1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はとバスをV字回復させた社長の習慣はとバスをV字回復させた社長の習慣
(2010/06/15)
宮端 清次

商品詳細を見る


【 目 次 】
1章 倒産寸前の社長に指名されて
2章 V字回復をもたらした8つの習慣
   その1 最初に宣言する
   その2 目標はシンプルなのがいい
   その3 朝一番で現場に行く
   その4 組織を逆ピラミッドにする
   その5 NGワードを決める
   その6 お客様第一主義の徹底
   その7 苦情はラブレターと思う
   その8 「選択と集中」よりも「絞り込み」
3章 リーダーはろうそくになれ!


様々な意味で素晴らしい本でした。
V字回復の経営手法が書かれていながら、その時の回顧録とも言えます。
単純な高所からの視点でなく、著者である宮端氏の経験を基に書かれていました、
それらのエピソードが決して恰好がいいとはいえなく、社長としては辛い経験ばかりです。

とにかく全般的に、宮端氏の高潔な人柄や知的な面が随所で感じられました。

はとバスが苦境の時に社長になった事自体が有る面、貧乏くじであると言えますが、それを使命と考えて事にあたる潔さからも伺えます。
交通局時代は、お役所目線でなくお客様目線を常づね言っていた異端児であったという話しも良くわかります。

エピソードもよく有りがちな自慢話でなく、逆にしんどかった場面ばかりで、宮端氏の実直な人柄が感じられました。
また、第3章の終りからあとがきに書かれている内容から、経営・人生諸般に関しての知性の高さも伺えました。
経営を学んで自信があったものの、いざ、はとバスで社長になるとそれが甘い考えだったとの記述も有りました。

リーダーは「偉い」者だと思っていましたが、辛いものだといこうことがわかったと書かれていた事が、本当に感じられる内容でもありました。
トップマネージメントを志す人には、学びの宝庫と言える一冊ではないかと思います。
本当に素晴らしい1冊です。

Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1433-f68e9b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。