1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術 (宝島社新書)
(2010/01/09)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


【 目 次 】

 第1章 「会社の名前で仕事をする」時代は終わった
 第2章 ウェブ上でセルフブランディングする
 第3章 ソーシャルメディアで人脈を拡げる
 第4章 ツイッター超活用術
 第5章 ウェブサービスの利用法
 第6章 情報はどの程度までさらすべきか


いきなり目についたのが、固定費だった人件費を変動費化する方向の件。
アルバイトやパートから派遣と様々な雇用形態が出てきていて、間違いなく企業経営での戦略として主流だと思います。
そして、最終形態にも言及されてます …

 「会社に正式に属するのは経営者と取締役だけで、業務を行う社員は契約・派遣という状況だ。」


極論だとしても笑えない話 … いや、現実には、零細企業であれば業種によっては既にそんな形態もあるでしょう。

そこから、旧来のジェネラリストでなく、エキスパートの重要性が高くなるというか、エキスパートの集合体が会社になっていくだろうと。

そういった社会潮流の中でのセルフブランディングの重要性と方法論に関して具体的に書かれていました。
概念論だけでなく著者が使用しているツール実例も上げて、経験も記されているので外郭やポイントが判り易く、
真似をしたりトライする入口の書としても有益だと感じました。

そのゲートとして、ツイッターの重要性を第4章にコンパクトに記している中で、目についたのが、
EC studio社長 山本敏行氏の「質の高いフォロワーをつかむ10のポイント」でした。

 ①自分を積極的に出す
 ②投稿内容をある程度のジャンルに絞る
 ③有益な情報をつぶやく
 ④投稿しすぎない
 ⑤最後のつぶやきを意識する
 ⑥フォロー数よりフォロワー数が多い方がよい
 ⑦形態で写真をとって投稿する
 ⑧ツイッター関連のブログ記事を書く
 ⑨つぶやきの反応を分析する
 ⑩ツイッターの面白さを友人に紹介する


私自身もツイッターのお勉強と情報収集を兼ねてツイッターをしているので気になりますね。
多くのフォロワーがついた方が反応やシナジー効果も期待できそうですけど、
日中は仕事で見れませんしつぶやけませんからねぇ…(涙)

それに、現在のツイッターは過去ログを見るようなものでも無いようですから、覗いた時に目につく情報をふぁぼりんこしておくか、RTするぐらいです。
それでも、面白いツィートに出くわす事もありますから、使い方次第でしょうか?
その為には、ツイッターがどの程度、浸透するかが一番重要な点ですね。
社会的に認められるぐらいの情報インフラになってこそ、思いもかけぬ活用方法やサービスに繋がるでしょうから。

その他にツールとして、Gmail、ブログ、SNS、Freindfeed、tumblr、Firefox、そしてTwitterを複合的に使用する方法も書かれていました。
全部を真似できるのが一番いいのでしょうけど、ITリテラシーが高くない私的には、とりあえずブログとツイッターでぼちぼちやっていきます。

Everyday get one more card
Everyday get one more yard


それと、「ライフ・ログ」という言葉が出てきて思い出したのが、今日、書店で見たこの本。

ライフログのすすめ―人生の「すべて」をデジタルに記録する! (ハヤカワ新書juice 10)

 ライフログを始めれば、こんなことが可能に!
 ●いつ誰と会って、何を話したかがすぐにわかる。
 ●必要な重要書類もすぐに出てくる。管理に骨を折る必要もない。
 ●詳細な記録があるのて趣味にも磨きがかかる。
 ●自分の人生とポジティブに向き合える。
 ●生体情報の蓄積から病気を予知できる。
 ●ライフログをもとにしたヴァーチャルな分身が、ほかの人とコミュニケーションする……etc

 http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/220010.htmlより抜粋


全部でしゅか … (笑)
しかし、一度試してみたい気にはなります。
結構、新しい発見があるかもです。

自分の目(脳)から見ていた世界が、記録されたデジタルをとおして見る事は面白いかも。
できれば、VTRとしても自分を映せるならばもっと凄い … 
いや、見たくないかも?
いや、頑張れ自分と励ますかも?
まずは、明日、買って読むかどうかだけど。(笑)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

零細企業で同族会社は、
まだまだよその者に不信感を抱く経営者が多く、派遣を信用して使うにはいたっていないところもよく見かけます。
2010/01/23(土) 07:15 | URL | チョコスッキー #-[ 編集]
そうですね。
自分の見聞だけで書いた点も有るので、
コメントに書かれた方が多いのかもしれません。
有難うございます。<(_ _)>
2010/01/23(土) 19:04 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1243-50c764b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。