1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花のあと 【初回限定版】 [DVD]花のあと 【初回限定版】 [DVD]
(2010/09/24)
北川景子甲本雅裕

商品詳細を見る


封切り時、行こうかと思いながらも行きそびれた作品。
最近のCMで、素晴らしいアングルと見事な撮影で、実に魅力的に見える北川景子さん。
本作でも、和服姿よりも女剣士の姿が実に良かった。
萌えるというのが良くわかる。(苦笑)

内容的には非常に日本的な佳作の一品と言えばいいんでしょうか?
ただ一度の剣の手合わせで抱く恋心。
今時ならば、余りに純すぎて勘違い・思い込み野郎とさえ思われそうですが、これこそが日本的な奥ゆかしさなんでしょう。
そこにリアリティを感じるがどうかで評価もわかれそうですね。

それに加えて許嫁である片桐才助(甲本雅裕さん)の、以登(北川景子さん)の見守り方から後始末の付け方も、純でしたねぇ。
後に出世し、昼行燈の様に言われながらも、藩の要職を勤めあげたという最後のナレーションもこれまた日本的。

ドッグイヤーならぬマウスイヤーと言われる昨今、桜の下で1週間も待っていた片桐の風情に考えさせられましたわ。
そうそう、これは回想で始まり、子ども7人でしたっけ。(笑)

花のあと (文春文庫)花のあと (文春文庫)
(1989/03)
藤沢 周平

商品詳細を見る


花のあとに始まるものを想像しなっくちゃいけませぬ Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1368-cdcf74fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。