1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンジメーカーチェンジメーカー
(2010/02/09)
勝間 和代

商品詳細を見る


【 目 次 】

 「チェンジメーカー」になろう
 「シルバー資本主義」を打ち破ろう
 「なごり政治」を改革しよう
 政治家に政治を預けるな
 結婚のすすめ――「35歳独身限界説」とは何か?
 「労働一神教」から抜け出そう
 勝間流「転職必勝法」
 「終身雇用神話」にだまされるな
 「ビジネスモデルの陳腐化」にどう対抗するか
 「本当の経営者」を育てよう
 「男女共同参画社会」が日本を幸せにする


勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japanもそうですが、日本の有り方など大上段から書かれた内容でしたので、平々凡々な一会社員からすると感想が難しい。(笑)また、内容だけでなく個々のキャッチフレーズも刺激的で、波紋を呼びそうです。

対象はどちらかと言えばカツマーと言われる若い人なんでしょう。
なんせ、シルバー資本主義というような年配への挑戦状のような章から始まってますから …
残念な事に私もどちらかと言えばシルバー資本主義の世代へ近づきつつあるので、耳が痛いどころか見捨てないで下さいと言う気持ちにすらなったぐらい、シルバーに手厳しい。(汗)

確かに、勝間さんの指摘どおり老害ともいえるような部分は、現在の日本あると思います。
ただ、シルバー世代が全て権力者じゃないですし、シルバー間格差も有るじゃないかと思いますが、どうでしょう。
経営者、政治家、様々な要職での高齢化の弊害はありますけど、その辺りの方々はごく僅かですから、
できれば、「シルバー権力者をぶっ飛ばせ」とかに絞ってくれた方が年配の読者にも優しいんじゃないかなぁ~と思いますけど。(笑)

政治家の高齢化の件はよくわかります。
成熟化した時代は、高齢化するのが習わしだと思いますから、若年化するには高齢者では肉体的についていけないような、ダイナミックな時代状況にならないと難しいような気もします。実際、日本もグローバル的な地位も右肩上がりでなく、左肩下がりの時代に差し掛かりつつあると思いますから、その時期かもしれませんね。

幕末の若手が台頭した時のように、またはケネディ兄弟のような政治家が、日本にも出てきて欲しいです。
個人的には、高齢でも、ウィンストン・チャーチルのような強烈なキャラでもいいんですけど。


また、”勝間流「転職必勝法」”の章では、会社選びの判断基準で5つのポイントが記されていましたが、裏を返せば中小企業はこういった会社を目指せばいいとも思えます。(①~③についてですが)

 ①コモディティ企業でなく、スペシャリティ企業を選ぼう
 ②スペシャリティ企業であり続ける会社を選ぼう
 ③成長ステージにある会社を選ぼう
 ④利益部門への配属を望もう
 ⑤自分の強みを積み上げられる転職先を選ぼう



面白かったのは、”「ビジネスモデルの陳腐化」にどう対抗するか”の章。
特に、”具体的に何をすればいいのか”での4ポイント。

 ①変化を見方にする
 ②早めに変化に対応する
 ③自己否定をする
 ④ビジネスモデルを生む仕組みを作る


新しい潮流が起きた時に、既存のビジネスモデルを守るだけでなく、新しい潮流のビジネスモデルを社内に作るという事ですね。競合にシェアを奪われるよりも社内で奪われた方が遥に、前向きだと言う事ですね。
敵がしそうな事を自社内でやっちゃうって … 確かにと思いました。


個人的な番外編としては、勝間さんも忘れられないフレーズとして紹介していた一文が私にも印象深かったです、ハイ。

 「会長や本部の指示はだいたい間違っているのだから、現場がそれを正して、
  現場が判断して実行していかなければならない。」 - ファーストリテイリング 柳井会長兼社長


神は細部に宿ると言った言葉を思い出しました。
経営者も人の子ですから全ては見えませんから、現場の最先端が重要だと言う事でしょうか。

それともう一個。
政治家になるつもりはないって書いていましけど、賛成です。
今の方法論の方がインフルエンサーとしてはいいと思います。


最後に、勝間さん自体はマーケッターの視点から、常に確信犯的に出版しているようによく言われてますが、個人的な感触から言えば、戦略というよりやっぱり気質からだと感じてます。思った事、信じた事を、真っすぐに書かずにいられないって。

カツマーになれないオジサンより Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1256-e78cd366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。