1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)ビジネス用語の常識・非常識 (双葉新書)
(2010/11/17)
水野 俊哉

商品詳細を見る


 【 目 次 】

第1章 行動経済学の「常識・非常識」
第2章 自己啓発・成功哲学の「常識・非常識」
第3章 ビジネス実務用語の「常識・非常識」
第4章 脳科学・勉強法の「常識・非常識」
第5章 起業・投資の「常識・非常識」
第6章 ベストセラービジネス書用語の「常識・非常識」



書名だけ見ると単純な用語集ですが、深いですね。
用語集に対する認識を再考させられました。
用語集=辞書ぐらいの軽い認識の私でしたが …

私個人の拙い読書経験から言えば、ビジネス系の書籍はシンプルな法則を記しているものが多い。
で、シンプルな法則で表しているだけではなく、一つの言葉で表す概念を説明する場合も多々ある。
であるならば、良質の用語集を読めば用語の数に近い書籍もキモを理解できる … という事ですね。

本書はここ数年で4000冊(激凄!)を読破した水野氏が記しているだけでなく、
ウェブ上からのコピペをせず、原点のエッセンスが説明になっている点が驚きです。

当然ながら、それだけ読み込んでいれば用語の選択も、現在の潮流を把握していると言いきれるでしょうし、
実際、網羅尽くされていましたし、説明文も素晴らしい至れりつくせりの見本と言っていいと思います。

通常、この類の書籍はチームで製作されると書かれていました。
仕事で言えば、多くの人間の労力(作業や用語選択のアンケート等々)が有る方が質が高いと想定できるでしょうが、
個人が卓越した集中力や執念で培った嗅覚の方が、遥に高い質を生み出す事も有り、本書はまさに、その後者だと感じました。

未来は知るべきものでなく、創りだすものだとよく言われますが、
未来を創る為に必要なビジョンは、概念がなければ生みだされないと思います。
「まずは、一歩一歩学んで素地を作る為に学ぶ」と言う事を、考えさせられた一冊でした。

どこまでいっても、辿り来て未だ山麓 … ですね。
Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1428-14bc5dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。