1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スティーブン・キング ドランのキャデラック [DVD]スティーブン・キング ドランのキャデラック [DVD]
(2010/06/03)
クリスチャン・スレイターウェス・ベントリー

商品詳細を見る


スティーブン・キングの熱烈なファンではないので、良く分からないのだけども …
ホラーっぽいかと思っていたら、全く違った。(笑)
(よく考えたら、「ショーシャンクの空に」とか「グリーンマイル」とか、物凄い映画もあった事を思い出した。)

 <ストーリー> (アマゾンより)
 トム・ロビンソンは、温和で善良な教師。彼の妻エリザベスは、ある日、偶然に殺人の現場を目撃する。
 犯人は、ラス・ヴェガスの冷酷なギャングのボス、ジェームズ・ドランだった。
 エリザベスはFBIからの身辺保護を条件に、ドランを告発する証言を行なうことに同意する。
 しかし、ドランの魔手は警護の隙をついて、エリザベスを死に至らしめてしまう。



これは、純粋な復讐劇。
「おまえの奥さんはキモが据わっていたんだろうが、お前は…」と言われるくだりは辛すぎる。

ただ、復讐を考えていながら、一度は滅茶苦茶にされたが、臥薪嘗胆というか粘着力で頑張る主人公は熱かったなぁ~。復讐の為、工事現場で働き仲間として認められるシーンも良かった。

衝撃のラストシーンとあったので、ラストに一捻りあるかと思ったけれども、
剛球一直線、ストレートど真ん中の復讐劇でした。

ドランのキャデラック (文春文庫)ドランのキャデラック (文春文庫)
(2006/06)
スティーヴン キング

商品詳細を見る


Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1353-5775a023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。