1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
(2009/09/30)
林 成之

商品詳細を見る


 【 目 次 】

 第1章 に悪い習慣1-「興味がない」と物事を避けることが多い
 第2章 に悪い習慣2-「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
 第3章 に悪い習慣3-言われたことをコツコツやる
 第4章 に悪い習慣4-常に効率を考えている
 第5章 脳に悪い習慣5-やりたくないのに、我慢して勉強する
 第6章 脳に悪い習慣6-スポーツや絵などの趣味がない
 第7章 脳に悪い習慣7-めったに人をほめない


最近は、大して読んでもないにもかかわらず、脳に関する本にちょっと食傷気味でした。
あまりに長くアマゾンのトップセラーで見ていたので、やっぱり読んでおこうかなと…

売れただけあるというか、売れ続ける理由が良くわかりました。(笑)
自分にとって非常に有益な点が多かったです。

脳にいいといった視点でなく悪い習慣から、どうあるべきかを説いているのも良く、
論理的な展開となってすんなりと取り込めました。
「脳に悪い理由を知ることで、初めての人は行動に移せる」って有りましたし。(笑)

とにもかくにも、学んだ事を意識的に実行していかなければ結果に、結びつかないだけでなく …

 「興味がない」と考えるのはNG
 感動しないと脳は鈍る
 表情が暗いと脳も曇る
 スポーツや絵などの趣味がないのはNG
 たんたんとクールに話してはいけない

 
というように、感情をダイナミックにしないといけないんですね。
理性はクールにロジカルに、本能は好奇心いっぱい、夢一杯、泣いて笑ってダイナミックにという事でしょうか?

印象に残った点

・脳神経細胞がもつ本能は、たった3つです。「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」

・一度、A10神経群で「嫌い」とレッテルがはられてしまうと、脳はその情報に関して積極的に働かなくなります。
 脳の理解力や思考力、記憶力を高めるには、まず「おもしろい」「好きだ」という
 レッテルをはらなければなりません。
 「好きになる力」を養うことは、そのまま「頭をよくすること」であるともいえる。

・自己報酬神経群を働かせるのは、「ごほうびが得られた」という結果ではなく、
 「ごほうびが得られそうだ」という期待である


・まだ終わっていないのに、「できた」と思ってしまうと、
 自己報酬神経群が「もうこのことは考えなくてもよい」と判断する


・目標をコロコロ変えるということは、「達成しない」という経験を積み重ねることになる

・くり返し考えなければ図解はできないわけで、何度も考えるということが
 自然に組み込まれているという点が「図や絵でまとめる」ことのメリットの一つ

・本を1回読むだけでは学んだことを活かせない

・物事の手順を考えるときは、とくに空間認知能が重要な役割をはたすので、
 空間認知が苦手だと「要領の悪い人」「仕事の遅い人」になりかねません。
 姿勢が正しく保たれていないと、身体のバランスが崩れてしまい、空間認知能は働きにくくなる

・相手の立場に立つ力はもって生まれるものでなく、鍛えることでしか身につけられないものなのです。
 人間の持つ脳の機能のなかでは、非常に高度なものといえます。


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1309-56af2e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1) by G-Tools 言われると、そりゃそうだろうって思うことがほとんど。 それを実践できてるかどうかが大...
2010/04/18(日) 20:31:11 | 月のブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。