1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キミがこの本を買ったワケ キミがこの本を買ったワケ
指南役 (2007/03)
扶桑社
この商品の詳細を見る


キミがこの本を買ったワケ

指南役 著

なかなか、挑戦的な書名です。つられて買いました。
買って表紙をよく見ると、表・裏で男女が同じポーズです。
無限に続く絵が描かれています。
「結構、凝った本だな、なんか違う」とやっと気づきました。

本を読む時は、何かを学ぼうとして購入する為、
書いてある事は素直に信じようとするタイプです。
(ケチな心根ではないですよ、素直なんです、素直だと思いたいです。)

特に、販売のスキル・トリック・手法などは、
「そうなのか~」、「ふむふむ、なるほど」と思い、
すぐに人に話そうとする傾向があります。

ただこの本で一番面白かったのは、あとがきで
「本当は何がものを売っているのか、誰にもわからない」と、
この本がサジェスションしてきた内容を
ひっくりかえすような一文でした。

 (「ヒットCMと商品の売上げには、何の関係もない」事を
  数字で示している部分が中ほどにもあった時、
  自分の行動・嗜好に対する説明は後付けの理論だと
  常日頃、思っていましたので、結構、「同感、同感」と
  頷いていましたが。)

ただ、あとがきの一文は、広告の果たす役割を
プロとして極限まで突き詰めた人が出す
自分への挑戦的な文言だと感じています。


わからないが、求める心境を・・・・・

単純に、「効果がある広告はこれだ!」と
書いてある本は有効だと思いますが、
この本は、あとがきでより印象的になりました。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
このページのトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/5334171
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/13-da69e79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
透明人間の買いもの(2007/11/02)指南役商品詳細を見る 以前、書評しました 『キミがこの本を買ったワケ』 記事 の指南役氏の第2弾です。   ...
2008/02/23(土) 02:33:21 | Makeup Life! メイクアップ・ライフ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。