流す事ができないという点で、より再考を促される点にも頷きまくりです。

私は姿勢も良くなく、颯爽としてもなく(涙)、滑舌が悪いので、先生のトレーニングを受けたりすれば、
格好の大標的になりそうです。(爆)
ただ、相当意識しなければ、自分だけで変える事は難しいでしょうね。
平林先生にしても、若かりし頃から様々な経験を学んで今に至る訳ですから …
また、病院における接遇の重要性や有り方についても納得させられました。

最近は見た目はどうでも良くなってきていたりしていましたが、
マナーや見目はやはり重要ですし、極めれば生きる為の道となる事にも感動です。
何事も極めてこそ、道となるんですね。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1211-c6198b76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。