1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
(2009/12/04)
勝間 和代

商品詳細を見る


はじめに著作名を聞いた時に、恐らく自己啓発書系だろうと。
そうすると、既に1冊出版されている本「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」が思い浮かびました。
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」の印象としては、
出版時点までの勝間さんが学び経験された事の集大成だと感じていましたから、どう違うのだろうかって …
いや、どう違えてくるのだろうかと。

さすがと言うか、プロローグの初っ端に答えが書かれていましたね。(笑)

 あなたにそれなりの努力を求める自己啓発書となっています。
 (中略)
 そして、この本で特に強調したいのは、「タダメシはない」ということです。


そのプロローグでは、「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」との違いについても言及されてます。(読み手の気持ちを見透かされているようで、読んだ瞬間ちょっと吹いてしまいました。)
まぁ、本を出版する際の戦略性は重々考えているからでしょうけど、これぐらいあからさまに疑問に答える文章に勝間さんのキャラクターが改めて浮き彫りになっている点が面白かったです。


感想と言えば、第1章で言えば、ストレングスファインダーの診断は受けたし、自分史は7年前ぐらいに作ってみたので、後はMBTIを受ければクリヤーでしょうか?(笑)
くだらないギャグは別として … 「一点突破 全面展開」の方法論を、勝間流に「しなやか」「したたか」「へんか」「とんがり」という言葉で表現されていました。

 過去の経験(初めて読んで面白かった点も有りましたね)
 最近の活動と、その活動を通して得た経験
 全面展開時、周囲との連携化によるシナジー効果を得る方法


勝間さんの意図として、香山リカさんのしがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)に対する反響への回答でもあるようです。
個人的には、「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術」以降の近況報告を兼ねた続編といった感じでした。

最近は活動の方、特にツイッターのような新しいムーブメントの先端にいたりしますので、本と合わせて活動も見ていると面白いですね。

 【 目 次 】
 プロローグ 「やればできる」、本当の自己啓発は助けあいにあった!

  いままでの常識を打ち破る自己啓発
  努力が続くポイントは、仲間づくりにあった
  「しなやか」「したたか」「へんか」「とんがり」――4つの力
  「やりたいこと」から逆算するクセをつける
  ケース1 子ども手当
  ケース2 テレビの司会
  限界の外で「体感」すると、何が見えてくるのか
  「やればできる」ようになる4つのステップ
  「ひとり勝ち」から「みんなで勝たないと勝てない」時代へ
  ほかの自己啓発書と何が違うのか
  やらなさすぎを伸ばす、限界を外す、がんばりすぎない方法
  『起きていることはすべて正しい』とは、どこが違う?
  あえておもいっきり正論を投げる理由

 第1章「しなやか力」――まわりに貢献できるような自分の“長所の種”を見つける
  第1の力――「しなやか力」とは
  ステップ1 自分の強みを見つける
  1 ストレングスファインダーで診断してみる
   コップに自分の資質を書いて、アピールしてみる
  2 MBTIを受ける
   自分の資質を16通りに分ける
   ESTJの私vs INFPの真逆のインド人男性、けんかになりかける
   私のタイプを職場で当てられたのは、親しい同僚だけ
  3 自分史をつくる
   なぜ、「自分史」をつくったほうがいいのか
   演劇監督になり、人生初の人気者に
   「ああ、人気者ってラクだな」と感じた瞬間
   高校で初めて感じた「やればできる」
   なぜ、口に出しておくことが大事なのか
   私の「強みの種」は、物事をまとめていく力
   まず、自分で自分を認めることから始めよう
   勝間式1点突破の法則――どうしてもなかったら、自分好みの長所をつくってしまおう
  ステップ2 強みを発揮できる環境を整える
   妬みを気にして縮こまらない
   まわりの非難にめげない技術――苦手な相手を「仲間化」する
   「自分がのびのびやる職場をつくる」のは、あなたの責任!
   チェース銀行の退職3か月前に、まったくあわないスタッフ職を初体験
   自分の能力は、外部環境で8割決まる
   「早く終わらないかな」と時計ばかり見ていたチェース銀行の最後
   人生を変えた「業界ナンバーワンに行くべき」のひと言で、マッキンゼーへ 
  ステップ3 まわりの人と強みを褒めあう
   すぐれた点を互いに褒めあう習慣をつくろう
   人を助けることで自分の「経験資産」がさらに開花する「感謝のしくみ」
   勝間式「褒める」技術 
   「えー」と思っても、だまされたと思って任せてみる
   「しなやか力」があると、自分が動きやすくラクになる

 第2章「したたか力」――自分の長所を伸ばすことにひたすら集中する
  「しなやか力」と「したたか力」の関係
  したたか=「強か」――少しくらいの批判ではくじけない心
  ステップ1 いま自分がやっている「強みでない仕事を自覚」する
   「これはあなたがやるべき仕事じゃない」――恩師に言われた衝撃のひと言
  ステップ2 「マタイ効果」を意識して、集中分野を明確に定める
   強みである「IT×金融」をどう活かしたか
   「わずかな優位性=マタイ効果」を武器に
   天才はなぜ、天才なのか――「外れ値」の存在
   勝間式・1万時間の法則
   「マタイ効果」はいまからでも間にあう
   「したたかになれた人」だけが天才になれる
   入札案件はやるな!「戦わずして勝つ」発想の芽生え 
  ステップ3 自分の強みを活かして、強いリーダーシップを取る
   30歳で管理職! 新人を育てる「したたか力」
   マッキンゼー時代は、とにかく怒ってばかりいた
   他人からのノイズのかわし方――アドバイスの内容でなく「人の信用度」で判断
   「人の経験をなるべく借りる」といいこと
   なぜ、努力を公言すると、自己肯定につながるのか?
   夢は最初からはない!――「したたか力」で気持ちよく努力できる環境をつくる
   不安を抱えているときは、まずやってみて、失敗からいかに学べるか
   落ちこまないで原因分析! 何がいけなかったんだろう?
   しつこさが「したたか力」の源泉

 第3章「へんか力」――絶え間なく変わり続ける
  3つ目の力──「へんか力」とは何か
  ステップ1 「変化をしないことが最大のリスク」であることを自覚する
   新しいことにチャレンジして失敗する自分を認め、好きになる
   変化の「化」が大事な理由
   うまくいきすぎていることは復讐する
  ステップ2 自分の時間の3割を、常に変化に注ぐ習慣をつける
   ルーティンワークを3割減にし、「3割投資」に使おう
   「3割投資」は将来のリスクヘッジ! いますぐ「変化の時間」に使おう
   「小さく生んで大きく育てる」新しいことの試し方――証券アナリスト時代の実体験
   江川紹子さんに習ったテレビコメントと「へんか力」
   自分の強みを軸にして、1つずつ、少しずつ、ずらす
  ステップ3 変化を協力しあえる仲間をつくる
   “月980円で人生を変える”――「勝間和代の人生戦略手帳」のチャレンジ
   やりたくないことにチャンスの芽が!――「やりたくないこと」に挑戦する方法
   私が白いスーツやピンクのシャツにチャレンジした理由
   5~10%の時間を、なぜやりたくないことに当てるのか?
   「見方を変えれば、味方が増える」――押切もえさんの言葉
   「へんか力」仲間は、ミクシィとツイッターで

 第4章「とんがり力」――自分が力の中心になる世界に行く
  4つ目の力――「とんがり力」とは
  とんがる人には、とんがる人が寄ってくる理由
  「自分の職場の中で憧れの○○先輩」から始めよう
  「勝間和代」という商品価値は、なぜ生まれたのか
  ステップ1 「とんがり力」の威力を知る
   マッキンゼーで思い知った、管理職による「とんがり力」の威力
   「JPモルガン証券の勝間和代です」で変わったこと
   緊張感が走った、「格下げの女王」と「勝間シフト」
   「とんがる人」と一般人の分岐点
   社内一の「とんがり力」を手に入れるために
 ステップ2 身近な世界で「とんがり力」を発揮する
   「とんがり力」は、クチコミで決まる
   マッキンゼー時代、「とんがり力」のためにやっていたこと
   相手のために力を発揮すると自分の評判アップ! 新しいチャンスが生まれる
   「できないこと」と「できること」を明確に区分! 技術を磨くほど、とんがってくる
   お母さんの「とんがり力」をもっと見直そう
 ステップ3 「しなやか力」「したたか力」「へんか力」の3つの力をまわすこと自体を楽しむ
   32歳まで喫煙、飲酒、メタボ体型の私が、この8年で劇的に変わったこと
   「とんがり力」をつけるためのホップ・ステップ・ジャンプ
   RPGは自分の人生ですればいい、という気づき
   「ドラゴンボール」の「元気玉」が、自分の限界を大きくしてくれる

 エピローグ 『やればできる』を書いた理由
 謝辞
 巻末付録 「やればできる」を実現する、勝間式魔法の7つ道具


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1214-6fd2e33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。