1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エンゼルバンク公式副読本 会社に左右されない仕事術──仕事は「自由」を獲得するゲームエンゼルバンク公式副読本 会社に左右されない仕事術──仕事は「自由」を獲得するゲーム
(2010/02/09)
三田 紀房モーニング編集部

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 第1章 会社は「自由」を勝ち取るためのツール
 第2章 あなたが知らない「仕事の真実」
 第3章 日本企業の底力は「制度」にある
 第4章 あなたの会社は大丈夫?
 第5章 不況の時代こそ起業のチャンス
 第6章 他人に左右されない人生を掴み取れ!



はにめにで各章に関する内容が以下のように記されています。

 第1章 - 仕事や会社に関する誤った常識を、片っ端からねじ伏せていった。
 第2章 - 仕事に関する根本的な疑問を答え、仕事の極意を網羅的に紹介
 第3章 - 終身雇用、年功序列が生まれた理由等々、日本の会社の制度にスポットを当てる。
 第4章 - 倒産する会社の見分け方
 第5章 - 起業に関する心構え、経営者の条件、起業家に求められる資質等々
 第6章 - 章題のような自分をいかにつくるか?


明確でズバリ書き放つ三田氏らしい内容で、どの章を読んでも、ぬるま湯的に考えている人にとっては、
表の論理から裏に展開したり、その逆もあったりと、ある種カンフル剤的な効き目があると感じました。

特に私のような優等生(笑)というか真面目に何でも信じるタイプには、再考を促されるというより強制されます。
ドラマの「エンゼルバンク」とも内容的に重複していると思いますから、お暇があればドラマで復習してもいいのでは?
また、本書は経営者として読んでも参考になる点も多いと思いますが、
三田氏には逆にマネジメント側の視点から著作を書いて欲しい気もします。

印象に残った言葉

 ・会社の商品は「信用である」
  - 会社の利益のことなど、あなたはなにひとつ考える必要はない。ただ自分の利益だけを考えればそれでいい。
    会社にとっての利益とは、第一に「信用」だ。
    人は「会社のため」などというモチベーションは、本気になれないのだ。
    自分の利益を真剣に考えることが信用につながり、
    その信用が、結果として会社に膨大な利益をもたらしていくのである。

 ・「普通」と思われることを確実にやっていくだけで、普通以上の成果を挙げて
   大きな成功を手にすることができるものなのである。

 ・会社は「正解」だけでは動かない
  社会に出てしまえば、論理的な正解なんか通用しない。
  「仕事ができる人」とは、人間関係を円滑に運べる人のことなのだ。

 ・給料だけでは不満は消えない
  どんなに給料が増えたところで仕事は楽しくならない。
  人は仕事に中身や報酬を求めているのではなく、ただひたすら「感情」をもとめているのである

 ・年功序列制は、「社員をできるだけ長く全力疾走させるシステム」として、、
  また「大勢の力を最大限に引き出すシステム」として機能している。

 ・「確証バイアス」の罠から抜け出せ ・ものごとを考える時は、あえて「自分に都合の悪い情報を探す。」

 ・人生に競争などない。人生には勝ちも負けもない
  競争があるのは、ビジネスやスポーツなど「ルール」のあるところだけで、人生にルールなど存在しない。

 ・毎年一人ずつ「ダチ」を増やせ。
 ・失敗から逃げることなく前に進め。
  どうすれば人は化けるのか? 大きな失敗をすることだ。
  「本気」になったら人は変わる。成長を超えて「化ける」ことができる。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1258-8f7951dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。