1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さまよう刃 [DVD]さまよう刃 [DVD]
(2010/04/21)
寺尾聰竹野内豊

商品詳細を見る


期待して見た映画ですが、なんとも重い内容でした。
復讐に関しては加害者に死の恐怖を感じさせ、現在に法律に関しては自分の命を賭しての問題提起。
既に生きる希望が無い主人公にとって最も真摯な方法論。

この結末の感想を言えば、実に日本的なエンディング。
成熟し思慮深き大人ならでは結論でした。
(映画よりも小説のほうが、より細やかな心理描写があってよかったかもしれません。)

モチーフは違いますが、復讐の為にどうするかという事で言えば『セブン [DVD]』が浮かびましたね。


その他、最も重要なポイントについて思う事は、法律の問題は別として、この映画のような犯罪、
即ちどう考えて加害者が酷い人間で、複雑な問題がなければ、主人公が復讐心に囚われる事は十分理解できます …

自分の経験からも、愛する人がいなくなる原因を作った人への気持ちは判ります。
また、残された子供を命懸けで守りたいといった気持ちもですね。

怒りや恐怖で人をあやめるよりも、愛する人を守る為の気持ちは比較にならないぐらい強固です。
前者は我が身を守る気持ちが有りますが、後者は我が身がどうなってもいいという捨て身ですからね。

汝、~する事なかれといった言葉が有るとおりに、人は基本的に守るべきは守って生きていかなければならないし、
掟を破れば、支払うべき代償はしょうがないと思います。

さまよう刃 (角川文庫)さまよう刃 (角川文庫)
(2008/05/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1307-99e64b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。