1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「お金」のシークレット―人生を変える“感情”と“お金”の法則「お金」のシークレット―人生を変える“感情”と“お金”の法則
(2010/04/02)
デビッド・クルーガー

商品詳細を見る


 ¥¥ 目次 $$
 
 はじめに 今、この瞬間もあなたを動かしている - 「お金の物語」の不思議な力

 1章 「お金の世界」に起きた最大の変化
 2章 運命が左右される質問──あなたにとって「お金」とは何か?
 3章 お金の魔力──人生の中で、あなたが大切だと思うものは?
 4章 「失ったもの」を見る人、「残ったもの」を見る人
 5章 あなたを動かす「お金の物語(マネー・ストーリー)」
 6章 お金の決断──「大儲けしたとき」、あるいは「大儲けを想像したとき」
 7章 投資の判断──あなたに都合のいいことばかりは起こらない
 8章 天使の「節約」──“ムダ遣いの落とし穴”を知る
 9章 「見えないお金」──クレジットカードの真実
 10章 “うまい話”──「今だけ」「あなただけ」という罠
 11章 “報酬”──「お金はいくらあれば十分ですか?」
 12章 人生を“次のステージ”へ引き上げる「金銭力」
 13章 あなたの新しい「マネー・ストーリー」をつくる!
 14章 「本当に大切なもの」を手に入れる生き方
 監訳者あとがき 神田昌典


著名でシークレットとが含まれていると、何故か二番煎じ的に感じる偏見の持ち主なんですが … (笑)
本書は、300頁で内容も豊富でコクが有りすぎて(汗)、読み切ったとか消化しきったとは言えませんが、
それでも、タメになりました、ホント。

最初のワーク1での解答はモロに指摘どうりの値でしたから、どんだけ自分が通俗的かが判りましたし。

 ワーク1
 1.現在の収入は___円です。
 2.お金について全く苦労や心配せずに、幸せな暮らしを送るには、年収___円必要です。


答えは書きませんが、ここ数年でがっつりと年収が下がって、2に関しては依然の年収のチョイ上を想定したのですが、これがまた解答どおりだったんですねぇ~。(涙)

 ワーク2  私にとってお金とは___です。


この質問への私の答えは「ツール」。
とにかく深く考えず直観的に答えるようにしました。

ちょっと綺麗事すぎるかもしれません。
瞬間的にそんな軽い答えでなく、もっと深かったり、真摯な響きがある言葉、
もしくはもっとドロドロ言葉じゃないかとも思いましたが … 浮かばなかったです。

社会に出て、明日の500円がない時も3回ぐらいありましたけど、脳天気な性格と
愛情ある人々に囲まれて過ごせたせいなのか、お金に対する執着が少なすぎるのかもしれません。
(そのせいか、銭になる事を考え出すのは特に苦手ですし、本とDVD以外には殆どお金を使わない質素な生活。(爆))

そんな生活を過ごしてきた私にとって、如何に「お金」自身を深く考えて無かったか。(汗)
単なるお金という概念以外では、稼ぎ方、貯め方、使い方以上の概念は無かったですし、
そんなリアルな接し方以外は考えても仕方無いのかな程度でした。

どこを引用しようかと順送りに開いても、ランダムに開いても、
印象に残る点があるとかじゃなくて、どこ開いても学びと気づきの宝庫でした。

デビッド・クルーガー氏は医学博士であり、お金の事に関してこれだけの本を書けるのも凄いけど、
日本でこういった本はあったんでしょうか?



お金の本はあんまり読んでないですよねぇ~。その中で印象深い物は …

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
(2009/02/05)
金森 重樹

商品詳細を見る


世界一受けたいお金の授業世界一受けたいお金の授業
(2009/02/21)
和仁達也

商品詳細を見る


お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方
(2009/02/17)
午堂 登紀雄

商品詳細を見る


私の財産告白私の財産告白
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る


お金儲けセラピー (〈ムック〉の本)お金儲けセラピー (〈ムック〉の本)
(2006/11/25)
斎藤 一人

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1303-a09d902f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。