1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
書道ガール1

書道ガールを見てきました。
たまたまですが、またも成海璃子さん主演の映画。
先に書いておきますけど、見に行く予定の人&興味有る方はこのブログ見ずに行ったほうがいいと思います。

書道ガール2

超大作というわけじゃないけれど、とにもかくにも来ましたね!(キター!って感じでしょうか。)
どれぐらい人気があるのか知らないけれど、私的には激スゴの映画。
(というか、実話をもとに作られた作品なんですね、コレ。)

 折からの不況の影響で活気を失っていた日本一の紙の町・愛媛県四国中央市で、
 愛媛県立三島高等学校書道部の部員達が、我が町を盛り上げようと地元のイベントや
 ショッピングセンターなどで書道パフォーマンスを始めたところ、地元テレビ局の南海放送の密着取材が
 ドキュメンタリー番組『NNNドキュメント』で取り上げられたり、やがて日本テレビの情報番組
 『ズームイン!!SUPER』で中継されたりして、徐々に知名度を上げていった。
 2008年7月には、地元の祭り「四国中央紙まつり」の中で、第1回 書道パフォーマンス甲子園が開催され、
 その模様を『ズームイン!!SUPER』で放送したところ、大きな反響を呼び、
 一躍その名が全国に知れ渡ることになる。この実話を基にこの作品が作られることとなった。
 (From Wikipedia)



いくつも凄いと感じる点が有るけど、なんといってもラストの『第1回 書道パフォーマンス甲子園』
映画の展開を超えて、ここだけでも本当に本当に感動もの。

映画、演技は演じる物であるが、このパフォーマンスはリアルなんですから。
演じる事では足りないもので、実際に作り上げられた作品にひたすら感動です。
仮にですけど似た感じで言えば、ミュージカル(ドリームガールズ、ヘアースプレイ)のラスト・パフォーマンスのよう。
ほんと説明が上手くできませんが、書道パフォーマンスを初見のワタシャもう涙目でカラダがぶるぶる。


それと本作のテーマは地域振興、再生がテーマ。
これに、主人公の書に対する気持ちの再生、親子の再生、いじめからの再生、そして友情の再生といくつも絡んでいます。
隠れ再生として最後に判るのが、書道部顧問教師の再生も有りました。
これらが書道パフォーマンスで描く書と相まって実に感動的。

アンジェラ・マキさんの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』も重要な意味を持ち、
これまた書道パフォーマンスのBGMとなって、マッチしているを超えて素晴らし。
(私的にはアンジェラ・マキさんは濃い過ぎて興味が無かったのですけど、印象がガラリと変ちゃいました。)


成海璃子さんは、「アッカンベー」のしぐさが有ったり、武士道シックスティーンよりも少し茶目っ気が有りました。
自分がメインでない場面でも、細やかな演技をしていてそっちに目が行ったり。
なんと、いってもラストの書道パフォーマンスでカラダ全体が見える場面では、体全体を使っているのが見えて素晴らし!
映画の中の書道パフォーマンスで4校が書いた写真が欲しいと感じてます。(爆)

また、武士道シックスティーンも書道ガールにしても、日本の伝統的なものと現代女子高校生の組み合わせもとても良く、新鮮。
オジサンながらも、青春、若さ、熱さってホント素晴らしいと改めて、改めて感じた映画。



映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」 オリジナル・サウンドトラック映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」 オリジナル・サウンドトラック
(2010/04/28)
岩代太郎東京都立板橋高等学校有志

商品詳細を見る


大切(初回生産限定盤DVD付)大切(初回生産限定盤DVD付)
(2010/05/12)
FUNKY MONKEY BABYS

商品詳細を見る


ズームイン!!から生まれた感動リアルストーリー 書道ガールズ甲子園 汗と涙の舞台裏 [DVD]ズームイン!!から生まれた感動リアルストーリー 書道ガールズ甲子園 汗と涙の舞台裏 [DVD]
(2010/04/28)
全国の高校書道部の「書道ガールズ」たち羽鳥慎一

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1345-1c322bc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。