1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバターを見たときに予告編で知り、イタク見たくなった「ラブリーボーン」を見ました。
しかし、こんな物語をよく思いついたと。
14歳の少女が殺害される物語って …

冒頭の赤ん坊時代の描写からジーンとするぐらい愛らしく、そこから時は14歳へ移り、
恋の始まりなど多感な少女の思春期の描写が素晴らしいかったですね。

その反動でスージーが犯人に誘われ襲われる迄は、実にグロかった。
グロいと言っても、映像は直接的な描写は無く、精神的に感じるものですね。
正直、この部分は見たくなかったし、見ていて気持ちも悪く、不快感が目一杯。
見る前は、このシーンを想像していなかったので、尚更だったんだろう。
(映画でも、こんな最悪の気分になるんだから、現実に起きている事に当てはめて考えたくない気分になった。)

その後の展開も、家族が一致団結して犯人を追いつめると想像していたような単純さと違いましたね。
事件が原因で、夫婦仲が崩れていく中、個々はスージーの事件を忘れておらず、父親と妹は別々の犯人に対して動くんですよね。
父親は罠に嵌められた感じになって重傷をおいますが、妹が家の中に忍び込んでついに証拠を見つける。
で、よし!と思ったんですが、犯人が捕まって目出度し目出度しといった直線的な結末ではなかったです。

直線的で明快な展開でなかったので、一度見ただけでは上手く捉え切れなかったでけど、静かに深く感動しました。
キスの事は、思春期を過ぎた私には最初良く判らなったんですけど、最後にわかりました。14歳ですもんね。(涙)

スージーが襲われる場面は別として、何度か見て考えたい映画でした。
(本を読むともっとメッセージが掴みとれるのかもしれないですね。)
上手く言い表せないですけど、深い作品だと思いますし、見て良かった素晴らしい映画でした。

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)
(2009/12/10)
アリス ・シーボルト

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1252-d522c567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。