1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モテ本案内51モテ本案内51
(2009/12/03)
水野 俊哉

商品詳細を見る


恋愛格差社会サバイバル
モテ本案内51 目次

★はじめに 2
01ベスト・パートナーになるために ジョン・グレイ
02 恋愛マトリックス ぐっどうぃる博士
03 しあわせ脳学習帖 黒川伊保子・寺田薫
04 話を聞かない男、地図が読めない女 アラン・ピーズ+バーバラ・ピーズ
05 なぜ、その人に惹かれてしまうのか? 森川友義
06「県民性」で結婚成就 矢野新一
07「そうじ力」であなたの王子様があらわれる! 舛田光洋
08 わかった! 運がよくなるコツ 恋愛編 浅見帆帆子
09 超恋愛 林真理子×江原啓之
10 「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術 ゆうきゆう
11 イケメンと恋ができる38のルール 内藤みか
12 小悪魔な女になる方法 蝶々
13 モテれ。 春乃れぃ
14 THE RULES エレン・ファイン、シェリー・シュナイダー
15 1秒で彼を夢中にさせる本 藤沢あゆみ
16 世界一の美女になるダイエット エリカ・アンギャル
17 モテる女の気くばりテク70 潮凪洋介
18 ハッピーメール塾 織田隼人
19「彼の気持ち」がわかる本 野浪まこと
20 大人の男を口説く方法 中谷彰宏
21 男の人って、女がどんなことしてくれると うれしいの? マーチン
22 今夜から始める大人の女のもっと愛させる技術 櫻井秀勲
23 妻をめとらば 柳沢きみお
24 萌える男 本田透
25 非モテ! 三浦展
26 草食系男子の恋愛学 森岡正博 
27 「婚活」時代 山田昌弘・白河桃子
28 女の仕掛け 檀れみ
29 結婚難民 佐藤留美
30 本カノになる! 斉田直世
31 必勝婚活メソッド 山田由美子
32 結婚できない10の習慣 「婚差値40の女」 角川いつか
33 年収4000万にこだわる理由 西川史子
34 日本のお金持ち妻研究 森剛志・小林淑恵
35 また会いたくなる人 大橋清朗
36 婚活の傾向と対策 植木理恵
37 30婚 miso-com 米沢りか
38 女を磨く大人の恋愛ゼミナール 桜沢エリカ
39 理想婚 アボカド・アッシュ・江藤あおい
40 愛される人 嫌われる人 高垣尚平
41 ダーリンは外国人 小栗左多里
42 3秒でハッピーになるモテ名言セラピー  ひすいこたろう+モテるーズ(ヤス&よう子)
43 秘密 東野圭吾
44 負け犬の遠吠え 酒井順子
45 オニババ化する女たち 三砂ちづる
46 結婚がこわい 香山リカ
47 不倫のルール 家田荘子
48 おひとりさまの老後 上野千鶴子
49 ブリジット・ジョーンズの日記 ヘレン・フィールディング
50 結婚の条件 小倉千加子
51 熟婚のすすめ 川島なお美

★『恋愛マトリックス』ぐっどうぃる博士×水野俊哉 負けない恋活&婚活 230
★あなたを結婚へと導く10のステップ 253
モテ本マトリックス 294



知らぬ間に水野さんの最新作が出ておりました。
範疇外の分野ですが、とにかく読んでみました。
何冊読んでいるのかなと思えば、51冊の中で僅かに3冊という有様です。(汗)
恋愛、婚活に関して語る言葉・資格もない事が改めて判りました。(笑)

しかし、知らぬ分野だけに逆に新鮮でもあり、様々な著作の外郭を知る事で興味ももてますね。
特にビジネス分野との比較などしている部分は、判り易かったです。

個人的には、恋愛・婚活に関する事よりも、特定分野での纏め方・比較方法であったり、
調査から一つの成果物にする手法が非常に興味をもてました。

それと勝間さんが「結局、女はキレイが勝ち。」を出版されたりして、
この分野も本格的にビジネスとして成り立つようなマーケットになってきたんじゃないな。

私も独身ですし遅いかもしれませんが、人ごと考えず”10のステップ”とマトリックスで精進致します。
この反応も成功法則に対するものと同じようで … (苦笑)

 あなたを結婚へと導く 10のステップ
  ~ モテ本の正しい読み方指南 ~

 STEP1 モテ本(恋愛&婚活本)を読む
 STEP2 自分の商品価値を知る
 STEP3 自分を磨く
 STEP4 悪習慣を絶つ!
 STEP5 出会いを求める
 STEP6 相手の心理を知る
 STEP7 婚活マトリックスでマッチング相手を探す
 STEP8 「結婚」という目標を立てる
 STEP9 婚約する(もしくは、させる)
 STEP10 結婚する。


ステップの内容にしても成功法則を彷彿とさせられます。
何につけても、道筋は同じですね。

結局は、実行です。 Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
水野さんはジョングレイの本で何が一番オススメでしょうか?
2010/02/20(土) 04:11 | URL | ハッピーメール田中 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1222-68ad2ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
本日発売の朝日新聞、読書欄のにマネー・ヘッタ・チャンの 「ヘッテルとフエーテル」(経済界)の広告が載っているのですが、なんと私のコメントも載ってます! 「マジで面白い本です。今後のビジネス小説のマイルストーンになりえる水準の作品だと思います」(水野俊哉氏
2009/12/20(日) 12:23:01 | 水野俊哉の日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。