1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る


 【目次】(「BOOK」データベースより)

 第1章 思考という病─考えることで、人は「無知」になる
 第2章 身体と心の操り方─イライラや不安をなくす練習
    話す
    聞く
    見る
    書く
    読む
    食べる
    捨てる
    触れる
    育てる
 第3章 対談
    池谷裕二×小池龍之介 ─ 僧侶が脳研究者に聞いた「脳と心の不思議な関係」


小池氏の著作は初めてで、書名からの印象で緩やかな内容かなと想像しましたが、想像以上に鋭利で深かったですね。
目次にある内容の一つ一つに関しての考察には、目から鱗が落ちるといったとはこの事。

読む手自身がどの程度、それらの事を認識しているかによって驚きは違うんでしょうけど、
それ程深く突き詰めない私にとっては、より深い部分をスッと呈示された点に「うっ!」と唸ってしまいました。

正直、いきなり「ブス」っと、深い部分まで刺された感覚からか、かなり尖がっていると感じて、
全てに同意する訳ではないですが、新たな知見に出会った新鮮さが有りましたね。
(全てを受け入れる事が出来がたいのは、煩悩の塊で有る事は自覚してますんで(笑))

まぁ、ここまで書かれていると、考え抜かなきゃ到達できないんじゃないか?とも一瞬、思いましたが、
よくよく考えると、到達する準備期間は長く考えても、サムシングを掴む刹那は一瞬というか、直観だよなと。

最近考える事が、実に億劫になってきていたのは自覚してましたから、考えない時間も日常生活に組み込みながら、
考えるべき時は突き抜けるぐらい考えなきゃ駄目だなというのが、平凡な会社員の私の感想です。(笑)

 ・「受け入れたくない、見たくない、聞きたくない」と反発する心の衝動エネルギーの事を「怒り」と呼びます。

 ・「~ている」という受動的な状態と、積極的に「~する」という能動的な状態。(五感)

 ・仏教には「十善戒」と呼ばれる十の戒めがあります。
  (中略)
  十のうち、話すことに関するものが四つもあることに気がつかれるでしょう。

 ・半眼のお釈迦様は見ているのではなく、強い集中状態をつくりだそうとしているのです。

 ・「快楽」というのものは実在するものではなく、基本的には「苦」が減った時に錯覚するもの、~

 ・ものを捨てないことが、「無明」の領域を育てている

 ・まずは自分の姿を認識できないと、変わることもできないのです。


今、横のTVCMで … これだ!というのが流れました。

 「幸せってなんだっけ、なんだっけ?」
 「ポン酢醤油の有る家さ!ポン酢醤油はキッコーマン」
  - 明石家さんま & 広末涼子


  … すいません、この程度の認識で。
    お後がよろしいようで(汗) 

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
小池龍之介さんは『貧乏入門』もオススメです。
あとスマナサーラさんの本『怒らないこと』『やさしいって、どういうこと?』もオススメです
2010/03/13(土) 17:27 | URL | ゲスト #-[ 編集]
>小池龍之介さんは『貧乏入門』もオススメです。

これ売れてましたね。機会が有ればぜひ読んでみますね。

>あとスマナサーラさんの本『怒らないこと』『やさしいって、どういうこと?』もオススメです

『やさしいって、どういうこと?』は以前もコメントで勧められて、
読んで記事にしました。(笑)


2010/03/13(土) 20:08 | URL | ケイエム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1280-84d3fa5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。