1. 無料アクセス解析
おすすめ本、ベストセラー本、アマゾンなどのランキング本・映画・音楽などの感想・書評。 TV、その他何でも感動するものへの所感。 Everything Makeup Life!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バタフライ・エフェクト 世界を変える力バタフライ・エフェクト 世界を変える力
(2011/03/16)
アンディ・アンドルーズ

商品詳細を見る


感動のノンフィクションと紹介されている内容の著作。

アマゾンでの紹介は以下のとおり。

穀物の品種改良で20億人を飢餓から救ったとしてノーベル賞を受賞したノーマン・ボーローグから始め、
彼を起用したヘンリー・ウォレス等、影響を与えた人物たちをさかのぼっていく物語を通して、
一人ひとりの小さな行動が、世界に大きな影響を与えることを説く、感動のノンフィクション。


単純にヘンリー・ウォレスの行動を追ったのではなく、彼に影響を与えた人、
そして彼に影響を与えた人に影響を与えた人と遡っていく。

こんな時に読んだからなのか、感動すると言うよりもしっかりと生きる糧をもらった感じだった。


地震以来、非被災地の人で、ヒューマンで勇気あるほど、地震があった直後は何かをしなければと焦っているようでした。
僕の周りでも冷えや飢えて死にかけた人を助けたいと支援物資を送ろうとした人達がいました。
残念ながら、被災地ではまだ救助が始まったばかりで、インフラも完備できていないし、
物流も止まっていて、受け取る準備もできていないので送れませんでした。
そういった状況に、焦りから苛立ち、公的機関への不満が出るのも聞きました。
(あくまで、被災者への思いからだと受け取りましたが …)

僕が知っている限りですが、新潟での地震以来、その時の経験と被災者方々の経験談が
皆で練り上げられて、非被災地の方々がどうすべきかが有る程度出来上がってきていると感じていましたから、
すぐに行けない、送れない事は、有る程度予想もできたし納得できました。

(そういった状況を理解しつつも、何かしなくてはと居ても立ってもいられない人は、
 通常の生活時からNPO等とのネットワークを作って、情報を得る事ができる状態にしておくか、
 一緒に行動できるように学んでおくべきか、自らNPOを立ち上げる等をするしかないじゃないかと思います。)

そのいった状況の中で読んだこの本。
通常の生活で読んだならば、バタフライエフェクト … 
知ってる。
わかってる、そうだよなぁ。
だけで通り過ぎた一冊だったかもしれません。

ただ、日本の歴史の1ページになるような大災害を目にすれば、
すぐにできる事は募金、献血といった状況では無力さを感じてしまいます。
僕もそうです。

特に直ぐに救助に役立つ職業でなければ、日々の生活での意味さえ見えなくなりそうです。

しかし、いや、こんな時だからこそ、どこに繋がり何を産み出すか見えないような
小さな行動であっても、小さな思いであっても、信じて実行すべきだという何かが残りました。
(世間一般に見える大きな事ができる人は、時来たれば断固行うべきだとも思ってます)

PS 
本好きな人間の一人言なんですが …
昔、文学や小説で飢えた子供が救えるのかという質問を20歳前後に知った記憶があります。
答えは設問が間違っている。飢えた人間に必要なものは文学・小説ではなく、おにぎりだ。って。

でも、災害が落ち着いて来た時に、疲弊しきったり、希望を失った人々を救う糧になるのが言葉で有ったり、
古の知恵であったり、物語であったりするのじゃないかと思います。

本の著者の多くは、読者へ不快感を与えたり、絶望を喚起する為に本を書いてはないと思います。
(辛口であったり、非常識な内容である本は、警告であったり、何かを喚起する為じゃないかと。)
それは、今の著者やこれからの著作だけでなく、古の本ができた時代からそうだったと。

スポーツ・エンタメしかり。
まったく目立たない市井の職業もしかり。
なんか、本の感想なのか、今の状況に対する事なのか纏まりのない文章ですいませんでした。

もう一つPS
今、江頭2:50さんのEffectを知りました。

ガンバレ日本 僕は日本が大好きです! Makeup Life!
今日もここまで、貴方の貴重な時間で、
このブログを読んでいただき、有難うございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://riseluck.blog97.fc2.com/tb.php/1466-cefd896d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。