1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]
(2010/10/27)
岡村隆史松雪泰子

商品詳細を見る


何かを成し遂げる人間ちゅ~のは、ぶきっちょ(不器用)じゃないと駄目ですね。
もちろん、情熱や目的に対する愛は大前提なんでしょうけど …

普通に会社勤めして、出世したいと考えたり、生き馬の目を抜くような厳しい競争世界で勝ち抜くには、
目ざとく、利に敏感じゃなけりゃならないのはしょうがないというか、必要条件だと思います。
でも、こんな銭にもならないような、でも大切な事を成すには、やっぱ、愛と情熱ですね。

器用な方法もあるでしょうが、速度を求めるならばしがらみができ、
本筋と違う事も受け入れなければならくなることになるんでしょう。
たとえば、清濁合わせ飲むといった事だといえますが、それは目的達成の為、
種々の人々を受け入れるとか、利害調整を上手く行う事で、大人の知恵であり必要な場面もあるでしょう。

でも、海を綺麗にするなんて、ベラボーなビジョンを信じるには不器用じゃなきゃできないじゃないかな?
子供じみた私などは、臆面もなくそんな事を言う人間がいるなら、そりゃ大体が利害・利権がらみのような気もします。

「ていだかんかん」は初めの一歩ですが、映画や著作で活動が多くの人に知られる事は、賛同者も増えてとてもいい事だと思います。

映画自体は予想通りの展開ですが、単純馬鹿な私は素直に感動しました。
家族や人の繋がりが如何に人を勇気づけるか、「千万人といえども我行かん」ですね。

夢・情熱で「陽気の発するところ 金石もまた透る」

てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡-
(2010/01/27)
金城 浩二

商品詳細を見る




それと、最近気になるのが、松雪泰子さん

女優として全く好みでないし、空気みたいな存在でした。
憶えているのは「きらきらひかる」の刑事役ぐらいでした。
しかし、最近は出演作品がいいですね。実にいい。
それも特定の分野だけじゃないのがいい。

デトロイト・メタル・シティでしょう(本人は厭みたいだが(笑))、容疑者Xの献身、余命 、笑う警官 、クヒオ大佐、沈まぬ太陽、そして、てぃだかんかん。
(TVでも、Mother、パーフェクト・リポート)
バラバラなんですが、どれも水準以上の演技。

松雪泰子さん、そろそろ自伝かエッセイ出して欲しいです。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1415-d05b68de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。