1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マボロシの鳥マボロシの鳥
(2010/10/29)
太田 光

商品詳細を見る


【目次】(「BOOK」データベースより)
荊の姫
タイムカプセル
人類諸君!
ネズミ
魔女
マボロシの鳥
冬の人形
奇跡の雪
地球発…



大田光さんが、どんな世界観の小説を描くのだろうかと興味深々で読み始めた。

痛み・喪失・悲しみ、といった感覚がストーリーで表現されていると感じたかな。

こういった小説は苦手なタチなので、理解できたとも共感できたとも言えない自分がいたけど、

結末によらず、読後、僕の中に残ったものは … 切なさ でした。


これまでの大田光さんを(自分が)知る限りにおいて、大きな違いは無かった。

それ以上にこの小説をレンズとして、これが大田光なんだと凄く納得。

同時に、大田光さんのフリークでは無いけれども、これから先も大田光さんを嫌いになる事は無いと感じた作品でしたね。

次回作以降にも期待 Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
マボロシの鳥を読み終わったばっかで感想書きますが‥はっきり言えば読みにくい部分がありましたが、太田光は面白い! 今度、書く時は全部つながったストーリーとか怖いもんとか書いても面白いと思う。太田光とゆう小説への輝きが一番ヒカルと思います。興味あった小説だったので読んで面白い と思いました。表現力や言葉の使い方や、お笑いへの気持ちをこめてある作品には、太田光さんはお笑いが本当に好き何だって実感しました マボロシの鳥を一言で感想は ない です。色んな内容で一つ、一つにイイアジしてると思いました。他の小説を読むのも面白いと感じました。ますます、今、以上の太田光さんの小説を期待しちゃいますね。楽しみです
2010/11/19(金) 03:28 | URL | ペンギン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1406-88ed7b28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。