1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レイチェル・ウォレスを捜せ (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)レイチェル・ウォレスを捜せ (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)
(1988/03)
ロバート・B. パーカーRobert B. Parker

商品詳細を見る


ロバート・B. パーカー氏の訃報を聞き、泣きそうだが涙目で書いている。
仕事が終わって帰宅途中にツイッターで『初秋』がつぶやかれていたので、
懐かしさで浮かれてRTとしていたが、こんな事とはつゆ知らず …
家に帰ってから、ツイッターで知った。
愕然。

『初秋』が最も有名だけど、同じぐらい好きだったのが『レイチェル・ウォレスを探せ』だった。

あらすじ的には …

 主人公のスペンサーは、女性運動家レイチェルの護衛を依頼されるが、
 中世の騎士的考えのスペンサーはぶつかり合い、探偵を解雇される。

 その後、レイチェルは誘拐され監禁。
 しかし、レイチェルは自分を助け出すのは、自分の信義の反する存在の
 スペンサーだと信じているのです。
 (レイチェルはレズですので、恋愛関係にはなりません。)

 スペンサーも自分の信義(自分の規範とか規律)の為、
 助け出すのは自分でなければならないと思い、銃撃戦の上、助け出す。

 そして、レイチェルを抱きかかえながら、スペンサーは泣きます。
 「見つけたぞ、見つけたぞ」と・・・

 現場に駆けつけた警官より、アホ扱いされます。
 何を二人で泣いてるんだ、殺された二人の気持ちを考えろと。

 そこにスペンサーの奪還活動を知っていた警官が年長の同僚に、
 「黙れ、俺には彼がなぜ泣いているのかがわかる。~」
 「お前は良い警官だが採るべき行動の判断ができていない。~」

 そして、二人を送るのです。その時の会話も簡潔ながら、
 二人の男性の思いが読めます。


最も感動したのは …

 「オーケイ、ジェイン・エア、見つけたぞ」涙が彼女の顔を流れ落ちた。
 私に抱かれて泣いていた。そして私も泣いた。
 泣きながら、私が言った「見つけたぞ、見つけたぞ」彼女は黙っていた。


恋人でなく敵ともいえる相手を誇りにかけて見つける。俺も読みながら泣いていたよ。

違う規範で生きている友人のホークの言及にも学んだ。

 彼は怖い男だ。いい人間ではない。しかし、立派な男だ。その違いがわかるか?




初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)初秋 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)
(1988/04)
ロバート・B. パーカー

商品詳細を見る


『初秋』も少年の成長の為に手助けをする物語で、ハードボイルド的ではなかったけど、
俺的には十分、ハードボイルドだった。
だって、チャンドラーだって書いていたからね。
「優しくなければ、生きていく資格がない。」って。

少年を成長させる為に、決意した時に

 「春は過ぎたんだ。ポールにとっては初秋だ。おれがうまくやれたら。」


それから、初秋を超えた二人。
最後のページで、ポールが独り立ちの時が来て、かすかな不安感からつぶやく。

 「ただし、ぼくは、なにも自分のものにすることができなかった。」
 「できたよ」
 「なにを?」
 「人生だ」


そして、最後の一行でのスペンサーの言葉。

 「もうすぐ冬になる」





儀式 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)儀式 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)
(1990/03)
ロバート・B. パーカーRobert B. Parker

商品詳細を見る


『初秋』の女性版ともいえる『儀式』ではエイプリルの為に少女売春組織に挑み。
常に最新のアメリカ社会問題を小説にしていたから、10~20代頃の自分には学べた。
ニューバランスに凝っていたのも、スペンサーシリーズからだった。



キャッツキルの鷲 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)キャッツキルの鷲 (ハヤカワ・ミステリ文庫―スペンサー・シリーズ)
(1992/12)
ロバート・B. パーカー

商品詳細を見る


『キャッツキルの鷲』では、女々しさと活劇的で批判をあびたけど、俺は好きだったなぁ~。
スペンサーシリーズを守る事なく、スーザンとスペンサーの愛の為に書いた本だから …

そして、愛と言えば、これ。

愛と名誉のために (ハヤカワ・ミステリ文庫)愛と名誉のために (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1994/07)
ロバート・B. パーカー

商品詳細を見る


もはや、大馬鹿もの極地といえる純愛物語だけど、
当時の僕はこんな風に一途に誰かを愛する事に憧れ、何度も読んだ。
年甲斐もなく、今でも、少しはそんな気持ちが残っている。(笑)



アパルーサの決闘 (ハヤカワ・ノヴェルズ)アパルーサの決闘 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
(2007/06)
ロバート・B. パーカー

商品詳細を見る


スペンサー・シリーズではないけれど、これは最近、映像化されました。

アパルーサの決闘 特別版 [DVD]アパルーサの決闘 特別版 [DVD]
(2009/11/18)
エド・ハリスヴィゴ・モーテンセン

商品詳細を見る


過去の映像化されたスペンサーシリーズが、個人的には今一つだったのですけど、これには泣いた。
西部劇なんだけども、凄くリアル感があった(有る意味、地味)。
特に銃撃戦の時は、これが本当の銃撃戦だと思える。

そして、結末にはパーカーの世界が凝縮されていた。
まさに心の中で泣ける映画だった。
(エド・ハリスに感謝)


読み始めた時は、ポールやエイプリルの視線で読んでいた。
でも、毎年の出版とともに僕も年齢を経てきた。
普通の大人になり、平凡な社会生活を送っているけれども、
僕の生活に色をつけてくれ、一部だったのは間違いない。
もう、新作を読めない事は悲しいけれど、作品は残っている。

本当に貴方の著作と出会えて良かった。
有難う、ロバート・B. パーカー。
安らかにお眠り下さい。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1242-acd56f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。