1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


評判を聞き前々から気にはなっていましたが、文庫になったのでいい機会だと思いよみました。
冒頭より引き込まれて一気に読み終えました。

6つの章をそれぞれの登場人物による独白だったのが新鮮。
第1章での主人公の告白の最後は衝撃的な内容でしたが、ラスト第6章も同じく主人公の告白
その内容も最後の最後が、1章の告白と対になっているかのような激烈なエンディング。

小説としても凄いですが、先日見た映画「さまよう刃」もそうであったように未成年による犯罪が始まりであるのが印象に残る。
「さまよう刃」と「告白」の加害者はそれぞれタイプは違えど、モンスターチャイルドと言える。

「さまよう刃」では成熟と自律を持った被害者父親の解決策だったが苦い結末。
「告白」では、愛情深い母親の愛憎裏返しになる復讐劇。

どちらの結末がどうこうではないが、「告白」で感じた事はモンスターへの対応は、自らモンスター化するしかないんじゃないかと。
”復讐するは我にあり””人を呪わば穴二つ”という諺もあれど、ふりかかる火の粉は払わなければと。
モンスターに出会う事なく生きていけるのが一番賢いんだけれど …

近々、映画も封切りされるようですが、私的には本書を読むだけで十分。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1327-980aacdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。