1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)
(2010/01/16)
酒井穣

商品詳細を見る


【 目 次 】

 第1章 何のために育てるのか─人材育成の目的
 第2章 誰を育てるのか─育成ターゲットの選定
 第3章 いつ育てるのか─タイミングを外さない育成
 第4章 どうやって育てるのか─育成プログラムの設計思想
 第5章 誰が育てるのか─人材育成の責任
 第6章 教育効果をどのように測定するか
 第7章 育成プログラムの具体例


う~ん … と唸ってます。
私の貧相なボキャと読解力では、どう評すれば、どう書きゃいいのか判らないと言うのが正直な感想。

え~とですね … すんごい。(笑)
なんじゃその表現と言われても、仕方がないですけど、他の人がどう本書を読みとるか知らんけど、凄いと思う。

今回は内容だけでなく、こちらの感情の流れも大きく関係してますので、
読み終わるまでの感情の軌跡でちょっと書かせてもらいます。
と言うか、まとめきれなない。(爆)

まず、本書の出版を知った時は非常に申し訳ないですが、ちょっと書名が?でした。
個人的な嗜好とか感覚の問題ですから、どうこう言う事はないですが、
本を読むにあたって気合いが入るには、やっぱり第一印象が大事なんで、ぐずぐずと読み始めました。
(実は読み終わる頃には、逆に題名の捉え方が逆転するんです。これって稀有な事なんで、尚更印象深い。)

で、いきなりです。
はじめにの前に「啐琢同時」の説明が …
この言葉は、私の記憶が正しければ遠い昔、20歳前後にマンガ「はぐれ雲」で知り調べて以来忘れてない言葉でした。マンガというのが情けないでしょうが、田舎の青年ですから。
(マンガでは「啐琢同機」だっと思いますが、どちらも有ります。)
この時のマンガの内容は、子を育てる時の親の心がけで、まさに教育です。

第1章では、「何のために育てるのか」に関して、勉強本層・スローライフ層・海外へのアウトソーシング層という判り易い例で、
グローバルな見地から説明されています。
読み終わる時には「何の為に育たないといけないのか?」といった心境にもなりましたね。個人的に(笑)

第2章以降もぎっしりとした内容で、何故、この書名なのかを納得しました。
ホントにテキストなんですね。そう、教科書です。
だからきっちり、ぎっしりです。

主たるスタンスが、「戦略の立案」と「戦略の実行」という両輪のバランスを考えているのにも納得です。
あとがきでも、一般的に立案側からの視点になりがちな点に釘をさして、実行ができてこそ戦略だと。
これからは人事部がその権限と責任を担って行くべきではないかとの提言で締められていました。

ここでも、立案側に寄りがちであった旧来の問題点を指摘し、実行側の重要性を説きながらも、
決して現場が一番重要だ!なんて、口当たりがよさげな一般論になってない視線が実に的確だと感じました。


プラス、古今東西の著名な人物や書物からの引用が、またいいんです。
これも、引用元が個人的な嗜好に合致しているせいも有りますが、色々な分野から的確な場所に記してます。
そして、各ポイントポイントに書かれていた、格言・名言等も効きました。
味が有って生きた教科書・テキストです。

印象に残った点

 彼らを成功に導いた要因は、決して研修ではない。

 この日中での賃金格差は「同一スキル、同一賃金」の法則に従って、いずれ解消していくでしょう。
 そして、その均衡点は、まず間違いなく平均給与で300万円を下回るという覚悟が求められます。

 高畠導宏氏の伸びる人材の共通点 (伝説の打撃コーチ) ← 地味ですが育てた選手は凄い人ばかり
 ①素直であること
 ②好奇心旺盛であること
 ③人他力があり、あきらめないこと
 ④準備を怠らないこと
 ⑤几帳面であること
 ⑥気配りができること
 ⑦夢を持ち、目標を高く設定すること

 つっこまびりてぃ(他人にツッコミを入れてもらえる能力)を持っている
  -  ライフネット生命保険株式会社 創業副社長 岩瀬大輔氏の言葉

 企業活動における教育的瞬間 (7項目より抜粋)
 ・退職の前後

 ミラーニューロンを意識して「学ぶ社風」を作り出す

 修羅場の経験を積極的に評価する

 「教えることは二度学ぶこと」 - フランス哲学者ジョセフ・ジューベル

 「教育とは心に残る教師のことである。」
  - フレッド・ヘッキンガー(ニューヨーク・タイムズ教育担当編集委員)


他にも挙げたいけど、書きすぎると営業妨害になるので。(笑)
なにはともあれ、ともかく、この一文には感銘しました。

 「教育とは心に残る教師のことである。」

教育って心に残すことなんですね。
また、学ぶ側も心に刻んでおくことなんですね。

You take it on faith, you take it to the heart (Tom Petty)

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本書のお買い上げ、ありがとうございました。また、とても嬉しい書評をありがとうございます!全く営業妨害になりませんよ(笑)。今後とも、よろしくお願いします。
2010/01/24(日) 17:25 | URL | 酒井穣 #enDmEMOA[ 編集]
コメント頂き有難う御座います!
アマゾンのランキングで急上昇し、高いランキングになっているのも、十分納得できる濃い内容だと感じました。
まだまだ、上がって欲しいですね!
2010/01/24(日) 17:53 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1244-e00fbcd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。