1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝間さん、努力で幸せになれますか勝間さん、努力で幸せになれますか
(2010/01/08)
勝間 和代香山 リカ

商品詳細を見る


 【目次】

 第1章 〈勝間和代〉 は成功者のアイコンか
 第2章 ふつうの幸せとは何か
 第3章 努力は楽しいか苦しいか
 第4章 仕事で幸せは得られるか
 第5章 女と結婚と幸せ
 第6章 教育と政治で幸せはもたらせるか


しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)の帯より派生した対談本です。

年末年始のTV番組でも対談の一部をしてましたのも見ましたが、TV特有のあおりもありそれなり程度でした。
見た直後は、初対談ということで興味もあり、まぁこんなものだろうと可も無く、不可もなかったです …
が、本書での対談は個人的嗜好で言えば、滅茶苦茶、良かった。最近の勝間さんの著作の中では一番良かった。

立脚点の違う立場で討論的に話し合うと、自己の正当性の弁舌になったり、感情論になったりして論点が深まら時がありますが、
テーゼとアンチテーゼという対立の構図で、互いに互いの考えを確認しながら深めていく点が、読んでいて実にいい。

現在のお二人が直面してきた、また、している現実も違う為に、主張をぶつけ合いながらも、
相手の真意を測りながら、お互いのそれぞれにとっての結論を探っているようにも私には読めました。
(表層的には)性善説と性悪説のぶつかり合いも有り。

到達したい地点が違うのは明白ながらも、そこで求める根源性は類似してるんじゃないかと思いました。(幸福論)

私的には、勝間さんが利他の思想に関して話している部分や、
香山さんの人が生きる価値と権利についてが、一番印象に残りました。



超熱心なカツマーではない私にとっても、香山さんがなぜにそれ程に、勝間式に抗うのか?の疑問は有りました。
気付きの為に勝間さんをつまみ食いしてもらっていいようなことを、勝間さんが言っている程度でいいんじゃないかと。
香山さんが目の当たりにする患者さんの状況で、より切実な問題意識があるから、より深く切り込んでいっているのでしょうか?
香山さんにとって「しがみつかない生き方」で帯にするのは勝間和代さんでなくても良かったかもしれませんね。
香山さんの問題意識がある部分の壁として、今、最も適切に表現できるのが<勝間和代>だったと感じます。
まぁ、あの帯のおかげで、こういった本が出たのでしょうから、私にとっては良かったですが。(苦笑)

本書を読んで解答が出るわけではなく、最終的な結論は、読んだ人が自分で出すしかないと思いますが、私は生き方というのは0か100ではないと思います。
現在の立脚点が有るが、自分が生きてきた、または生きていく中での経験で、揺れながら創っていくしかないと思っています。



余談ですが、勝間さんは堀江さんと類似する匂いがしますね。
それは個々の性格や思想の問題ではなくて、上手く言えませんが、物事への直進性や、端的な表現方法あたりが …
金があればなんでも買える、と、女はやっぱりキレイが勝ちとか … って。
どちらも、それ程、裏が無いタイプに思えるんですけど、世間からは物議をかもしだされるというか、
叩きやすい標的になりそうな言動ですもんね。



印象に残った点

 恍惚の満足感は無い。(香山さん、勝間さん)

 IBMの評価指標 : チーム、ウィン、エグゼキューション (勝間さん)

 もし、勝間さんと同級生だったら、親に何百回も「あなたも和代さんを見習いなさい!」って言われただろうな。
 (香山さん)

 香山さん 「~ 勝間さんは、人間は本来は利他的なものだと思われますか?」
 勝間さん 「私は強くそう信じています。~」

 ~、だから利他と教育は実はセットなんです。(勝間さん)

 努力もできず、向上できなくとも、人は生まれただけで生きる価値や権利がある。(香山さん)


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1234-9f96334c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。